フェデリコ・バルバロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フェデリコ・バルバロ(Federico Barbaro, 1913年 - 1996年)はイタリア出身のサレジオ会士・聖書学者


 Federico Barbaro 
生誕  1913年2月18日
死没  1996年2月29日(満83歳没) 
宗教  キリスト教
宗派  カトリック教会

略歴[編集]

1913年ヴェネツィアの近郊にあるフィウーメ・ヴェーネトに生まれる。1934年ローマグレゴリアン大学哲学科卒業。1935年カトリック宣教師として来日。1947年より日本語(口語)訳聖書の刊行に着手し、1953年新約聖書1964年には旧約聖書第二正典を含めた旧約・新約全巻(いわゆる「バルバロ訳」)[1]を完成させた。1961年、イタリア騎士勲章受章。1965年文部省より文化功労感謝状を贈られる。1970年、『キリスト伝』で日本翻訳文化賞受賞。1996年2月29日、イタリアのポルデノーネにて死去。著書80冊余。

脚注[編集]

  1. ^ 聖書の日本語訳 教友社

関連項目[編集]

翻訳聖書[編集]

外部リンク[編集]