ドミニコ・サヴィオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドミニコ・サヴィオ
Z domingo savio.jpg
証聖者
生誕 (1842-04-02) 1842年4月2日
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国 リーヴァ・プレッソ・キエーリ[1]
死没 (1857-03-09) 1857年3月9日(満14歳没)
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国 カステルヌオーヴォ・ドン・ボスコ[1]
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1950年3月5日
列福場所 ローマ
列福決定者 ピオ12世
列聖日 1954年6月12日
列聖場所 ローマ
列聖決定者 ピオ12世
記念日

5月6日

(以前は3月9日)[2]

ドミニコ・サヴィオ (Domenico Savio, 1842年4月2日 - 1857年3月9日[3])は、カトリック教会聖人。記念日は5月6日。

生涯[編集]

ドミニコ・サヴィオは、1842年4月2日にイタリアのリーヴァ・プレッソ・キエーリで生まれた。サレジオ会創立者のヨハネ・ボスコの生徒で、司祭になる為に学んでいた。だが、病気(恐らく胸膜炎)により14歳で死去する[4]。師であるヨハネ・ボスコは、生徒である彼に対して非常に敬意を払い、伝記『ドミニコ・サヴィオの生涯』を著す。その著書は他の証言と共に列聖される重要な要素となった。列聖されるには年齢が若すぎると多くの人が考えていたが、日常生活の中で英雄的な徳を示したことにより、その栄誉に値すると見做された[5]

ドミニコ・サヴィオはマリア・ゴレッティやリヨンのポンティクスを含む年齢層の中で[6]、殉教ではなく聖徳であると見做される生活を送ったことにより聖人であると宣言された唯一の人物である。 1954年6月12日教皇ピオ12世により列聖され[5]、カトリック教会の中で殉教者ではない最も若い聖人となった [7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]