サレジオ学院中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サレジオ学院中学校・高等学校
サレジオ学院.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人サレジオ学院
設立年月日 1960年
創立記念日 12月8日
創立者 ヨハネ・ボスコ
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 14538G
所在地 224-0029
横浜市都筑区南山田3丁目43-1番地
公式サイト サレジオ学院中学校・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
サレジオ学院中学校・高等学校の位置(神奈川県内)
サレジオ学院中学校・高等学校

サレジオ学院中学校・高等学校(サレジオがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう、英称:Salesio gakuin High school)は、神奈川県横浜市都筑区に所在し、中高一貫教育を提供する私立男子中学校高等学校。高等学校においては生徒を募集しない完全中高一貫校[1]カトリックサレジオ修道会を教育母体とする。

概要[編集]

1960年東京都目黒区碑文谷に創立。現在は横浜市に位置する。サレジオ会創立者ヨハネ・ボスコの『信』・『愛』・『理』を根本とする理念に基づき、国際的視野に立つ人間、社会への奉仕を実践できる人間を目指した教育を行っている。

生徒数は一学年約170名。校地は48,000平方メートルの広さに及ぶ。

沿革[編集]

教育方針[編集]

概要[編集]

サレジオ会創立者ヨハネ・ボスコの『信』・『愛』・『理』に基づいた教育が行われており、中学受験界では礼儀正しい学校として知られている。

スローガン[編集]

学院は「25歳の男作り」と題して「高校卒業時に完成形を求めるのではなく、社会である程度のことをしていける位置につくであろう時点を目標に変革できる人間」の形成を目指している。そのために「家庭と学校は子どもを中心とした『教育共同体』」であるとして家庭や保護者にも協力を求めている。

カリキュラム[編集]

中学校の3年間は他校に比べて宿題が多いことで知られる。

中学1年生の時から宗教の授業があり、キリスト教の歴史や倫理観の教育を行う。(洗礼を強制されたりすることはない。)

そのほか、修善寺セミナーハウスや野尻湖の山荘などに数日間泊まるなど、自然との触れ合いも重視している。

課外活動[編集]

生徒会・委員会 [編集]

生徒会は中学生徒会と高校生徒会に分かれている。両会の会長・副会長ともに選挙によって生徒に選ばれる。

生徒会のほか、委員会が5つ存在する(総務委員会・図書委員会・放送委員会・体育祭実行委員会・サレジオ祭(文化祭)実行委員会)。

部活動[編集]

クラブや同好会の数は少ないものの、活躍するクラブは多い。なかでも中学テニス部は全国大会、団体戦連覇なども経験している。

文化部
運動部
同好会

かつては写真部、カテキスタ部などもあったが現在は存在しない(2011年10月現在)。ただし、美術部の中に写真班が存在する(2018年2月現在)。テニス部はテニスの王子様のモデルである[要検証]

行事[編集]

文化祭[編集]

「サレジオ祭」という名で9月中頃に実施され、生徒間では「サレ祭」と略される。生徒で組織される「サレジオ祭実行委員会」によって行われ、保護者もバザーや焼き鳥屋といった催しを開く。

入場者数は毎年1万2000人ほど。

体育祭[編集]

2008年度まで体育祭は存在しなかったが、2009年に第1回体育祭が行われた。これは生徒のみで保護者などには公開されなかった。

2010年の第2回体育祭は保護者にも公開されて行われた。教師と生徒で組織される「体育祭実行委員会」によって行われている。

マラソン大会[編集]

毎年11月の初めにこどもの国にてマラソンを行っている。

著名な出身者[編集]

交通[編集]

脚注および参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サレジオ学院中学校の学校情報(中学受験パスナビ)旺文社)の冒頭に「※系列高校での募集はない。」と記載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]