立木康介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

立木 康介(ついき こうすけ、1968年 - )は、精神分析学者、京都大学人文科学研究所准教授。 神奈川県生まれ。1992年京都大学文学部卒業。1996年同大学院教育学研究科修士課程修了。1994 - 96年フランス政府給費留学生。1998年京大大学院人間・環境学研究博士課程単位取得退学。2001年パリ第8大学で精神分析学博士。京大人間・環境学研究科助手、2007年京大人文科学研究所准教授。研究分野: 精神分析、および精神分析との関係からみた20世紀の思想。

著書[編集]

  • 『精神分析と現実界―フロイト/ラカンの根本問題』人文書院 2007
  • 『露出せよ、と現代文明は言う: 「心の闇」の喪失と精神分析』河出書房新社、2013
編著
  • 『精神分析の名著 フロイトから土居健郎まで』編著 中公新書 2012
監修
  • 『面白いほどよくわかるフロイトの精神分析―思想界の巨人が遺した20世紀最大の「難解な理論」がスラスラ頭に入る』(学校で教えない教科書) 日本文芸社 2006 

参考[編集]