田川建三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田川 建三(たがわ けんぞう、1935年 - )は、日本の新約聖書学者、著述家。大阪女子大学名誉教授。宗教批判を通じて現代批判を試みた著作でも知られる。「神を信じないクリスチャン」[1]を名乗る。

経歴[編集]

1935年東京生まれ。聖学院高校東京大学宗教学宗教史学科(1958年卒)を経て、同大学院西洋古典学科で学び、博士課程3年目の夏にストラスブール大学に留学。エティエンヌ・トロクメ教授に師事し、1965年宗教学博士の学位を取得。1965年より1970年国際基督教大学で助手および講師として勤め、1970年4月に「造反教官」として追放される。チャペル礼拝のとき講壇から「神は存在しない」「存在しない神に祈る」と説教した[1]

1972年から1974年ゲッティンゲン大学神学部専任講師、1974年から1976年ザイール国立大学神学部教授、1977年にストラスブール大学で客員教授、帰国して大阪女子大学教授(西洋思想史女性学)を1999年まで務める。現在は兵庫県西宮市などで私塾を主催。

文献批判に立脚した新約聖書学の伝統の上で、キリスト教批判や宗教批判、そして現代社会批判を展開したことで知られる。代表作は『イエスという男 逆説的反抗者の生と死』。吉本隆明の著作を批判的に解き明かした『思想の危険について-吉本隆明のたどった軌跡』などの著作もある。

2007年の時点でライフワークの『マルコ福音書』注解、新約聖書の訳注つき個人訳(2007年7月より刊行開始)、新約聖書概論、『リーメンシュナイダーもしくは自治自由の都市の形成』を執筆中。2004年3月に勁草書房から『キリスト教思想への招待』を上梓後は、『イエスという男』、『宗教とは何か』上下巻など旧著の改訂版の出版が続いている。

思想[編集]

田川はルドルフ・ブルトマンが4福音書の矛盾を指摘したとして高く評価する。神を信じるとは、神を想像する偶像崇拝であり、「神とは人間がでっちあげた」ものなので、「神を信じないクリスチャン」こそが真のクリスチャンであり、自分は「神を信じないクリスチャン」であるとする。聖書ギリシャ語は教会解釈に逃げているのであり、「私はある意味で聖書を破壊した」という。またイエスという男はほとんど神について語っていないと考えている。聖書学の研究が進んだ19世紀後半から20世紀前半にはルターの伝統に従って正確なイエスという男の姿を追求していたが、後半からは保守反動が来ているとする[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『考える人』特集「はじめて読む聖書」 【ロングインタビュー】田川建三「神を信じないクリスチャン」聞き手・湯川豊2010年春号 新潮社

著作[編集]

翻訳[編集]

  • 1965年11月 ハンス・コンツェルマン著『時の中心 ルカ神学の研究』新教出版社。
  • 1969年 エティエンヌ・トロクメ著『使徒行伝と歴史』新教出版社。
  • 1974年 ハンス・コンツェルマン著、田川建三、小河陽訳『新約聖書神学概論』新教出版社。
  • 2001年1月 デイヴィド・ダニエル著『ウィリアム・ティンダル ある聖書翻訳者の生涯』勁草書房、ISBN 4326101326

自著[編集]

編集[編集]

  • 1999年6月 『日本の名随筆』別巻100, 作品社、ISBN 4878936800
    • 各巻タイトル: 聖書/解説(田川建三): pp.210-236.

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]