ヨハン・クリスチャン・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Johann Christian Konrad von Hofmann
ヨハン・クリスチャン・ホフマン
生誕 1810年12月21日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ニュルンベルク
死没 1877年12月20日(満66歳没)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国エアランゲン
出身校 エアランゲン大学
ベルリン大学
職業 神学者
大学教授(解釈学
宗教 キリスト教
宗派 プロテスタント
テンプレートを表示

ヨハン・クリスティアン・コンラート・フォン・ホフマン (Johann Christian Konrad von Hofmann, 1810年12月21日 - 1877年12月20日)は、ドイツルター派神学者である。

ドイツのバイエルン敬虔主義の家系で、1810年ニュルンベルクに生まれた。エアランゲン大学神学歴史学を修め、1829年にベルリンに行き、ベルリン大学で学んだ。ベルリンではフリードリヒ・シュライアマハーエルンスト・ヴィルヘルム・ヘングステンベルクアウグスト・ネアンダーレオポルト・フォン・ランケフリードリヒ・フォン・ラウマーらに学んだ。

1833年、エアランゲンのギムナジウムヘブル語歴史学の教師になる。1841年にエアランゲン大学の神学部教授に就任して、1842年にはロストック大学の教授になるが、1845年以降エアランゲン大学に戻り、新約聖書釈義倫理学神学を教え、エアランゲン学派の中心的な学者として活躍した。1877年にエアランゲンで死去した。

エルランゲン学派は敬虔主義的な個人的体験の重視を批判的に捉え、再生の体験を出発点として、敬虔主義と教義学と聖書神学の調和を追究した。その意味では、シュラアマハーの学派とは異なっている。

参考文献[編集]