ロストック大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロストック大学
Universität Rostock
Siegel Universität Rostock 1419.png
ロストック大学の学章
ラテン語: Universitas Rostochiensis
旧称 Wilhelm-Pieck-Universität
モットー Traditio et Innovatio
種別 公立大学
設立年 1419年 (1419)
総長 Jan Tamm
学長 Wolfgang Schareck
教員数
327 2016年12月時点[1]
職員数
2900 2016年12月時点
学生総数 13004 WS 2019/20[2]
所在地 ドイツの旗 ドイツ
メクレンブルク=フォアポンメルン州ロストック
北緯54度30分 東経12度48分 / 北緯54.5度 東経12.8度 / 54.5; 12.8
公式サイト www.uni-rostock.de

テンプレートを表示

ロストック大学(ドイツ語: Universität Rostock、英語: University of Rostock)は、メクレンブルク=フォアポンメルン州 ロストックに本部を置くドイツ公立大学である。1419年に設置された。

ロストック大学の本館・神学部キャンパス

世界で最も古い大学のひとつであり、ヨーロッパ大陸北部及びバルト海地域の大学としては最大にして最古のものである。途切れることなく運営を続けている大学としてはドイツで三番目に古く、ヨーロッパ大学協会にも加盟している。

歴史[編集]

1419年に教皇マルティヌス5世の認可により設立されており、北部ヨーロッパ最古の大学である。 ドイツではロストック大学以前に5つの大学が作られており、ハイデルベルク大学が1386年、ケルン大学が1388年、エアフルト大学が1392年に、ヴュルツブルク大学が1402年に、ライプツィヒ大学が1409年に設立された。このうち、ロストック大学より前から現在まで運営が途切れなく続いているのはハイデルベルク大学とライプツィヒ大学のみである。このため、ロストック大学は継続して稼働している大学としてはドイツで三番目に古い。

15世紀の間、ロストック大学は毎年400-500人の学生を受け入れており、これは当時としては多人数であった。ロストックはこの頃のドイツで最大の大学のひとつであり、低地地方スカンディナヴィアバルト海に接するその他諸国からも多くの学生を受け入れていた。政治的紛争や教会からの圧力を受け、1437年に大学はグライフスヴァルトに移動し、1443年まではそこにあった。1487年から1488年まではリューベックで教育活動を行っていた。この後の1542年、ロストックの街とその大学はともにプロテスタントの信仰を持つようになった。人文主義ルター主義は大学の明確な特徴であった。

三十年戦争(1618年–1648年) の後、ロストック大学の役割はごく地域的ものとなってしまった。 大学の「所有権」が1827年にロストックの街から国(メクレンブルク=シュヴェリーン大公国)に移譲されたが、これは良い影響をもたらした。19世紀末には多数の建築物が作られ、ロストック大学はすぐにドイツの大学としてかつて同様の高い評価を取り戻すことができた。

大学設立500周年記念の際、1919年11月12日に、アルベルト・アインシュタインマックス・プランクが名誉博士号を授与された。ロストック大学は世界で初めてアインシュタインに名誉学位を授与した高等教育機関となった。この博士号はナチスがドイツを支配していた時代(1933年–1945年)も剥奪されることがなかった。ナチスが学位剥奪命令を出していたことを考えると非常に興味深いことであるが、剥奪が行われなかった理由は不明である。 ダーヴィッド・カッツハンス・モラルほか数人は1933年にロストック大学での地位を失っている。

第二次世界大戦が1945年に終わると、ロストック大学は在独ソ連軍政府(のちの東ドイツ)の管轄に入り、1946年2月24日に再開した。法学部は1951年に閉鎖され、1950年に農学部が設置されたほか、造船学部が1951年に開設され、この学科は1963年に工学部となった。ロストック大学は、伝統あるドイツの大学の中ではじめて工学部を開設した大学であった。1952年に航空学部が開設されたが、結局はドレスデンに移設されることになった。[要出典]1976年に大学は初代ドイツ民主共和国大統領ヴィルヘルム・ピークにちなんで、ヴィルヘルム・ピーク大学へと名称変更した。この名称変更はドイツ再統一の後に取り消され、元の名前に戻った。

1978年に大学はコーチン科学技術大学(CUSAT)とパートナーシップ協定を結び、CUSATの造船技術学科を発展させるための支援を提供し、教育課程の企画・整備を助けることとなった。さらにロストック大学の教授陣がコーチン科学技術大学に派遣され、1980年代までとどまって教育設備の改善に携わった。

組織[編集]

ヨーロッパ大陸の多くの大学同様、ロストック大学は学部に分かれている。学部の下に学科及び教授職が設置されている。

学部[編集]

以下、9つの学部に分かれている。

研究所[編集]

大学はいくつかの独立した研究所を共同運営しており、以下のものが含まれる。

関連施設[編集]

ロストック大学は他に大学図書館大学植物園と医学部の教育研究病院であるロストック大学病院を運営している。

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 在籍している教授の数。
  2. ^ [1] Universität Rostock、2021年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]