前田護郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 護郎(まえだ ごろう、1915年6月17日 - 1980年4月17日)は、新約聖書学者東京大学名誉教授。

第一高等学校を経て、学生時代から塚本虎二のもとで聖書と信仰を学ぶ。1937年東京帝国大学文学部言語学科卒業後、ドイツに留学、マールブルク大学文学博士取得、ボン大学ジュネーヴ大学イェール大学の講師を経て1950年帰国、1959年「言語と福音」で東大文学博士。東大教養学部助教授、教授を務め、1976年定年退官し、名誉教授。1953年から無教会世田ヶ谷聖書会を主宰し、月刊『聖書愛読』を刊行した。

著書[編集]

  • 新約聖書概説 岩波書店〈岩波全書〉 1956年、1980年、新装版2005年
  • 若き日の欧州記 学生社新書 1957年
  • ことばと聖書 岩波書店 1963年
  • 前田護郎選集(全4巻) 教文館 2007年-2008年
    1.聖書の思想と言語、2.聖書の研究、3.若き日の欧州記ほか、4.希望の福音

共編[編集]

翻訳[編集]

  • キリストと時 原始キリスト教の時間観及び歴史観 O.クルマン 岩波書店 1954年、再版1962年
  • ヒルティ著作集第3巻 幸福論3 杉山好共訳 白水社 1959年、新版1978年ほか
  • 世界の名著 12 新約聖書 中央公論社 1968年、のち新装版・中公バックス
  • 新約聖書 中央公論社 1983年-完訳版
  • 新約聖書 前田護郎選集別巻 教文館 2009年