石井恭二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 恭二(いしい きょうじ、1928年 - 2011年11月29日)は、日本の出版者、評論家

略歴[編集]

東京府生まれ。東京府立第十一中学校(現・東京都立江北高等学校)の同級に森本和夫がいる。

日本共産党に籍があったがアナーキズムに接近し、同党と思想的に相容れないアンリ・ルフェーヴル黒田寛一の本を出して脱党[1]。1957年に現代思潮社を創業、埴谷雄高吉本隆明澁澤龍彦サドバタイユブランショデリダなどの著作を先駆的に刊行する。

澁澤と共にサド裁判を闘い、1969年わいせつ物頒布等の罪により最高裁判所で罰金10万円の有罪判決を受けた。

20歳代から道元に親しんだ。神郡周(かんごおり あまね)の筆名で古典の校注もしたが、1997年に現代思潮社が倒産すると同社を離れ、本名での著作活動を始めた。

2011年11月29日、乳頭部がんのため死去。83歳没[2]

著書[編集]

  • 性愛の智恵 大楽金剛不空真実三麼耶経 仏教と密教をめぐって (河出書房新社 1997年11月)
  • 正法眼蔵の世界 (河出書房新社 2001年4月 のち文庫)
  • 正法眼蔵覚え書 続正法眼蔵の世界 (現代思潮新社 2002年4月)
  • 花には香り本には毒を サド裁判・埴谷雄高・澁澤龍彦・道元を語る (現代思潮新社 2002年9月)
  • 心のアラベスク (現代思潮新社 2002年12月)
  • 親鸞 (河出書房新社 2003年3月 のち文庫)

翻訳・編著など[編集]

  • 完本神道集成 (水戸光圀 現代思潮社(続日本古典全集) 1979年9月)
  • 狗張子 (釈了意 神郡周校注 現代思潮社(古典文庫) 1980年)
  • 最暗黒の東京 (松原岩五郎 神郡周校注 現代思潮社(古典文庫) 1980年11月)
  • 信長記 (小瀬甫庵 神郡周校注 現代思潮社(古典文庫) 1981年)
  • 塵塚談 (小川顕道)/ 俗事百工起源 (宮川政運) (神郡周校注 現代思潮社(古典文庫) 1981年1月)
  • 備前老人物語 / 武功雑記 (松浦鎮信撰 神郡周校注 現代思潮社(古典文庫) 1981年8月)
  • 正法眼蔵 1-4 (道元 注釈・現代訳 河出書房新社 1996年 のち文庫)
  • 埴谷雄高エッセンス (河出書房新社 1997年4月)
  • 正法眼蔵 九十五巻本拾遺・十二巻本 別巻 (道元 河出書房新社 1998年11月)
  • 武田泰淳エッセンス (河出書房新社 1998年6月)
  • 永平広録 (道元 訓読・注釈・現代文訳 河出書房新社 2005年)
  • 一休和尚大全 (訓読・現代文訳 河出書房新社 2008年3月)

脚注[編集]

  1. ^ 『花には香り本には毒を』p.156-157, 160
  2. ^ “現代思潮社創業の石井恭二さん死去 「悪徳の栄え」刊行”. 朝日新聞. (2011年12月1日). http://www.asahi.com/obituaries/update/1201/TKY201112010189.html 2011年12月1日閲覧。 

参考[編集]