斎藤由香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
斎藤 由香
誕生 (1962-04-09) 1962年4月9日(56歳)
日本の旗 日本 東京都
職業 随筆家
最終学歴 成城大学
親族 父:北杜夫(医師、作家)
祖父:斎藤茂吉(医師、歌人)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

斎藤 由香(さいとう ゆか、1962年4月9日 - )は、日本の随筆家サントリー勤務。作家・北杜夫の実娘として知られる。

人物[編集]

成城学園中学校高等学校を経て、1985年昭和60年)に成城大学文芸学部国文科を卒業した。中西進のゼミであり、卒論は祖父・斎藤茂吉であった[1]

大学卒業後、サントリーに入社。広報部に在籍し、同社の広報誌 『サントリークォータリー』の編集に従事、後に同誌の副編集長となった。2001年平成13年)10月、健康食品事業部に異動となり、自称「マカ・キャンペーンガール」。

その後は広告会社に出向となった。

著書[編集]

  • 窓際OL会社はいつもてんやわんや(新潮社)
  • 窓際OLトホホな朝ウフフの夜(新潮社)
    • 同作のコミカライズ版(うえだのぶ・画)が芳文社からも発刊されている。
  • モタ先生と窓際OLの人づきあいがラクになる本(斎藤茂太共著、集英社)
  • 猛女とよばれた淑女―祖母・齋藤輝子の生き方(新潮社、2008年2月)
  • 窓際OL親と上司は選べない(新潮社、2008年4月)
  • パパは楽しい躁うつ病(北杜夫共著、朝日新聞社、2009年1月)
  • 窓際OL人事考課でガケっぷち(新潮社、2010年4月)

家族[編集]

曽祖父は医師で政治家の斎藤紀一。祖父は斎藤紀一の長女・輝子(本人の祖母)の夫であった歌人・精神科医の斎藤茂吉、父は作家北杜夫、伯父は作家で精神科医の斎藤茂太

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]