鹿島徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿島 徹(かしま とおる、1955年 - )は、早稲田大学文学部教員(哲学)。東京都生まれ。1980年早稲田大学第一文学部哲学専攻卒業、91年同大学院博士課程中退。92年テュービンゲン大学哲学部博士学位取得。早大文学部助教授[1]を経て、同文学学術院教授。
主にハイデガーベンヤミンリクールの影響のもと哲学的歴史理論を研究テーマとするとともに、埴谷雄高死靈』や平安日記文学などを論じる。憲法学者の鈴木安蔵は母方の祖父。
2017年12月より、大阪アメリカ村のライブハウス・Reed Cafe の運営にかかわる。


著書[編集]

  • 『埴谷雄高と存在論 自同律の不快・虚体・存在の革命』平凡社選書 2000
  • 『可能性としての歴史 越境する物語り理論』岩波書店 2006
  • 『危機における歴史の思考 哲学と歴史のダイアローグ』響文社 2017

共編著[編集]

  • 『ハイデガー『哲学への寄与』解読』相楽勉,佐藤優子,関口浩,山本英輔,ハンス=ペーター・リーダーバッハ共著 平凡社 2006
  • 『吉本隆明論集 初期・中期・後期を論じて』田中和生,岸田将幸,古谷利裕,阿部嘉昭,金子遊,淺野卓夫,志賀信夫,西川アサキ,神田映良共著 アーツアンドクラフツ 2013
  • 『歴史を射つ 言語論的転回・文化史・パブリックヒストリー・ナショナルヒストリー』岡本充弘,長谷川貴彦,渡辺賢一郎共編 御茶の水書房 2015
  • 『リクール読本』越門勝彦,川口茂雄共編 法政大学出版局 2016

翻訳[編集]

  • リュディガー・ブプナー『ことばと弁証法』伊坂青司共訳 晃洋書房 1993
  • R.ヴィカースハウス『アドルノ入門』原千史共訳 平凡社ライブラリー 1998
  • ヴァルター・ベンヤミン『〈新訳・評注〉歴史の概念について』未來社 2015

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年