岸田将幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸田 将幸
誕生 1979年
愛媛県
職業 詩人
国籍 日本
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

岸田 将幸(きしだ まさゆき、1979年 - )は、日本詩人愛媛県出身。

略歴[編集]

早稲田大学第一文学部卒業、同大学院文学研究科日本語日本文化専攻修士課程修了。1999年より詩誌「早稲田詩人」「鐘楼」「分裂機械」「生命の回廊」などに作品を発表(当初はキキダダマママキキの筆名で活動)。小笠原鳥類は大学の先輩に当たる。 2004年に第一詩集『生まれないために』(七月堂)を出版。2006年思潮社の叢書「新しい詩人」から『死期盲』を刊行、第12回中原中也賞候補に。2010年、『〈孤絶‐角〉』で第40回高見順賞を最年少で受賞。2015年、『亀裂のオントロギー』で第6回鮎川信夫賞を最年少で受賞。

2017年頃に故郷の愛媛県に戻り、アスパラガス農家として働いている[1]

作品[編集]

詩集[編集]

  • 生まれないために(2004年、七月堂)
  • 死期盲(2006年、思潮社、中原中也賞候補)
  • 丘の陰に取り残された馬の群れ(2007年、ふらんす堂)
  • 〈孤絶‐角〉(2009年、思潮社、高見順賞受賞)
  • 現代詩文庫・岸田将幸詩集(2013年、思潮社)
  • 亀裂のオントロギー(2014年、思潮社)

共著[編集]

  • 詩のリレー 1(2007年、ふらんす堂)
  • 吉本隆明論集 初期・中期・後期を論じて(2013年、アーツアンドクラフツ)

その他[編集]

  • 空間構成「擦過する夜」展(2003年、東京)
  • 「現代詩フェスティバル2007環太平洋へ」(2007年、東京)に朗読出演

関連項目[編集]

脚注[編集]