金子遊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金子 遊(かねこ ゆう、1974年 - )は、日本映像作家批評家民族学脚本家

来歴・人物[編集]

父は脚本家の金子裕[1]慶應義塾大学環境情報学部卒業[2]。同大学在学中に制作した16ミリ映画で、メディアウェイブ・フェスティバル(ハンガリー)に正式出品。2008年に『ぬばたまの宇宙の闇に』で奈良前衛映画祭グランプリ受賞、翌2009年に「批評の奪還 松田政男論」にて映画芸術評論賞・佳作を受賞。2010年ドキュメンタリー映画『ベオグラード1999』を東京・大阪で劇場公開。

2011年に編著『フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』刊行。「弧状の島々 ソクーロフネフスキー」で三田文学新人賞(評論部門)受賞。2012年から、ドキュメンタリーマガジン「neoneo」編集委員。2013年にドキュメンタリー映画『ムネオイズム 〜愛と狂騒の13日間〜』を全国で劇場公開。2015年に単著『辺境のフォークロア』刊行。「山形国際ドキュメンタリー映画祭2015」コーディネーター。テレビ番組やPR映像のシナリオ、番組構成、演出など多数。2017年に『映像の境域 アートフィルム/ワールドシネマ』でサントリー学芸賞受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考』 河出書房新社 2015年
  • 『異境の文学 小説の舞台を歩く』 アーツアンドクラフツ 2016年
  • 『映像の境域 アートフィルム/ワールドシネマ』 森話社 2017年
  • 『ドキュメンタリー映画術』 論創社 2017年

編著[編集]

  • フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』 アーツアンドクラフツ 2011年
  • 『逸脱の映像 拡張・変容・実験精神』 松本俊夫著 金子遊編 月曜社 2013年
  • 『吉本隆明論集 初期・中期・後期を論じて』 アーツアンドクラフツ 2013年
  • クリス・マルケル―遊動と闘争のシネアスト』 港千尋監修 東志保共編 森話社 2014年
  • 『国境を超える現代ヨーロッパ映画250 移民・辺境・マイノリティ』野崎歓、渋谷哲也、夏目深雪共編 河出書房新社 2015年
  • 『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』 西村智弘共編 森話社 2016年
  • アピチャッポン・ウィーラセタクン 光と記憶のアーティスト』 夏目深雪共編 フィルムアート社 2016年

訳書[編集]

共著[編集]

  • 『星座 Constellation 吉増剛造』 矢立出版 2008年
  • 『アジア映画の森―新世紀の映画地図』 作品社 2012年
  • 『このショットを見よ 映画監督が語る名シーンの誕生』 フィルムアート社 2012年
  • 『平成時代史考』 色川大吉著 アーツアンドクラフツ 2013年
  • 『アジア映画で<世界>を見る 越境する映画、グローバルな文化』 作品社 2013年
  • 『アイヌ民族否定論に抗する』 河出書房新社 2015年
  • 鳥居龍蔵 日本人の起源を探る旅』 アーツアンドクラフツ 2015年
  • 『映画批評コレクティヴ1』 シネマトリックス/ソリレス書店 2016年
  • 谷川健一 民俗のこころと思想』 アーツアンドクラフツ 2016年
  • 島尾敏雄・ミホ 共立する文学』 河出書房新社 2017年
  • エドワード・ヤン 再考/再見』 フィルムアート社 2017年

編集[編集]

  • 『ドキュメンタリーカルチャーマガジン neoneo』01号 neoneo編集室 2012年
  • 『ドキュメンタリーカルチャーマガジン neoneo』02号(小川紳介特集) neoneo編集室 2013年
  • 『ドキュメンタリーカルチャーマガジン neoneo』03号(クリス・マルケル特集) neoneo編集室 2013年
  • 『ドキュメンタリーマガジン neoneo』04号(ロバート・フラハティ特集) neoneo編集室 2014年
  • 『ドキュメンタリーマガジン neoneo』05号(亀井文夫特集) neoneo編集室 2015年
  • 『ドキュメンタリーマガジン neoneo』06号(ヨリス・イヴェンス特集) neoneo編集室 2015年
  • 『ドキュメンタリーマガジン neoneo』07号(土本典昭特集) neoneo編集室 2016年
  • 『ドキュメンタリーマガジン neoneo』08号(アジアのドキュメンタリー特集) neoneo編集室 2016年
  • 『ドキュメンタリーマガジン neoneo』09号(いのちの記録特集) neoneo編集室 2017年

関連書籍[編集]

  • 『68-72 世界革命展』 ICANOF 2008年
  • 『祝祭4 特集「ベオグラード1999」』 高円寺文庫 2010年
  • 『ソーシャル・ドキュメンタリー 現代日本を記録する映像たち』 フィルムアート社 2012年

作品[編集]

映画[編集]

  • でろり(2004年)監督
  • ぬばたまの宇宙の闇に(2008年)監督  ※奈良前衛映画祭グランプリ
  • ベオグラード1999(2009年)監督  ※東京・大阪劇場公開
  • 予告する光 gozoCiné(2011年)配給・宣伝  ※東京・大阪劇場公開
  • ムネオイズム 〜愛と狂騒の13日間〜(2012年)監督  ※全国劇場公開
  • インペリアル 戦争のつくり方(2014年)監督  ※大阪劇場公開

短編映画[編集]

  • わが埋葬(1998年)監督  ※メディアウェイブ・フェスティバル出品
  • バグダッド1999(2008年)監督  ※68-72 世界革命展出品
  • 書頭人(2008年)監督  ※シアター・テレビジョン放映
  • 軌跡 ―小名浜0811―(2011年)脚本  ※山形国際ドキュメンタリー映画祭出品
  • 万葉律パレスチナ(2013年)監督  ※万葉アートフォーラム、パレスチナ・フェスティバル2013出品

企画上映[編集]

  • 特集 アジア映画の森 2012年10月 アテネフランセ文化センター
  • フィルムヲ見ル会① 追悼・高林陽一 2012年11月 アップリンク 
  • フィルムヲ見ル会② 飯村隆彦レトロスペクティブ 2013年4月 アップリンク
  • はじめての小川紳介 2013年7月 オーディトリウム渋谷
  • 特集 アジア映画で<世界>を見る 2014年1月 映画美学校
  • フィルムヲ見ル会③ 奥山順市 未現ゾーン 2014年2月 アップリンク
  • 生誕130年 ロバート・フラハティ 2015年2月 アップリンク
  • クリス・マルケル・セレクション 2015年7月 アテネフランセ文化センター
  • 亀井文夫特集『日本の悲劇』『戦ふ兵隊』 2015年9月 アップリンク
  • よみがえれ土本典昭 2016年7月 アップリンク
  • 現代ヨーロッパ映画(1)移民・難民・越境・辺境・マイノリティ 2016年8月 アテネフランセ文化センター
  • レトロスペクティブ 映像作家・金子遊 2017年7月 アテネフランセ文化センター

テレビアニメ[編集]

評論[編集]

  • 『フィルム・メーカーズ デイヴィッド・リンチ』 キネマ旬報社 責任編集・滝本誠 1999年刊
  • 「テロティシズム」 『発言者』99年7月〜10月号連載
  • 「曖昧な日本の私がたり 江藤淳論」 『三田文学』05年春季号
  • 「海の向こうで戦後が始まる」 『映画芸術』08年春号
  • 「キートン・ベケット」 『Corpus 身体表現批評』no.6
  • 「生活者のまなざしで撮る映画 ジョナス・メカス論」 『AAC』62号
  • 武満徹ラフカディオ・ハーン 耳という身体器官」 『Corpus 身体表現批評』no.7
  • 『誰も読まない―大正・昭和日本文学瞥見』 島本達夫著 アーツアンドクラフツ 2010年刊
  • 開高健作品ガイド」 『文藝別冊 開高健』10年1月
  • 「批評の奪還 松田政男論」 『映画芸術』10年冬号   ※映画芸術評論賞・佳作受賞
  • 「現代映画とアメリカの複数性」 『映画芸術』10年春号
  • 「シネマの中の高齢者」 『月刊エルダー』11年6月号~連載
  • 「gozoCiné―妖精博士のマチエール」 『現代詩手帖』11年8月号
  • 「弧状の島々 ソクーロフとネフスキー」 『三田文学』11年秋季号   ※三田文学新人賞(評論部門)受賞
  • 「映像詩の宇宙」 『現代詩手帖』12年3月号~14年11月号
  • 「サハリン半島の年代記」 『三田文学』12年春季号
  • 「ドキュメンタリストの眼」 『neoneo』創刊号 12年9月~連載
  • 「南洋の余白(マージナル)」 『やま かわ うみ』12年秋号~連載
  • 「パレスチナの歩き方」 『月刊レコンキスタ』12年12月号~13年2月号
  • 「野性のアクティヴィズム 『罵詈雑言』と無責任の体系 」 『neoneo』2号 13年3月
  • 「書評『イメージの進行形』」 『週刊読書人』 13年3月
  • 「窃視者は蝶を夢見る」 『別冊太陽 寺山修司 天才か怪物か』13年5月
  • 「吉本隆明の“宗教と死”」 『週刊読書人』13年5/10号 鼎談=古谷利裕西川アサキ・金子遊
  • 「銀幕の上のデュラスと太宰の出会い」 『女生徒1936』映画パンフレット 13年6月
  • 「赤きオオカミへの挽歌 『空気の底は赤い』論」 『neoneo』3号 13年10月
  • 「巫娼たちの渚」 道の手帖『谷川健一 越境する民俗学の巨人』 14年2月
  • 「伊良波盛男氏の詩集『超越』」 『宮古毎日新聞』 14年5月
  • 「叫びと悲しみの彼方に、生まれ出ずるもの」『わたしたちに許された特別な時間の終わり』映画パンフ 14年8月
  • 「呪術と死人」 『詩の練習13 吉増剛造特集』 14年10月 
  • 「おわりなき逸脱へ」 『映画芸術』14年秋号 鼎談=松本俊夫・波多野哲朗黒坂圭太・金子遊
  • 「吉本隆明 軍国主義者から普遍文学への軌跡」 『図書新聞』14年12/6号 対談=田中和生・金子遊 
  • 「3・11とドキュメンタリー表現の拡張」 『IMAGE LIBRARY NEWS』第31号 14年12月
  • 「サモア島のモアナ フラハティとマーガレット・ミード」 『neoneo』4号 14年12月
  • 「自死と心中 『日々の死』論」 『三田文学』15年冬季号 15年1月
  • 「草葺き小屋のイザベラ・バード」 『やまかわうみ』10号 15年2月 
  • 「首を狩るひと 鳥居龍蔵の台湾フィールド写真」『やまかわうみ』別冊 15年6月
  • 「砂川のインディアン 亀井文夫デニス・バンクス」『neoneo』5号 15年6月
  • 大神島の媼亡ければ」『脈 谷川健一と沖縄』85号 15年8月
  • 「光と重力がもたらす偶然という恩寵」『あえかなる部屋』映画パンフレット 15年9月
  • 「交雑する池間島と伊良波盛男の詩」『やまかわうみ』Vol.11 15年9月
  • パトリシオ・グスマンとクリス・マルケル」『neoneo web』 15年10月
  • 「戦時の人類学 イヴェンスとベネディクト」『neoneo』6号 15年12月
  • 「対岸のアラベスク マイケル・タウシグと樺太先住民」『現代思想 人類学のゆくえ』 16年2月
  • 「クメール民話とアピチャッポンの東北」『neoneo web』 16年4月
  • 「SEALDsと共に歩むために」『neoneo web』 16年5月
  • 「オルタナティブ・ジャーナリズムの可能性」『現代思想 報道のリアル』7月号 16年6月
  • 「憑り代としての手書」『現代詩手帖』7月号 16年6月
  • 「オホーツク 漁る人びと」『neoneo』7号 16年6月
  • 「ドキュメンタリー映画、あるいは現代における映像の極北」『キネマ旬報』11月下旬号 16年11月
  • 「混血列島論」 別冊やまかわうみ『谷川健一 民俗のこころと思想』 16年12月
  • 「リティ・パンと七つの外部記憶」『neoneo』8号 16年12月
  • 「不寛容の世界に抗するドキュメンタリー」『週刊金曜日』12/23号 16年12月
  • 「氷の大地の生活誌」『極北のナヌーク』Blu-rayリーフレット 17年6月
  • 「佐藤真と生の芸術」『neoneo』9号 17年7月
  • 「花綵列島の独唱曲」『島尾敏雄・ミホ』 17年7月
  • 「北西部をインスタレーションする」『ツイン・ピークス読本』 17年8月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金子裕 (2010年10月31日). “宣伝ですが、”. ネコも歩けば・・・(酔中日記). 2013年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月3日閲覧。
  2. ^ 2011年度掲載記事”. 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC). 2014年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]