滝本誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滝本 誠(たきもと まこと、1949年1月19日 - )は、日本の美術映画評論家編集者。特にデヴィッド・リンチ作品に造詣が深い。京都府福知山市出身。

東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。平凡出版(のちのマガジンハウス)に入社し、『クロワッサン』『ダカーポ』『鳩よ!』『自由時間』『ブルータス』などの編集者をつとめながら、評論を発表する。

SF誌『月刊バルーン』(1979年9月 - 12月号)に「都筑明」名義で、フィリップ・K・ディック『バルカンの鎚』の翻訳を連載したが、雑誌の休刊で未完となった。

著作[編集]

  • 「映画の乳首、絵画の腓」ダゲレオ出版 (1990年)
  • 「美女と殺しとデイヴィッド-タキヤンの書き捨て映画コラム100連発+α」洋泉社 (1998年10月)
  • 「きれいな猟奇-映画のアウトサイド」平凡社 (2001年9月)
  • 「渋く、薄汚れ。フィルム・ノワールの快楽」フィルムアート社 (2006年5月)
  • 「コーヒーブレイク、デイヴィッド・リンチをいかが」洋泉社 (2007年6月)

共著[編集]

  • 「アート系映画徹底攻略 (Cine Lesson)」フィルムアート社 (1998年4月)

外部リンク[編集]