フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィルムメーカーズ』は、金子遊の編著書。2011年刊行。サブタイトルは『個人映画のつくり方』。

2009年1月から2010年10月に、映画雑誌「映画芸術」及びそのWEBサイト「映画芸術DIARY」に掲載された個人・実験映画作家へのインタビューに、大幅な追加インタビューと加筆を加えている。

第一章「個人映画を学ぶ」では、スタン・ブラッケージマヤ・デレンジョナス・メカスクリス・マルケルら海外の個人映画・実験映画のパイオニアの文章やインタビューを訳出。

第二章は松本俊夫飯村隆彦伊藤高志ら国内の映画作家へのロング・インタビュー集。第三章「個人映画を見る」は、実作者や研究者や評論家による論考集となっている。


内容[編集]

「個人映画の世界」 金子 遊


個人映画を学ぶ[編集]

「8つの質問」 スタン・ブラッケージ (とちぎあきら 訳)

「個人映画と商業映画」 マヤ・デレン (飯村昭子 訳)

「芸術形式としての映画」 マヤ・デレン (飯村昭子訳)

「映画制作・批評・上映運動」 ジョナス・メカス (金子遊 訳)

「クリス・マルケルへのインタビュー」(一九六八) (金子遊 訳)

「クリス・マルケルへのインタビュー」(一九九六) (金子遊 訳)


個人映画をつくる[編集]

「実験映画の実践 私の初期と後期」 松本俊夫

「日常を撮り続ける」 かわなかのぶひろ

「実験映画・概念芸術・ビデオアート」 飯村隆彦

「インディペンデント映画の先駆者」 金井勝

「極私的な世界を撮る」 鈴木志郎康

「詩的ヴィジョンとビデオカメラ」 吉増剛造

「ビデオアートとフェミニズム」 出光真子

「実験映画のトップランナー」 伊藤高志

「私の肉体が滅びるとき、私の映画もまた死す」 原將人

「ドローイング・アニメーションの魔術」 石田尚志


個人映画を見る[編集]

「スタン・ブラッケージの原点」 水由章

「マヤ・デレンを知るための視点」 広瀬愛

「Lavas Vacaras!(こんばんは)」 正津勉

「シネマ・エッセイ 詩はストリートにある」 金子遊

「松本俊夫の拡張する実験映像」 西村智弘

「かわなかのぶひろの『共有される記憶』」 阪本裕文

「アメリカ実験映画作家の群像」 クリストフ・シャルル

「阿々大笑する宇宙」 岩本憲児

「日常を撮るとはどういうことか?」 上野昴志

「『gozoCine』の貧しさとしたたかさ」 岡村恵子

「リアル・ワールドに切れ目を」 金恵信

「伊藤高志ワールドに魅せられて」 黒坂圭太

「一つの時、一つの生、一つの映画」 高祖岩三郎

「絵画と映画の間あるアニメーション」 越後谷卓司

参考文献[編集]

金子遊 編著『フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』 アーツアンドクラフツ 2011年


外部リンク[編集]

関連項目[編集]