かわなかのぶひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわなか のぶひろ
川中 伸啓
生誕 1941年(75–76歳)
日本の旗 日本 東京
職業 映像作家

かわなか のぶひろ(本名:川中 伸啓1941年 - )は、日本の映像作家である。主に個人による映像制作のための拠点創出に携っているほか、2006年平成18年)まで東京造形大学教授を務めた。

人物[編集]

1941年昭和16年)、東京生まれ。内外各種の映像コンクールの審査員を多数つとめる。また、雑誌「ビックリハウス」の初期において、クリエイターとして制作に参加していた。

妻の富山加津江は、イメージフォーラム及びダゲレオ出版代表を務める。

経歴[編集]

1968年昭和43年)に個人映画制作者の組織「ジャパン・フィルムメーカーズ・コーポラティブ」の設立に参加し事務局長となった。しかし翌年には脱退して、佐藤重臣と「日本アンダーグラウンド・センター」を設立、上映活動を行なった。1971年昭和46年)、「アンダーグラウンド・センター」を設立。

1972年昭和47年)、東京・渋谷にあった寺山修司が主催した劇団「天井桟敷」の地下劇場でシネマテークを開設し、1976年まで上映活動を続けた。1977年昭和52年)には東京・四谷に上映の拠点を設けて「イメージフォーラム」と改称、映像作家を育成する研究機関「イメージフォーラム付属研究所」を併設した。80年には映画批評雑誌「月刊イメージフォーラム」(ダゲレオ出版)を創刊し、初代編集長をつとめた。

著書[編集]

  • 『映画・日常の冒険』(フィルムアート社、1975年)
  • 『猫日記』(皓星社、1978年)
  • 『ビデオメーキング コミュニケーションの新しい道具』(フィルムアート社、1979年)
  • 『ビデオ新発見! ビデオの楽しい使いかた講座』(ポプラ社、1990年)

映像作品[編集]

  • 水の記憶(1962年)
  • Play Back(1973年)
  • 新・北紀行(1974年)
  • 透過装置(1975年)
  • SWITCH BACK(1977年)
  • タウンスケープ・7「キャッツ・アイ」、8「星」、 10「ROOM」」(1977年、16ミリ)
  • 絵日記(1978年、16ミリ)
  • 絵日記2(1978年)
  • 映像書簡(萩原朔美との共作、1979年、16ミリ)
  • 映像書簡2(萩原朔美との共作、1980年、16ミリ)
  • 映像書簡3(萩原朔美との共作、1981年、16ミリ)
  • 映像書簡4(萩原朔美との共作、1982年、16ミリ)
  • B(1983年、16ミリ)
  • Bふたたび(1984年、16ミリ)
  • つくられつつある映画(1985年)
  • 私小説(1996年、16ミリ)
  • 映像書簡7(萩原朔美との共作、1996年)
  • 旅の繪(1998-2000)
  • いつか来る道(2001年)
  • 映像書簡8(萩原朔美との共作、2002年、ビデオ)
  • 映像書簡9(萩原朔美との共作、2003年、ビデオ)
  • 映像書簡10(萩原朔美との共作、2005年、ビデオ)
  • この一年-Part1(2006-2007年、ビデオ)
  • この一年-Part2(2006-2007年、ビデオ)

外部リンク[編集]