イメージフォーラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イメージフォーラム
Image Forum
Theater Image Forum Tokyo.jpg
イメージフォーラム
種類 映画団体
本社所在地 日本の旗 日本
150-0002
東京都渋谷区渋谷2丁目10-7
設立 1977年1月1日
業種 サービス業
事業内容 映像文化の向上を目的とする活動
定期上映活動、新人作家の育成ほか
代表者 富山 加津江
主要部門 シアター・イメージフォーラム
イメージフォーラム映像研究所
主要子会社 株式会社ダゲレオ出版
関係する人物 かわなかのぶひろ(創業者)
外部リンク http://www.imageforum.co.jp/
テンプレートを表示

イメージフォーラム(Image Forum)は、東京・渋谷を拠点に映画・映像関連の活動をしている団体である。シネマテーク、映画館、出版社、映像作家の養成、映像関連の講演などを事業としている。

映像作家・かわなかのぶひろ1977年昭和52年)に設立して実験映画の制作・配給・上映、さらに映像作家育成の講座を開設していた団体、「アンダーグラウンド・センター」が前身[1]。イメージフォーラム代表を務める富山加津江(とやま かつえ)は、かわなかの妻である。毎年、映画の祭典「イメージフォーラムフェスティバル」を開催。

シアター・イメージフォーラム[編集]

2000年平成12年)9月に開業した[1]。建物は建築家・高崎正治の設計であり、1階に「イメージフォーラム1」、地下に「イメージフォーラム2」と、2つの上映室がある[1]。イメージフォーラムは2008年平成20年)に始まった取り組み、映画館大賞に参加している。

ダゲレオ出版[編集]

イメージフォーラムの出版部門として1980年昭和55年)に設立された株式会社である。所在地はイメージフォーラムと同一で、代表もイメージフォーラムと同じく富山加津江が務めている。

雑誌『月刊イメージフォーラム』は1980年6月に創刊、1995年7月に休刊。その後、季刊誌『イメージフォーラム』として1999年に復刊されるが、2000年に再度休刊する。

関係者[編集]

  • 高崎俊夫 - 編集者。「月刊イメージフォーラム」の編集部に勤務歴
  • 幼時 - 映像作家。「月刊イメージフォーラム」に連載をもっていた

イメージフォーラム映像研究所[編集]

イメージフォーラムに併設されており、映像関連の講座を開講している。

関係者[編集]

  • 白川幸司 - 映画監督。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 村上賢司 - 映画監督。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 大木裕之 - 映像作家。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 井口奈己 - 映画監督。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 望月六郎 - ポルノビデオ監督。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 成瀬活雄 - 映画監督。イメージフォーラム映像研究所修了
  • ALIMO - 現代美術作家。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 金村修 - 写真家。イメージフォーラム映像研究所修了
  • タナダユキ - 映画監督。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 岩田ユキ - 映画監督。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 竹林紀雄 - テレビ演出家。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 石田尚志 - 現代美術家。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 大山慶 - アニメーション作家。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 野村雅夫 - DJ。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 亜矢乃 - タレント。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 加藤到 - 映像学者。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 渡辺智史 - 映像作家。イメージフォーラム映像研究所修了
  • 久保直樹 - 映画監督。イメージフォーラムより受賞
  • 平林勇 - 映像監督。イメージフォーラムより受賞
  • Visual Brains - 映像作家ユニット。イメージフォーラムより受賞
  • 青木英美 - 脚本家。イメージフォーラムより受賞
  • 平野勝之 - ポルノビデオ監督。イメージフォーラムより受賞
  • 鈴木志郎康 - 映像作家。イメージフォーラム講師

脚注[編集]

  1. ^ a b c 階段をコンセプトとした建物が印象的な映画館「シアター・イメージフォーラム 港町キネマ通り、平成23年5月25日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]