成瀬活雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成瀬 活雄(なるせ かつお、1963年6月29日 - )は、日本映画監督脚本家劇作家演出家愛知県刈谷市出身。東京大学文学部国文学専修課程卒業。大正大学教授。元城西国際大学幕張キャンパス所長。元城西大学日本/東アジア映像研究センター所長。

数々の劇場映画制作に助監督として携わり、映画監督である篠田正浩の元で脚本も手がけるようになる。1997年、『不機嫌な果実』(松竹)で監督デビュー。同年、『瀬戸内ムーンライト・セレナーデ』がベルリン国際映画祭で上映されたほか、最近はテレビ番組にも進出、『夢で逢いましょう』『嫌われ松子の一生』『小さな巨人』などの脚本を担当した。

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 余命3ヶ月?!(2008年、南青山曼荼羅 作・演出)
  • はっぴーとらんじっと(2009年、南青山曼荼羅 作・演出)
  • 15年目のクリスマス(2009年12月、南青山曼荼羅 作・演出)
  • 本当の恋の見つけ方(2010年5月、千本桜ホール 作・演出)
  • さよならの11月(2010年11月、笹塚ファクトリー 作・演出)
  • さよならの2月(2011年2月、笹塚ファクトリー 劇団カツオとカメ第一回公演 作・演出)
  • 夏の終わりに(2011年8月、笹塚ファクトリー スモークカンパニーvol.1 作・演出)
  • イケメン金融工学(2012年7月、新宿スペース107/大阪ABCホール 制作 IVSテレビ制作 作・演出)
  • 夏の終わりに・再演(2013年12月、渋谷CBGKシブゲキ!! 制作 IVSテレビ制作 作・演出)

著書[編集]

外部リンク[編集]