竹林紀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹林 紀雄(たけばやし のりお、1958年2月12日 - )テレビ演出家、TVプロデューサー、放送作家。特に、ドキュメンタリーの構成・演出に力を注ぐ。文教大学情報学部メディア表現学科・教授(放送・映像表現分野)、文教大学大学院情報学研究科・教授(映像メディア領域)。湘南総合研究所長。日本映画監督協会・理事・広報委員・国際委員。 

プロフィール[編集]

福岡県小倉市(現・北九州市小倉北区)生まれ。大学入学のために上京した1979年春より、自主映画制作団体 『都会村』を設立・主宰し、8ミリ映画の制作を始める。1981年より2年間、イメージフォーラム付属映像研究所で、松本俊夫金井勝かわなかのぶひろ鈴木志郎康萩原朔美松田政男、そして寺山修司などから、実験映画を中心にアートとしての映像表現を学ぶ。1984年4月、日経映画社(1984年7月より「日経映像」に社名変更)に入社。テレビ大阪報道局、テレビ東京報道局、日本経済新聞社編集局映像企画部など日経グループ内の映像部門での勤務を経て、1994年6月以降は、日経映像制作本部に勤務した。1986年3月(28歳)、ディレクターとなり、ドキュメンタリー番組を中心に報道番組、情報バラエティー番組等、様々なジャンルの番組を担当する。レギュラー番組そして特別番組を含めて450本以上(2017年末時点)に及ぶテレビ番組や映像作品を演出している。30代は、プロ資格のダイバーであるという特技を生かし、海洋を舞台にしたドキュメンタリー番組の演出を数多く手がけている。「テレビ初取材」にこだわって番組を作り続け、なかでも伊豆諸島・御蔵島沖に生息する野生のバンドウイルカや沖縄・与那国島沖の海底遺跡を取材した番組は、国内だけでなく海外でも大きな反響を呼び、1990年代のイルカブームや超古代史ブームのきっかけとなった。40代を迎えようとする頃から「人の生きざま」を描くことに軸足を移している。最重度の障害者の父母、そして2人の子供たちの4人家族の暮らしを半年間にわたって撮り続けた『ドキュメンタリー人間劇場・母ちゃんになりたい~脳性マヒみゆき・生きて愛して~』(1999年12月1日放送/テレビ東京/ナレーション・桃井かおり)以降は、ヒューマンドキュメンタリーを中心に番組を作り続けている。2001年、東京造形大学非常勤講師(映像芸術)。2007年3月末、主席プロデューサーを務めていた日経映像を退社しフリーランスとなる。2007年4月、文教大学情報学部に赴任、現在に至る。最近は、FNSドキュメンタリー大賞など選考をつとめることも多い。

所属団体[編集]

  • 日本映画監督協会 [1]
  • 日本アカデミー賞協会 [2]
  • 放送批評懇談会 [3]

所属学会[編集]

主な演出作品[編集]

テレビ番組 ※番組タイトル後のRはレギュラー番組、Sは特別番組(単発)

  • 1986年3月~1988年9月『シンクタンク』R(科学情報番組、構成・演出、毎週土曜日7時30分~7時45分、テレビ愛知
  • 1988年6月『先進7ヵ国サミット カナダ・トロント』S(報道番組、90分、演出、テレビ東京
  • 1988年10月~1989年9月『ジャスト経済』R(報道番組、演出、毎週日曜日18時~18時30分、テレビ東京)
  • 1988年12月『都会の不安・地方の不満1988』S 年末特番(報道番組、90分、演出、テレビ東京)
  • 1989年1月『都会の不安・地方の不満1989』S 正月特番(報道番組、90分、演出、テレビ東京)
  • 1990年9月放送『スーパーエアポートII』S 期末特番(情報バラエティー番組、90分、演出、テレビ東京)
  • 1991年10月~1994年6月『ニュースTHIS EVENING 日曜特集』』R(報道番組、演出、毎週日曜日18時~18時30分、テレビ東京)
  • 1994年7月~1996年3月『おしゃべりゴルフ倶楽部』R(バラエティー番組、構成・演出、毎週土曜日11時~11時30分、テレビ東京)
  • 1994年10月~1996年3月『ふるさと新発見 町おこし村おこし』R(旅番組、演出、毎週日曜日9時30分~10時、テレビ大阪
  • 1995年11月『夢の車が世界を変える』S(報道番組、60分、構成・演出、テレビ東京)
  • 1999年12月1日放送『ドキュメンタリー人間劇場・母ちゃんになりたい~脳性マヒみゆき・生きて愛して~』R(ドキュメンタリー番組、60分、演出・プロデューサー、テレビ東京/ナレーション・桃井かおり
  • 2001年10月6日放送『美の巨人たち 説教のあとの幻想 ゴーギャン』R(ドキュメンタリードラマ、30分、演出、テレビ東京)
  • 2001年10月20日放送『美の巨人たち 横たわる女あるいはマノリータ パスキン』R(ドキュメンタリードラマ、30分、演出、テレビ東京)
  • 2002年1月『テレビ人間発見 アートは遊園地~版画家・山本容子~』R(ドキュメンタリー番組、30分、演出、テレビ東京)
  • 2002年4月『テレビ人間発見 世に定め人に芸~歌舞伎俳優・中村吉右衛門~』R(ドキュメンタリー番組、30分、演出、テレビ東京)
  • 2002年6月『テレビ人間発見 母の国に暮らして~天竜寺南芳院住職・ヘンリ.ミトワ~』R(ドキュメンタリー番組、30分、演出、テレビ東京)
  • 2002年9月『テレビ人間発見 負けられへん~ファッションデザイナー・コシノヒロコ~』R(ドキュメンタリー番組、30分、演出、テレビ東京) 
  • 2003年1月放送『テレビ人間発見 沖縄の心を伝えたい~りんけんバンドリーダー・照屋林賢~』R(ドキュメンタリー番組、30分、演出、テレビ東京)
  • 2003年4月~2004年3月『ミッドライフTV』R(バラエティー番組、演出、毎週土曜日20時~21時、BSジャパン
  • 2005年10月~2007年3月『日経CNBC Express』R(報道番組、演出、プロデューサー、月~金曜日21時30分~22時15分、日経CNBC/日本経済新聞社
  • 2012年7月『相武紗季アース・ダイアログ ~世界遺産からのメッセージ~』第一集「天空の都市・マチュピチュの謎」S(ドキュメンタリー番組、120分、構成、BSジャパン)
  • 2012年10月『相武紗季アース・ダイアログ ~世界遺産からのメッセージ~』第二集「世界最大の滝 イグアス」S(ドキュメンタリー番組、120分、構成、BSジャパン)
  • 2016年3月『ザ・ノンフィクション・せいらの結婚』R(ドキュメンタリー番組、60分、演出、プロデューサー、。フジテレビ
  • 2016年8月『ザ・ノンフィクション・夢を追う男、ついてゆく女』R(ドキュメンタリー番組、60分、演出、フジテレビ)
  • 2017年2月『Direct Talk‐Sharing the delicious ramen bowl』(インタビュー番組、15分、構成、演出、NHK/取材対象者・力の源カンパニー社長 清宮俊之)※世界同時放送
  • 2017年3月『Direct Talk‐Reviving a Theme Park』(インタビュー番組、15分、構成、演出、NHK/取材対象者・ハウステンボス社長、HIS会長 澤田秀雄)※世界同時放送

アート映像作品

  • 2014年7月2日〜7月6日公開『青澄ASUMI』企画、構成、演出、撮影、編集、プロデューサーを担当。Japan Expoに出展※パリ・ノールヴイルパント展示会会場(Parc des Expositions de Paris-Nord-Villepinte93420 Villepinte, FRANC)で上映
  • 2015年7月『活動寫眞B-1』、『活動寫眞B-2』企画、構成、演出、撮影、編集、プロデューサーを担当。。多摩美術大学共同研究「映像表現の源流を検証する」(研究代表者:萩原朔美:)の一環として制作。

VP

  • 1996年6月『豊かな未来を築くために』(ビデオドラマ、25分、脚本・演出、総理府
  • 1996年11月『ビデオでみる超入門!銀行のディスクロージャー』(アニメドラマ、20分、脚本・演出、全国銀行協会連合会
  • 1997年1月『キハチ流超繁盛法 これが熊谷喜八の戦略調理だ!第1巻~第3巻』(VP、約30分×3、構成・演出、日経BP社

展示映像

  • 1996年12月『未来を拓くITS』(25分、脚本・演出・プロデューサー、VERTIS〔現・ITS JAPAN〕[6]
  • 1990年代後半は、ITS世界大会東京モーターショー等のイベントで公開された映像作品を演出、プロデュース

自主制作映画

  • 1979年8月『炎』(8ミリ、劇映画、40分、脚本・監督・撮影)
  • 1981年8月『ビーイング』(8ミリ、実験映画、7分、監督・撮影)
  • 1982年2月『てり くもり』(8ミリ、実験映画、22分、監督・撮影)
  • 1982年5月『凸デコ凹ボコ』(16ミリ、実験映画、5分、監督・撮影)
  • 1982年7月『TRAIN』(8ミリ、実験映画、3分、監督・撮影)
  • 1982年8月『空間概念』(8ミリ、実験映画、3分、監督・撮影)
  • 1983年2月『オラリー』(16ミリ、実験映画、3分、監督・撮影)
  • 1983年6月『タージマハールの鞠』(8ミリ、実験映画、3分、監督・撮影)

※年月は、放送、上映、発売時

著書[編集]

  • 日本映画史叢書5 映画は世界を記録する~ドキュメンタリー再考~(共著、2006年9月刊)[7]

HP等[編集]

  • 文教大学情報学部竹林紀雄研究室[8]

関連人物[編集]