マヤ・デレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マヤ・デレン
Maya Deren
Maya Deren.jpg
生誕 Eleanora Derenkowskaia
(1917-04-29) 1917年4月29日
Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国(現ウクライナ)、キエフ
死没 1961年10月13日(1961-10-13)(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
教育 ニューヨーク大学ニュースクール大学スミス大学
著名な実績 振付映画ダンス民族誌学音楽民族学
代表作 映画: 『午後の網目』 (1943年)、『陸地にて』 (1944年)、『カメラのための振付けの研究』 (1945年)、『変形された時間での儀礼』 (1945年-1946年)、『暴力についての瞑想』 (1947年)、『夜の深み』 (1959年)
書籍: Divine Horsemen: The Living Gods of Haiti (1953年)
An Anagram of Ideas on Art, Form and Film (1946年)
配偶者 Gregory Bardacke (1935年–1939年)
アレクサンドル・ハッケンシュミード (1942年–1947年)
伊藤貞司 (1960年–1961年 彼女の没年まで)
受賞 グッゲンハイム・フェローシップ、Creative Work in Motion Pictures (1947年)
アマチュア映画・国際グランプリ、カンヌ国際映画祭 (1947年)

マヤ・デレン(Maya Deren、本名Eleanora Derenkowsky 1917年4月29日1961年10月13日)は、1940年代から1950年代のアメリカの前衛映画作家であり実験映画家。また振付師、舞踊家、詩人、作家、写真家でもある。

1917年にウクライナキエフで生まれ、1922年に一家はアメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュースに移住した。父親の姓はDerenkowskyであったがこのときにDerenと短く改姓した。1928年にアメリカ合衆国に帰化した。1930年から1933年までスイスジュネーヴにある国際連盟の学校に通った。

その後シラキューズ大学に進学し18歳の時に結婚した。ニューヨーク大学を卒業し1939年に離婚した。スミス大学で修士号を取得後、ニューヨーク州グリニッジ・ヴィレッジに戻り編集助手やフリーランスの写真家として活動した。

1942年チェコからの亡命中の映像作家、アレクサンドル・ハッケンシュミードと出会い結婚。翌年の1943年、マヤが26歳の時に二人の共同で映画『午後の網目』を制作する。この作品は1947年のカンヌ国際映画祭で実験部門のグランプリを獲得する。この年、ハッケンシュミードと離婚。

1960年、彼女の映画のスコアを担当していた日本人作曲家、伊藤貞司と三度目の結婚。

1961年栄養失調から来る脳内出血のため44歳で亡くなった。死の間際、アンフェタミン睡眠薬を彼女は常用していた。彼女の遺灰日本富士山に散灰された。

1986年にアメリカ映画協会によってマヤ・デレン賞が設立された。

フィルモグラフィ[編集]

  • 『午後の網目』 - Meshes of the Afternoon (1943年) ※1947年カンヌ映画祭実験部門グランプリ受賞
  • 『陸地にて』 - At Land (1944年)
  • 『カメラのための振付けの研究』 - A Study in Choreography for Camera (1945年)
  • 『変形された時間での儀礼』 - Ritual in Transfigured Time (1946年)
  • 『暴力についての瞑想』 - Meditation on Violence (1948年)
  • 『夜の深み』 - The Very Eye of Night (1952年-1959年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]