アレハンドロ・ホドロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はホドロフスキー第二姓(母方の)はプルジャンスキーです。
アレハンドロ・ホドロフスキー
Alejandro Jodorowsky
Alejandro Jodorowsky
本名 Alexandro Jodorowsky Prullansky
生年月日 (1929-02-17) 1929年2月17日(88歳)
出生地  チリトコピジャ
国籍  チリフランスの旗 フランス
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1957年 - 1990年
2013年 -
公式サイト 日本語オフィシャルサイト
主な作品
エル・トポ
ホーリー・マウンテン

アレハンドロ・ホドロフスキー・プルジャンスキー西:Alexandro Jodorowsky Prullansky, :Alejandro Jodorowsky Prullansky, 1929年2月17日 - ) は、チリ出身の映画監督

来歴[編集]

1929年2月17日チリボリビア国境近くの町トコピジャでロシア系ユダヤ人の子として生まれた。12歳の時にサンティアゴへ移住。サンティアゴ大学心理学哲学を学んでいたが、マルセル・カルネの『天井桟敷の人々』(1945年)に感銘を受け、パントマイムにのめり込んで大学を中退した。その後は単身パリに渡り、放浪生活を送るようになった。その後、同地で知り合ったマルセル・マルソーメキシコシティへ渡り、100本以上の芝居を演出した。

1957年トーマス・マン原作の短編『LA CRAVATE』を製作し、映画監督としてデビュー。同作はジャン・コクトーに絶賛された。その後、1960年代中頃にパリで作家・映画監督のフェルナンド・アラバールと知り合い、1967年に彼の小説を映画化した長編『ファンド・アンド・リス』を発表した。

1970年、代表作となった『エル・トポ』を発表。しかし、初上映の際にコロムビアユナイトといったメジャー系の配給会社から断られ、音楽プロデューサーのアラン・ダグラスによりエル・ジンというスペイン語圏の映画を扱うミニシアター系の劇場での深夜上映が決定した。翌1971年1月1日に封切られた同作は大ヒットし、ジョン・レノンアンディ・ウォーホルミック・ジャガーなどから絶賛された。現在ではカルト映画の一つとして位置づけられている。1973年の『ホーリー・マウンテン』は同年11月から翌1975年4月まで続くロングランを達成した。

1975年にはSF大作『デューン』の製作に着手。メカデザインにSF画家のクリス・フォス、クリーチャーとキャラクターのデザインにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、特撮担当にダン・オバノン、悪役ハルコンネン男爵の城のデザインにH・R・ギーガーを起用。キャストもハルコンネン役にオーソン・ウェルズ、皇帝役にはサルバドール・ダリ、他にもミック・ジャガーやデビッド・キャラダインなどがキャスティングされた。また、音楽をピンク・フロイドマグマが製作するなど、各界から一流のメンバーが集められた。しかし、一年間の作業の後、配給元が決まらず、企画は中止された[1]。なお、同小説の映画化としてデヴィッド・リンチ1984年に『デューン/砂の惑星』を発表した。

その後も『O嬢の物語』の映画化やジョン・レノンとオノヨーコを主演にした『指輪物語』などが企画されたが、いずれも製作には至らなかった。1989年には初めて商業映画を意識して製作した『サンタ・サングレ/聖なる血』を発表した。

2013年、ホドロフスキーの息子で『エル・トポ』にも出演したブロンティス・ホドロフスキーを主演に、23年ぶりの作品となった『リアリティのダンス』を発表した。また、同年にはフランク・パヴィッチによるドキュメンタリーホドロフスキーのDUNE』が製作された。

監督作品[編集]

  • LA CRAVATE La cravate (1957年) 短編
  • ファンドとリス Fando y Lis (1967年) 兼出演
  • エル・トポ El Topo (1969年) 兼脚本・音楽・出演
  • ホーリー・マウンテン The Holy Mountain (1973年) 兼脚本・音楽・出演
  • Tusk (1980年)
  • サンタ・サングレ/聖なる血 Santa Sangre (1989年) 兼脚本
  • ホドロフスキーの虹泥棒 The Rainbow Thief (1990年) [2]
  • リアリティのダンス La danza de la realidad (2013年) 兼原作・脚本・製作・出演
  • エンドレス・ポエトリー Poesía Sin Fin (2016年)兼原作・脚本

関連映画[編集]

日本語訳された著書[編集]

単著[編集]

  • リアリティのダンス(青木健史訳、文遊社、2012年)
  • アレハンドロ・ホドロフスキー/マスターコレクション(国書刊行会、2016年)

共著[編集]

バンド・デシネ原作[編集]

  • 謎の生命体アンカル (EUROPE BEST COMIC 1) (メビウス (イラスト), 横山研二 (翻訳) 講談社 1986年)
  • アンカル(メビウス 画,原正人 訳 小学館集英社プロダクション 2010年 (ShoPro books))
  • メタ・バロンの一族(上下 フアン・ヒメネス 画, 原正人 訳 小学館集英社プロダクション 2012年 (ShoPro Books))
  • 猫の目(メビウス, 原正人 訳 竹書房 2013年)
  • 天使の爪(メビウス 画, 原正人 訳 飛鳥新社 2013年)
  • アラン・マンジェル氏のスキゾな冒険(メビウス 画,原正人 訳 ユマノイド 2014年)
  • テクノプリースト(ゾラン・ジャニエトフ 画,フレッド・ベルトラン 彩色,原正人 訳 ユマノイド 2014年)
  • ファイナル・アンカル(ホセ・ラドロン, メビウス 画,原正人 訳 ユマノイド 201年)
  • バウンサー(フランソワ・ブック 画,原正人 訳 ユマノイド 2015年)
  • アンカル(メビウス 画,古川晴子 訳、本文デザイン ユマノイド 2015年)
  • フアン・ソロ(ジョルジュ・ベス 画,原正人 訳 ユマノイド 2015年)
  • カスタカ(ダス・パストラス 画,原正人 訳 ユマノイド 2015年)
  • ビフォア・アンカル(ゾラン・ジャニエトフ 画,原正人 訳 ユマノイド 2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柳下毅一郎「リンチ的細部にあふれた非リンチ的な物語」より、キネマ旬報社刊行『フィルムメーカーズ(7) デイビッド・リンチ』所収。
  2. ^ “鬼才A・ホドロフスキーの「ホドロフスキーの虹泥棒」、26年越しの日本公開決定!”. 映画.com. (2016年9月13日). http://eiga.com/news/20160913/17/ 2016年9月14日閲覧。 

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]