新表現主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新表現主義(Neo-expressionism)は、1970年代後半から1980年代中ごろまで美術市場を支配した現代美術の様式である。ニュー・ペインティングとも呼ばれる[1]。それまでのコンセプチュアル・アートミニマル・アートの難解さにうんざりしていた美術界に熱狂的に受け入れられた[2]

en:Vasiliy Ryabchenko, Red room I, 1989

1920年代ドイツ表現主義エミール・ノルデマックス・ベックマンジョージ・グロス-そしてその源流であるジェームズ・アンソールエドヴァルド・ムンクら-を再評価し、その後継者をもって任じていた。乱暴な筆触、原色の使用、対比配色など、技法的には抽象表現主義の影響も受けている。

主な画家は、ドイツの ゲオルグ・バゼリッツ英語版アンゼルム・キーファー、アメリカのジャン・ミッシェル・バスキアデビッド・サーレ英語版ジュリアン・シュナーベル、イタリアのフランチェスコ・クレメンテ英語版サンドロ・キアなど。

脚注[編集]

  1. ^ 百科事典マイペディアの解説『新表現主義』 - コトバンク
  2. ^ Chilvers, Ian and John Glaves-Smith. A Dictionary of Modern and Contemporary Art. Oxford University Press (2009), p. 503