トーナリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トーナリズム(英:Tonalism)とは、1880年から1915年頃アメリカで行われた、雰囲気や影を強調する[1]、フランスのバルビゾン派から派生した[2]風景画の芸術スタイルである。日本では色調主義ともいう。トーナリズムは、暗い色、または灰色、茶色や青などの中間色が構成を支配する画風で風景画を描く。このグループの代表的な画家にはジョージ・イネストマス・デューイングジェームズ・マクニール・ホイッスラーなどがあげられる。またエドワード・スタイケンなどの写真家にも影響を与えた。
アメリカの美術批評家たちは、1890年代後半の頃からこれらの作品を記述するための用語としてトーナリズム("色調,tonal")を使い始めた。トーナリズムはヨーロッパから印象派モダニズムが紹介されると共に次第に影響力を失った。

トーナリズムの画家[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ "Art Movements". artbrokering.com. Retrieved on January 18, 2007.
  2. ^ Avery, Kevin J. & Fischer, Diane P. "American Tonalism: Selections from the Metropolitan Museum of Art and the Montclair Art Museum ". Burlington Magazine, Vol. 142, No. 1168, July, 2000. p. 453.

外部リンク[編集]