移動派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『曠野のイイスス・ハリストス』 イワン・クラムスコイ

移動派(いどうは;ロシア語: Передвижники)は、19世紀後半のロシアにおけるリアリズム美術運動のグループである[1]移動展派とも[2]。1870年に「移動展覧会協会(または移動美術展協会)」を発足させ、ロシア国内の都市を巡回する移動美術展覧会を1923年まで主催した。「移動派」という通称はこのことにちなんでいる。ヴィッサリオン・ベリンスキーニコライ・チェルヌィシェフスキーの影響を受け、歴史的かつ社会的なテーマを軸に、民衆の姿や自然の美しさをリアリズムの手法で描いた[1]

歴史[編集]

1860年代、帝国美術アカデミーは社会批判的な作品をコンクールに出品することを禁じるようになった[3]。1863年、帝国美術アカデミーの14人の生徒が、卒業制作の主題を決める権利を求める請願書を提出したが却下された[4]。これを受けてイワン・クラムスコイら14人はアカデミー主催のコンクールへの出品を拒否した(14人の反乱ロシア語版英語版)。同年14名は、芸術家のための自由協同組合としてロシア初となる「芸術家協同組合(артель художников)」を結成した[3]。美術評論家ウラディーミル・スターソフは「『個』が表舞台にいる」と評し支持を表明した[5]

1870年、芸術家協同組合を前身として、クラムスコイ、グリゴリー・ミャソエドフニコライ・ゲーヴァシーリー・ペロフらにより、移動展覧会協会が結成された[3]

移動派は、1871年から1923年にかけて48回の移動展覧会を行なった[4]サンクトペテルブルクモスクワをはじめとして、キエフハリコフカザンオリョールリガオデッサなどの諸都市で展覧会を開いた[6]

1890年代初め、モダニズムの運動がおこり、1898年には『芸術世界』が創刊、「移動派は芸術を社会思想に従属させるもの」との批判を浴びるようになった[7][8]

協会内では内紛が絶えず、イリヤ・レーピンは仲間の官僚主義を批判していた[4]。1901年にはヴァレンティン・セローフミハイル・ネステロフら11人が脱退した[4]

1923年の第48回巡廻美術展をもって移動派は公式に活動を終えた。

『銃兵処刑の朝』 ワシーリー・スリコフ

特徴[編集]

松林の朝』 シーシキンとサヴィツキーの共作

作風[編集]

ベリンスキーチェルヌィシェフスキーらが提示した芸術論を源とする、芸術とは思想の表明であり、実生活に根差していなければならないとするロシア・リアリズムに影響を受けている[5]

写実主義の美術として、しばしば批判精神を以て社会生活の多角的な特徴を示した。民衆の貧しさだけでなく美しさを、また苦しみだけでなく力強さや忍耐力を描いた。ロシア帝国専制政治を糾弾し、イリヤ・レーピンの『宣伝家の逮捕』『懺悔の拒否』『思いがけなく』などにみられるようにナロードニキ運動は共感をもって描かれた。

光を描くにあたって、時代がかった伝統的な暗い色調とは対照的に、より自由な態度から、明るめの色調を選んだ。移動派は画像の自然さを狙って、人間の環境とのかかわりを描写した。後にはワシーリー・スリコフの『銃兵隊処刑の朝』など歴史画で民衆を描いた。

見知らぬ女』 クラムスコイ画

運営[編集]

移動展覧会設立規則にはその目的として、帝国内のすべての地域にロシア美術に触れる機会を提供すること、また販路の確保による芸術家の生活負担軽減が明記されている[3]。展覧会においては絵画や複製写真の売買もなされ、展覧会の入場料も徴収され、得られた収入は運営費にまわされた[3]

富豪パーヴェル・トレチャコフは1850年代という早い段階から、当時評価の定まっていない美術作品を収集しており、移動派の作品もその中に含まれるようになった[5]

以前に一度も展示されたことのない新作のみを展示するという原則を有していた[4]

メンバー[編集]

帝国内の多くの地域から人材が集まった。ウクライナラトビアリトアニアアルメニア出身者もいた。メンバーの作品だけでなく、彫刻家マルク・アントコリスキーロシア語版英語版や、戦争画で知られるヴァシーリー・ヴェレシチャーギンらの作品も展示した。

協会の存続中に、会員数は100人を超えた[4]

1890年代までにペテルブルク美術アカデミーの体制に移動派のメンバーも含まれるようになり、自然主義の画派に影響を見せるようになった。

アカデミーとの関係[編集]

第1回移動展覧会を開催するにあたり、クラムスコイはペテルブルク新報に声明を発表しているが、署名でアカデミー会員を名乗っている。クラムスコイに限らず移動展覧会にはアカデミー会員や美術アカデミーの教授職についていた画家たち参加していた。このことから、アカデミーに迎合しないまでも、利用あるいは協調しつつ運営していたとみる向きがある[5]

移動派の主なメンバー[編集]

創立メンバー[編集]

参加メンバー[編集]

ゲスト出展[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 移動派とは” (日本語). コトバンク. 2022年10月4日閲覧。
  2. ^ 移動展派とは” (日本語). コトバンク. 2022年10月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e 井伊裕子 (2020). “移動展覧会における風景画の位置づけ”. スラヴ文化研究 18: 90-102. doi:10.15026/100239. https://doi.org/10.15026/100239. 
  4. ^ a b c d e f エレーナ・フェドトワ (2019年11月1日). “移動派とは何者で、なぜロシア絵画芸術において重要なのか” (日本語). Russia Beyond. 2022年10月11日閲覧。
  5. ^ a b c d 上野理恵 (2008). “移動展派の創作における個の問題 : クラムスコイとレーピンの作品を中心に”. 慶応義塾大学日吉紀要 23: 177-203. https://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN10065043-20080531-0177. 
  6. ^ НЭБ - Национальная электронная библиотека” (ロシア語). rusneb.ru - Национальная электронная библиотека. 2022年10月11日閲覧。
  7. ^ ロシア美術とは” (日本語). コトバンク. 2022年10月11日閲覧。
  8. ^ Ely, Christopher (2000). "Critics in the native soil: landscape and conflicting ideas of nationality in Imperial Russia". Ecumene 7 (3): 253-270.