エコール・ド・パリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エコール・ド・パリフランス語: École de Paris)は、「パリ派」の意味で、20世紀前半、各地からパリモンマルトルモンパルナスに集まり、ボヘミアン的な生活をしていた画家たちを指す。厳密な定義ではないが、1920年代を中心にパリで活動し、出身国も画風もさまざまな画家たちの総称。

1928年、パリのある画廊で開催された「エコール・ド・パリ展」が語源だといわれる。 印象派のようにグループ展を開いたり、キュビスムのようにある芸術理論を掲げて制作したわけではなく、「パリ派」とはいっても、一般に言う「流派」「画派」ではない。

狭義のエコール・ド・パリは、パリのセーヌ川左岸のモンパルナス(詩人の山)につくられた共同アトリエ「ラ・リューシュ(蜂の巣)」に集った画家たちをさす。一方、セーヌ河右岸のモンマルトルには、ピカソが住んでいた「バトー・ラヴォワール(洗濯船)」があり、キュビスムの画家が多かった。狭義のエコール・ド・パリはキュビスムなどの理論に収まらない画家たちのことだが、広義のエコール・ド・パリは、キュビストも含めてこの時代のパリで活躍した外国人画家(異邦人的なフランス人画家も含む)すべてを指す。

外国人画家の中でも、モディリアーニ、シャガール、スーティン、パスキン、キスリングなど、国籍は違えどもユダヤ系の画家が多い点も指摘され、「エコール・ド・ジュイフ(ユダヤ人派)と呼ばれることもある。また、それぞれの作風は個性的であったが、モディリアーニをはじめ、後の世代の画家たちへの影響は大きい。

主たる作家(年齢順)[編集]

周辺の作家[編集]

関連作品[編集]

映画

ドキュメンタリー映像作品

小説

ノンフィクション、エッセイ

  • 『モンパルナスのエコール・ド・パリ』ジャン=ポール・クレスペル,2013,八坂書房
  • 『モンパルナス讃歌―1905-1930 エコル・ド・パリの群像』J.P.クレスペル,1977,美術公論社
  • 『エコール・ド・パリの日本人野郎―松尾邦之助交遊録』玉川信明,2005,社会評論社
  • 『腕一本・巴里の横顔』藤田嗣治・近藤史人,2005,講談社
  • 『エコール・ド・パリ』全三巻,福島繁太郎,1948-1951

関連項目[編集]