マン・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マン・レイ
Man Ray 1934.jpg
1934年のマン・レイ
生誕 1890年8月27日
ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 (1976-11-18) 1976年11月18日(86歳没)
フランスの旗 フランスパリ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

マン・レイ(Man Ray, 本名:エマニュエル・ラドニツキー Emmanuel Rudnitsky, Эммануэль Рудзицкий, 1890年8月27日 - 1976年11月18日)は、アメリカ合衆国画家彫刻家写真家ダダイストまたはシュルレアリストとして、多数のオブジェを制作したことでも知られる。レイヨグラフソラリゼーションなど、さまざまな技法を駆使し、一方でストレートなポートレート(特に同時代の芸術家のポートレート)も得意とし、ファッション写真と呼べるような作品もあったりと、多種多様な写真作品群を残している。

生涯[編集]

1890年、ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれた。父親はユダヤ系ウクライナ人、母親はユダヤ系ベラルーシ人。1897年には一家でニューヨークブルックリン区に転居した。1904年には高校に入学して製図を学び、卒業後は出版社で図案を作ることで生活を立てながら、画廊に出入りするなどして画家として活動する。

1915年にはフランス詩人であるアドン・ラクロアと結婚し、この頃から本名のエマニュエル・ラドニツキーではなく(本名のEmmanuel Radnitzkyを縮めた)マン・レイと名乗るようになる。自作の絵を写すため写真機を購入。マルセル・デュシャンと出会い、のちにニューヨーク・ダダとよばれる運動を、ヨーロッパのダダと同時並行的に進めることとなる(1921年、デュシャンとレイにより「ニューヨーク・ダダ」誌が創刊されている)。10月には絵画とドローイングによる最初の個展を開催した。

1921年7月にはエコール・ド・パリの時代であったパリに渡り、モンパルナスに住みながら本格的に写真に傾倒する。同年6月にパリに戻っていた親友のデュシャンの紹介によって、パリのダダイストたちと交友を始める。パリに渡って数ヶ月後にはフランスの歌手・モデルであるキキに出会い恋に落ちる。職業的な写真家として成功をおさめ、ファッション雑誌などに写真が掲載されるようになる。彫刻家コンスタンティン・ブランクーシと交友し、ブランクーシに写真の技術の手ほどきをする。シュルレアリスム運動が起こると、シュリレアリスト達とも交わり、シュルレアリスム的作品も手がけることとなる。ソラリゼーションを表現技法として最初に利用した。

1925年、第1回シュルレアリスム展にマックス・エルンストパウル・クレーアンドレ・マッソンジョアン・ミロパブロ・ピカソらと共に参加。シュルレアリスム的作品を手がける一方で、当時のアーティスト達の姿も写真に収めている。1929年にはキキと別れ、ヴォーグの人気モデルでのちに戦場ジャーナリストとして活躍することになるリー・ミラーをカメラマン助手兼恋人にし3年ほど交際した。1940年にはフランスの戦火を避けてアメリカに移り、ロサンゼルスで暮らす。このころ、ハリウッドスターなどの写真を撮るが、パリほどの名声は得られなかった。1946年には、マックス・エルンストドロテア・タニング、マン・レイとジュリエット・ブラウナーが合同で結婚式を挙げた。

1951年には再びフランスに渡ってパリでの活動を再開。1969年にはボックスアートの『ペシャージュ』を作成。現在は日本の長野県にあるセゾン現代美術館に所蔵されている。1976年11月18日にパリで死去。墓はモンパルナス墓地にあり、ジュリエットと共に眠るマン・レイの墓碑には「Unconcerned, but not indifferent」と「Together Again」の文字が刻まれている。

映画製作[編集]

マン・レイはパリでの滞在期に、実験的なサイレント映画の制作も手がけている。

最初の作品、"Le Retour à la Raison"(1923年)は、ダダイスムの映画版ともいえるものである。「理性への回帰」というタイトルに反し、その中身は釘や画鋲、塩や胡椒などをカメラを使用せず直にフィルムに振りかけたりして焼き付けたイメージ群の、脈絡のないコラージュであり、最後にかろうじて具象的なイメージとして、女性の裸体が映される。

しかし、"Emak-Bakia" (1926年、バスク語で「ひとりにしてくれ」の意)においては、より具象的なイメージが用いられ、路上を走る車、砂浜での波などの屋外の風景も映されている。ストップモーションを用いての簡単なアニメーションなども試されている。

友人である詩人、ロベール・デスノスの詩に触発された"L'Étoile de Mer"(1928年、ひとで)では、男女の悲恋の物語という、抽象的であるものの核となるストーリーの確立が見られ、人物、感情の動きに焦点が当てられている。その翌年には、ド・ノアイユ子爵夫妻の依頼を受け、"Les Mystéres du Château du Dé" (1929年、骰子城の秘密)を制作した。なお、"Les Mystéres du Château du Dé" 以外の作品にはキキが出演している。

日本での主要展覧会[編集]

名前[編集]

マン・レイの本名であるが、比較的信頼のおけるGetty財団の美術家データベース(Union List of Artist Names)で検索すると、次の4つが挙げられており、

  • Radnitzky, Emmanuel
  • Rudnitsky, Emmanuel
  • Rudnitzky, Emmanuel
  • Radenski, Emmanuel

これら以外を本名として挙げる文献もある。このような状態となっている経緯は明らかではなく、この状態を正面から受け止めたうえで、マン・レイの本名が何であるかについて、きちんとした検証をおこなう、ということはなされていない。このような現状では、いずれが本当かを判断する材料は存在せず、「マン・レイの本名は明確ではない」、といわざるを得ない。[独自研究?]

脚注[編集]

  1. ^ 監修:巖谷國士、マリオン・メイエ/展覧会図録に「マン・レイを知る100の項目(マン・レイ事典)」掲載
  2. ^ 絵画・オブジェ・映像・書籍資料、計350点を一堂に展示した。宮脇愛子とマン・レイの交流を示す特別展示もあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]