千葉成夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千葉 成夫(ちば しげお、1946年 - )は、日本美術評論家東京国立近代美術館研究員を経て、中部大学教授。岩手県生まれ、東京都育ち。早稲田大学文学部美術史学科大学院博士課程修了。

著書一覧[編集]

  • 現代美術逸脱史 1945 - 1985(1986年、晶文社
  • ミニマル・アート(1987年、リブロポート
  • 美術の現在地点(1990年、五柳書院
  • 奇蹟の器 デルフトのフェルメール(1994年、五柳書院)
  • 未生の日本美術史(2006年、晶文社)
  • 絵画の近代の始まり カラヴァッジオ、フェルメール、ゴヤ(2008年、五柳書院)

翻訳[編集]

  • セルフ・ポートレイト マン・レイ自伝(マン・レイ、1981年、美術公論社
  • 屋外彫刻 オブジェと環境(著:M・A・ロビネット、1985年、鹿島出版会
  • 展覧会スキャンダル物語(著:イアン・ダンロップ、1985年、美術公論社
  • ジャコメッティ(作:ジャコメッティ、写真:ハーバート・マッター、1988年、リブロポート)

関連項目[編集]