フィリップ・スーポー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィリップ・スーポーPhilippe Soupault, 1897年8月2日 - 1990年3月12日)は、フランス詩人小説家ジャーナリスト評論エッセイラジオ番組制作など幅広い領域で活躍した。

生涯[編集]

1897年8月2日、パリ郊外のシャヴィル生まれ。

1917年、詩人として文壇にデビュー。ダダイスム活動から1919年ブルトンアラゴンとともに雑誌『文学』Littérature(このタイトルは一種のアイロニーであり、彼らは既成の文学の打倒を目指していた)を創刊。1920年、ブルトンと共に自動筆記の手法を用いて書いた実験的作品『磁場』Les Champs magnétiquesを出版、シュルレアリスム運動の最初の作品となる。

1926年共産主義に同調せず、ブルトンから「あまりに文学的すぎる」としてシュルレアリストのグループから除名された後、ジャーナリスムの世界で活躍しながら文学活動を続ける。

1930年代前半、 L'Europe Nouvelle 誌の映画評論を担当、1937年にはラジオ・チュニスを創設。第二次大戦下の1940年にはヴィシー政権派に逮捕されるが、アルジェに逃れる。その後もアメリカ、フランスで多彩な活動を続けた。

1977年、フランス国民文芸大賞を受賞。

1990年3月12日、パリで没する。

主な邦訳書[編集]

  • 戀の酒場(青柳瑞穂訳、『佛蘭西新作家集』(第一書房、1933年)所収)
  • 磁場(阿部良雄訳、『アンドレ・ブルトン集成 第三巻』(人文書院、1970年)所収)
  • 流れのままに(片山正樹訳、白水社、1975年)
  • 映画詩(巌谷国士訳、『シュルレアリスムの箱』(筑摩書房、1991年)所収)