ジュール・シュペルヴィエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュール・シュペルヴィエル
Jules Supervielle
JulesSupervielle.jpg
誕生 1884年1月16日
ウルグアイの旗 ウルグアイ モンテヴィデオ
死没 (1960-05-17) 1960年5月17日(76歳没)
フランスの旗 フランス パリ
職業 詩人小説家
代表作 『海に住む少女』、『ノアの箱舟』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジュール・シュペルヴィエルJules Supervielle,1884年1月16日 - 1960年5月17日)はフランス詩人小説家ウルグアイの首都モンテビデオ生まれだが、両親はフランス人である。フランスとウルグアイ両方の国籍を持っており、生涯にわたって両国を往復して一つの国にとらわれない複眼的な視点を養った。創作活動は一貫してフランス語で行っている。シュルレアリスムなどからの影響も受けつつも作風では一線を画し、汎神論的な傾向のある独特のイメージや孤独感、余韻に満ちた詩を作り続けた。また幻想的で寓話的な小説によっても知られる。

代表作に『重力』『未知の友だち』などの詩集、『火山を運ぶ男』(『ひとさらい』)などの長篇小説、『海に住む少女』『ノアの箱舟』などの短篇集がある。日本語訳では詩人堀口大学による翻訳の他、各作品が訳されている。

主な著作[編集]

  • 1919. Les poèmes de l'humour triste (詩)
  • 1925. Gravitations (詩)
  • 1930. Le Forçat innocent (詩)
  • 1931. L'Enfant de la haute mer (小説)
  • 1933. Boire à la source (物語)
  • 1934. Les Amis inconnus (詩)
  • 1938. La Fable du monde (詩)
  • 1949. Le Voleur d'enfants (小説)

日本語訳[編集]

詩集
L'homme De La Pampa
  • 『ひとさらい』 澁澤龍彦訳、薔薇十字社、1970年。「翻訳全集12」河出書房新社、1997年。
  • 『火山を運ぶ男』 嶋岡晨訳、月刊ペン社〈妖精文庫〉、1980年。
  • 『ひとさらい』 永田千奈訳、光文社古典新訳文庫、2013年。
L'arche de Noe
  • 『ノアの箱舟』 嶋岡晨訳、早川書房ハヤカワ文庫〉、1975年。
  • 『ノアの箱舟』 堀口大学訳、青銅社、1980年。
  • 『ノアの方舟』 三野博司訳、論創社、2006年
L'enfant de la haute mer
  • 『沖の小娘』 堀口大学訳、青銅社、1980年。
    • 『シュペルヴィエル抄』 堀口大学訳、小沢書店、1992年。
  • 『沖の少女 シュペルヴィエル幻想短編集』 三野博司訳、社会思想社〈現代教養文庫〉、1990年。
  • 『海の上の少女 シュペルヴィエル短篇選』 綱島寿秀訳、みすず書房〈大人の本棚〉、2004年。
  • 『海に住む少女』 永田千奈訳、光文社古典新訳文庫、2006年。
Le jeune homme de dimanche

関連書籍[編集]

  • 後藤信幸『シュペルヴィエル 内部空間の詩人』国文社 1979
  • 木村哲也『シュペルヴィエルと飯島耕一・安藤元雄』近代文芸社 1984  
  • 横山昭正『石の夢 ボードレール・シュペルヴィエル・モーリヤック』溪水社 2002

出典・参考文献[編集]

  • 安藤元雄『シュペルヴィエル詩集』解説