ビル・ブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビル・ブラント(Bill Brandt, 1904年5月3日ハンブルク - 1983年12月20日ロンドン)は、ドイツ出身のイギリス写真家。本名はヘルマン・ヴィルヘルム・ブラント(Hermann Wilhelm Brandt)。

ドイツハンブルクでイギリス人の父とドイツ人の母との間に生まれる。

第一次世界大戦後、結核のためスイスのサナトリウムで療養したのを機にヨーロッパを転々とする。その間、マン・レイのもとで働くこともあった。最終的に1933年にイギリスに居を構え、イギリス国籍を取得。

戦前から活躍した、イギリス最大の生粋のモダニズム系写真家といえる。

1936年の『家庭のイギリス人(The English at Home)』(イギリスの家庭の記録作品集)および1961年の『パースペクテブ・オブ・ヌード(Perspective of Nudes)』(耳などの体の一部分のみを極端にアップして撮影したようなシュルレアリスム的なヌード作品を含む)が有名。

日本においては、その業績に見合った知名度はなく、グループ展においてその作品が取り上げられることはしばしばあるが、大きな回顧展も開催されたことはなく、まとまった日本語文献も存在しない。(1979年に491による、ビル・ブラント写真展「光の影」1930-1970 を熊本、広島、名古屋、仙台、函館、札幌で開催したのが唯一の写真展である)

文献[編集]

  • 光の影(Shadow of Light)―日本語版ビル・ブラント写真集(桐谷幸治、東京工芸大学短期大学部・出版部、1979年)
  • 世界の写真家101(多木浩二・大島洋編、新書館、1997年)p148-p149(倉石信乃・執筆部分)
  • Bill Brandt, Perspective of Nudes, The Bodley Head, 1961

外部リンク[編集]


関連項目[編集]