カレル・タイゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カレル・タイゲKarel Teige, 1900年12月11日 - 1951年10月1日)は、チェコ批評家、芸術理論家、装丁家コラージュ作家、翻訳家。チェコ・アヴァンギャルドの中心的人物。

経歴[編集]

1920年には、デヴィェトスィルの中心人物となる。

その後、ポエティスムの誕生に尽力する。

1934年、チェコスロヴァキアにおけるシュルレアリスム・グループを結成する。

作品[編集]

  • Stavba a báseň
  • Svět, který se směje
  • Svět, který voní
  • Jarmark umění
  • Surrealismus proti proudu (1938)
  • Soudobá mezinárodní architektura
  • Moderní architektura v Československu
  • Moderní fotografie v Československu
  • Nejmenší byt
  • Vývojové proměny v umění
  • Vývoj sovětské architektury
  • Sociologie architektury
  • Jan Zrzavý

参考文献[編集]

  • 阿部賢一『カレル・タイゲ ポエジーの探求者』水声社 2017