窪田般彌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

窪田 般彌(くぼた はんや、1926年1月6日 - 2003年1月22日)は、日本のフランス文学者詩人翻訳家早稲田大学名誉教授。

略歴[編集]

早稲田大学フランス文学科卒。早稲田大学教授を務めた。 カサノヴァの「回顧録」、伝記ほか、アポリネール象徴主義詩などの訳書多数。 またフランス文学フランス史他、近代日本の象徴詩人関連についても著作多数。同じくフランス文学者の窪田啓作は兄。

著書[編集]

  • 『詩集 影の猟人』(緑地社) 1958
  • 『日本の象徴詩人』(紀伊國屋新書) 1963、紀伊國屋書店 1979、新装版1994
  • 『詩篇二十九 1956 - 1964』(思潮社) 1965
  • 『孤独な色事師 - ジャコモ・カザノヴァ』(薔薇十字社) 1972
  • 『幻想の海辺』(河出書房新社) 1972
  • 『観る耳・聴く眼』(昭森社) 1975
  • 『窪田般彌詩集』(思潮社・現代詩文庫) 1975
  • 『ミラボー橋の下をセーヌが流れ - フランス詩への招待』(白水社) 1975
  • 『詩人泡鳴 近代文学逍遙』(コーベブックス、南柯叢書) 1976
  • 『詩と象徴 日本の近代詩人たち』(白水社、白水叢書) 1977
  • ロココと世紀末』(青土社) 1978
  • 『詩集 圓環話法』(思潮社) 1979
  • 『フランス文学夜話』(青土社) 1981
  • 『随筆集 夜の牡蠣』(小沢書店) 1983
  • 『カザノヴァ - ロココの世紀』(河出書房新社) 1983、ちくま文庫 1993
  • 『詩集 西方の短歌』(思潮社) 1984
  • 『物語マリー・アントワネット』(白水社) 1985、白水Uブックス 1991
  • 『ギボシと紫陽花 随筆集』(六興出版) 1986
  • 『ヴェルサイユの苑 ルイ十五世をめぐる女たち』(白水社) 1988
  • 『皇妃ウージェニー 第二帝政の栄光と没落』(白水社) 1991、白水Uブックス 2005
  • 『幻影のフランス ロココから二十世紀へ』(小沢書店) 1993
  • 『女装の剣士 シュヴァリエ・デオンの生涯』(白水社) 1995
  • 『一切合財みな煙』(河出書房新社) 2002
  • 『詩集 老梅に寄せて』(書肆山田) 2002

翻訳[編集]

  • 『画家と音楽家たちの肖像』(プルースト、コーベブックス、南柯叢書) 1974。抜粋版
  • 『カザノヴァ回想録』全12巻(河出書房新社) 1973、改訳(河出文庫) 1995 - 96
  • カザノヴァ回想録 - 青春の女たち』(河出書房新社) 1978、河出文庫 1980。抜粋版

アポリネール[編集]

  • 『ヒルデスハイムの薔薇』(アポリネール角川文庫) 1961
  • 『異端教祖株式会社』(アポリネール、晶文社) 1972、白水Uブックス 1989
  • 『虐殺された詩人』(アポリネール、白水社) 1975
  • 『腐ってゆく魔術師』(アポリネール、青銅社) 1978
  • 『アポリネール詩集』(アポリネール、ほるぷ出版) 1982
  • 『若きドン・ジュアンの手柄ばなし』(アポリネール、「全集3」青土社) 1979、河出文庫 1997
  • 『アポリネール傑作短篇集』(アポリネール、福武文庫) 1987
  • 『アポリネール動物詩集』(アポリネール、山本容子絵、評論社、児童図書館・絵本の部屋) 1991
  • 『詩の朗読会 フランス編』(アポリネール他、河出文庫) 2003

編著・編訳[編集]

脚注[編集]