パナイト・イストラティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パナイト・イストラティPanait Istrati, 1884年8月10日 - 1935年4月18日)は、ルーマニア作家

来歴[編集]

1884年にルーマニア南部、ドナウ川下流の港町ブライラ生まれ。父親はタバコ密輸業者。貧窮家庭に育ち、中学校へは進学せず、12歳で母の下を去る。ロシアの革命運動の影響を受けて、20歳の時に社会主義運動と接触。その後近東を中心に地中海沿岸を放浪。1916年スイスサナトリウムに入院。ペンキ塗り、電信柱埋め、スケート場の氷をきれいにするなどの仕事で金を工面し、療養生活に励む。この時に、ヴォルテールルソーを読み、フランス語に習熟。

1921年に剃刀で喉をかき切り自殺未遂。36歳の時にロマン・ロランに人生の手記を書くようすすめられて執筆を始める。『キラキラリナ』の原稿をロマン・ロランに送ったところ「すごい作品だ! 今日の文学でこの種のものは皆無」と激賞され、創刊されたばかりの「ウーロップ誌」に「バルカンのゴーリキー」という触れ込みのもと掲載される。リーデル社より出版されると、先例のない売れ行きをみせた。

『アンゲル叔父』は文壇の評判が鈍かったが、見かねたプロレタリア文学のリーダー格アンリ・プーライユが「名を冠さない賞」を創設し、授与した。

作品[編集]

  • 『キラ キラリナ』(1923年)
  • 『アンゲル叔父』(1924年)
  • 『コディン』(1926年)
  • 『バラカン平原のアザミ』(1928年)

日本語訳[編集]

  • 『キラ キラリナ』(田中良知訳、2009年、未知谷
  • 『アンゲル叔父』(田中良知訳、2010年、未知谷)
  • 『コディン』(田中良知訳、2010年、未知谷)

参考文献[編集]

『キラキラリナ』『アンゲル叔父』(未知谷)訳者あとがき