ニューヨーク・ダダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニューヨーク・ダダとは、ニューヨークにて、1910年代半ばに起こったダダのことをいう。同時期に、ヨーロッパチューリヒ等で起こったダダと対応しているが、その発生は独立したものであり、ダダ的な思想を持っていたが、意識的・集団的なものではなかった。

中心メンバーは、1913年アーモリー・ショーののちにフランスから渡米し、そのままアメリカにいついてしまった、

のほか、

がいる。さらに、アメリカ出身の美術家としては、例えば、

がいる。

デュシャンの作品としては、レディ・メイドが、ニューヨーク・ダダを象徴する作品である。世の中一般ではなく、とりわけ、自分がかかわっている芸術そのものを、高貴な場所から引きずりおろし、皮肉り、知的に冷笑するというその態度は、既成の価値や概念を否定する(ひいては自己否定にまで向かう)ダダの典型である。

また、「アメリカ合衆国」という観点から見ると、主要なメンバー3人のうちマルセル・デュシャンとフランシス・ピカビアの2人がアメリカの出身ではなく、残りのマン・レイもアメリカ合衆国出身ではあるものの両親はユダヤ系(スラブ地域)であり、思想的にヨーロッパ由来の運動という色彩がある。

なお、ニューヨーク・ダダは、パリのダダと異なり、シュルレアリスムに向かわなかった点においても、大きな特徴をもっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]