ボク少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボクっ娘から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボク少女(ボクしょうじょ)、またはボクっ子(ボクっこ)、ボクっ娘(ボクっこ)、僕女(ぼくおんな)は、男性用一人称である「ボク」などを使う少女のこと[1]

類義語に一人称の「俺」を使う女性を指す俺女(おれおんな)、オレっ娘(オレっこ)がある[2]

本項ではサブカルチャー作品に登場するものを中心に、少女に限らないそれらの類義語全体について説明する。

概要[編集]

大勢の女性キャラクターが登場する美少女ゲーム作品では、台詞の発言者を区別しやすくするため、キャラクターごとに異なる一人称を設定してキャラクターの個性を際立たせることが、作劇上の基本的なテクニックとして用いられている[3]漫画アニメ、ゲームといったサブカルチャーにおけるそのような作品においては、「ボク」「僕」「俺」「オレ」「オイラ」「ワシ」「俺様」などの男性用の一人称を使う少女がしばしば作品に一人程度は登場しており[4]、それらを総称する言葉として「ボク少女」やその類義語が用いられる。 このような特徴に惹かれる者もおり、いわゆる「萌え要素」としても確立している[5]

古くは『Kanon』のヒロインの1人「月宮あゆ」が一人称ボクの代表例として挙げられる。現実との乖離がある幻想作品群で使われるボクっ子については、さかのぼると宮沢賢治銀河鉄道の夜』のジョバンニ・カンパネルラ、あるいは同じく宮沢の『オツベルと象』の象などがあり、ボクっ子をシンボライズする、幻想性、透明感、思春期以前の中性的少年像などの諸要件を揃えている。宮沢をリスペクトする遊佐未森の初期作品や、長野まゆみ作品などでも活発にボクが使われている。[要出典]

ボク少女にはボーイッシュな性格付けがしばしばなされるが[5]フェミニンなキャラクターが「ボク」と自称する場合もある[6]叙述トリックとして利用するためにボク少女が使われることもある[注 1]

サブカルチャーにおけるこうしたボク少女は、漫画では手塚治虫『リボンの騎士』の「サファイア」や同『ひまわりさん』の「風野日由子」など1950年代から散見されるが、普及のきっかけとなった作品やその時期については諸説ある。手塚治虫が上記のような少年的立ち居振る舞いの少女キャラクター像を確立した背景には、宝塚歌劇団の影響があることがわかっている[8][要ページ番号]。具体的には、宝塚や松竹ほか諸少女歌劇団の人気が成人男性中心から女学生や若い女性中心に移行した昭和9、10年ころ、女学生のあいだに「君」「ボク」「ナニ言ってやがるンだい」などの男言葉が流行したのを先駆とする[9][要ページ番号]

日本の女性歌手には昔から一人称の「ボク」の歌を歌うものも珍しくない。歌詞語り手を男性に設定した“男唄(おとこうた)”と解釈できるものもあるが、そうでない例も見られる。例えば『四季の歌』(1972年)には「ぼくの恋人」というフレーズがあるが、その恋人は男性の詩人ハイネに例えられており、この歌の主体は女性であると解釈することもできる[注 2]。ただし、こういった実例とは異なり、明確にボク少女のことを歌った歌として、松本ちえこの『ぼく』(1976年)がある。

ボク少女と現実[編集]

前述のように、フィクションの世界において女性が男性一人称を用いることは珍しいことではないが、その一方、現代の日本においては、女性が「僕」や「俺」のような一人称を用いることは社会的に歓迎されておらず[6][11]、規範に反すると捉えられている。

しかし近年では、現実にそのような人称を使う女性も増えているとも言われている[5]心理学者富田隆はこのような傾向について、単に男友達や、フィクション作品の一人称を真似ているうちに定着してしまった場合などが多いとしつつも、男性への憧れや、既存の女性のように成長したくないという願望の現われである場合もあると説明している[5]

当事者として「ぼく」を使用するタレントの春名風花は、“女性が使う一人称は「わたし」だけど、ちょっと堅苦しくて、しっくりこない。(中略)男性は時と場合に応じて「オレ」や「ぼく」、「わたし」も使えてうらやましい。どうして女性には普通の一人称がないんだろう。女の子だって、改まるでも、こびるでもない、人と対等に話せる一人称が欲しいのに”[12][13]と考えていたときにアニメ『少女革命ウテナ』と出会い、それ以来「ぼく」を好んで使うようになったという[12][13]。ただし春名の場合、男性でも「わたし」を使うような改まった場面では自身も同様に「わたし」を使うとしている[14]

教育学者本田由紀が2009年〜2010年に神奈川県公立中学校の生徒を対象に行ったアンケート調査によると、一人称に「ボク」「オレ」を使用しているのはそれぞれ女子全体の1.2%・3.8%であり、「ジブン」も含めて男性一人称を使用している者は5.0%を占める[15]。このような言葉遣いは一般人に限った話ではなく、矢口真里が自身を「おいら」と称している例、近年でも上述の春名やでんぱ組.inc最上もがが常時「ぼく」という一人称を使っている事例がある。

なお、江戸時代には「俺」という一人称が老若男女問わず広く使われていたこともある[16]他、中部地方、特に山梨県などでは現在でも方言で「オレ」という一人称を用いる女性は存在している[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 例えば、小説『涼宮ハルヒシリーズ』における佐々木の登場場面では、渦中の人物が女性であることが読者に伏せられたまま物語が進行し、語り手以外の人物による指摘によって初めて状況が明かされる[7]
  2. ^ ただし、これは口伝によって曲が広まる過程で歌詞が変化した結果であり、荒木とよひさが作詞した際には、男性の語り手を想定した歌であったという[10]

出典[編集]

  1. ^ “ボクっ娘 【ボクっこ】”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/237468/m0u/ 2009年7月2日閲覧。 .
  2. ^ “俺女 【おれおんな】”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/237377/m0u/ 2009年9月28日閲覧。 .
  3. ^ 涼元悠一「第7章第1節 今、誰が喋っているのか?」『ノベルゲームのシナリオ作成技法』秀和システム、2006年8月5日、第1版、142-146頁。ISBN 4-7980-1399-4
  4. ^ 花井拓登「妄愛・珍愛・偏愛コラム - ボク女トラップ」『空想美少女大百科・電脳萌え萌え美少女大集合!』宝島社別冊宝島〉、1999年1月、122頁。ISBN 4-7966-9421-8。「「ボク女」というのは、一人称に“ボク”を使っている女の子のこと。十人前後の女の子が登場する作品にたいてい一人いて、必ず二人以上はいないタイプである。」
  5. ^ a b c d 篠本634; 富田隆 (2008年8月22日). ““ボクっ娘”“俺女”の接し方マニュアル!”. R25.jp. リクルート. 2009年8月26日閲覧。
  6. ^ a b 花井拓登「妄愛・珍愛・偏愛コラム - ボク女トラップ」『空想美少女大百科・電脳萌え萌え美少女大集合!』宝島社別冊宝島〉、1999年1月、122-123頁。ISBN 4-7966-9421-8
  7. ^ 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2007年4月1日、初版、82頁。ISBN 978-4-04-429209-6
  8. ^ 『ポップ・カルチャー・クリティーク2.少女達の戦歴』(青弓社、1998年)
  9. ^ 下川耿史、家庭総合研究会『昭和・平成家庭史年表 1926→1995』
  10. ^ 驚き桃の木のりへぇ~ 男性の詩人ハイネが僕の恋人?”. 桃屋ホームページ のり平 アニメCMアニメ博物館. 桃屋. 2009年8月24日閲覧。
  11. ^ 玉利越「空想美少女整理箱49 - 田中美沙(同級生シリーズ) 「オレ系」だけど「オレ」とは言わない」『空想美少女大百科・電脳萌え萌え美少女大集合!』宝島社別冊宝島〉、1999年1月、130頁。ISBN 4-7966-9421-8。「女性読者の方は試しに明日から一人称を「ボク」または「オレ」に変えてみよう。(中略)通常であれば、あなたはたちまち社会的信用を失うであろう。」
  12. ^ a b “女の子も仮面ライダーになっていいんだよ 春名風花さん”. 朝日新聞デジタル. (2017年3月7日). https://www.asahi.com/articles/ASK3654KKK36UTIL02X.html 2019年3月15日閲覧。 
  13. ^ a b 朝日新聞「Dear Girls」取材班『Dear Girls ─自分らしく生きていくための28の言葉─』朝日新聞出版社、2019年2月、118-122頁。ISBN 978-4022515940
  14. ^ 本人Twitter (2017年3月9日)より。
  15. ^ 本田由紀 『学校の「空気」 (若者の気分) 』岩波書店、2011年、61頁。ISBN 978-4000284516
  16. ^ “おれ”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/28006/m0u/ 2009年8月26日閲覧。 .
    “おれ”, 大辞泉Yahoo!辞書, 小学館, ISBN 978-4095012124, http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8A%E3%82%8C&dtype=0&index=03304602644000 2009年8月26日閲覧。 .
  17. ^ 方言ジャパン(株式会社トーマ)

関連項目[編集]