トビー・フォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トビー・フォックス
Toby Fox
生誕Robert F. Fox[1][2]
(1991-10-11) 1991年10月11日(30歳)[3]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューハンプシャー州 マンチェスター[1]
別名Toby Fox
Toby "Radiation" Fox
FwugRadiation
市民権アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校ノースイースタン大学
マンチェスター中央高等学校英語版
職業作曲家
ゲームクリエイター
ゲームデザイナー
グラフィックデザイナー
音楽家
活動期間2008年 - 活動中
著名な実績Undertale
DELTARUNE
Homestuck
公式サイトtobyfox.netウェイバックマシンからのアーカイブ)
fwugradiation.tumblr.com

ロバート・F・フォックスRobert F. Fox、1991年10月11日 - )は、アメリカ合衆国ゲームクリエイター作曲家。主に「トビー・フォックス(Toby Fox)」の名義で活動しており、以前の名義は「トビー・"ラジエーション"・フォックス(Toby "Radiation" Fox)」[4]

コンピュータRPGUndertale』と『DELTARUNE』の開発で知られ、前者は高い評価を受けており、英国アカデミー賞ゲーム部門The Game Awards3部門にノミネートされた。 初期は作曲を主に活動しており、ウェブコミックHomestuck』の音楽を担当、『Undertale』で成功した後は、多くのインディーゲームの音楽を作曲するようになった。その他の代表的な作品としては、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』、『ポケットモンスター』での複数の作品にて楽曲を一部担当したことが挙げられる。

経歴[編集]

活動と作曲[編集]

トビー・フォックスの最も初期の作品は、2008年にリリースされた、1994年のスーパーファミコンのゲーム『MOTHER2 ギーグの逆襲』のハロウィンをテーマにしたROMハック『EarthBound Halloween Hack』[5]である。その後、高校3年生の時にアンドリュー・ハッシー英語版のウェブコミック『Homestuck』へ音楽を提供し始める。2009年4月にハッシーが「音楽チーム英語版」を立ち上げ、参加ミュージシャンを募集した当初は、それに加わるつもりはなかったが、フォックスがウェブコミックの音楽のピアノカバーを『MS Paint Adventures英語版』のフォーラムにアップロードし始めたことから、ハッシーはフォックスの活動に注目するようになり、参加するきっかけとなった[6]

フォックスは、2017年のHomestuckのビデオゲーム『Hiveswap英語版[7]、Undertaleのアーティストであるテミー・チャンの短編シナリオゲーム『Escaped Chasm英語版[8]ゲームフリークの2019年のRPG『リトルタウンヒーロー英語版』の音楽を作曲し、『リトルタウンヒーロー』の曲は最後に『ポケットモンスター』の作曲家である佐藤仁美がアレンジを担当した[7]。またフォックスは、『ポケットモンスター ソード・シールド』の楽曲や[7]糸奇はなのアルバム『PRAY』のボーカル曲[9]、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の数曲の楽曲を制作している[10]

メディアに出演するときはマスクで顔を隠しているが、所属しているMOTHERのファングループのイベントでは素顔で活動しており、映像などで姿を確認できる[11][12][13]。『MOTHERシリーズ』の原作者である糸井重里とは面識があり[14][15]、アメリカで発売されていない『MOTHER3』を特に好きだと語って糸井を驚かせている[16]。少しではあるが日本語を話すことができる。

賞賛と成功[編集]

Undertale[編集]

フォックスの最も有名な作品は、2015年に開発を手掛けたコンピュータRPGUndertale』で、サウンドトラックも作曲している[1]。ゲームは100万本以上を売り上げ[17]、大人気のヒット作となり社会現象を巻き起こした[A]。フォックスは、一部のアートワークをテミー・チャンなどに依頼したことを除けば、ゲーム全編を単独で開発している[26]。またこの作品を作るにあたり、日本のゲームを参考にしていて、特に『MOTHERシリーズ』や『東方Project』から大きな影響を受けたと語っている。フォックスには『Undertale』を制作する以前にもゲーム開発の経験があり、高校時代に3人の兄弟とRPGツクール2000を使用してロールプレイングゲームや『MOTHER2 ギーグの逆襲』のROMハック英語版を作っており[27][28]、その代表作が『EarthBound Halloween Hack』であった[29]。キャラクターデザインやアイデアは、大学在学中に考え、ノートに描いている[30]

『Undertale』はリリース後、多くのファンを獲得した[31][32]。フォックスは、「万人向けではない」と、ゲームが好きでないと言う人がいても気にしないとコメントした[32]。『Undertale』は数々の賞を受賞し、幅広く評価されているが、フォックスは個人的な意見として、このゲームはまだ「ニッチ」であり、「8/10」のレビュースコアに値すると書いている[31]

2016年、フォックスは『Undertale』の未使用の音楽トラックを多数リリースした[33]。またフォックスは、A Profound Waste of Time誌の寄稿者にもなっている[34]。その後、フォックスは『Undertale』の制作に携わったことが評価され、2018年の「フォーブス30アンダー30」の1人に選ばれた[35]

フォックスは『大乱闘スマッシュブラザーズ』の生みの親である桜井政博の自宅を訪れ『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』で対戦している。『Undertale』の登場人物であるサンズは、その後フォックスが新しいアレンジを加えた楽曲「MEGALOVANIA」と共に、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にダウンロードコンテンツで入手できるMiiコスチュームとして収録された[36][37][38]

DELTARUNE[編集]

2018年10月30日、フォックスは『Undertale』のファンに対し、24時間以内にゲームの公式Twitterアカウントをチェックしてほしいという要望をツイートした。その翌日、フォックスは「調査」という名目で、『Undertale』の続編となる『DELTARUNE』のChapter 1を無料でリリースした[39][40]。また同日、フォックスは残りのチャプターも同時にリリースされる予定だが、まだ作業が開始されておらず、完成予定時期も不明であることなど、ゲームに関する詳細な情報を公開した[41]。フォックスは2012年からこのプロジェクトに取り組んでおり、制作中に『Undertale』のアイデアが『DELTARUNE』から発展したことを明言している[41][42]。2019年6月13日、『DELTARUNE』のChapter 1のみが数か月間プレイ可能だったことから、フォックスは自身のTwitterアカウントで、「ゆっくりとそれら全てを、書き出し、描き出しています」と『DELTARUNE』の残りを完成させることへの希望を持っていると述べている[43]。またフォックスは、「Chapter 1を過ぎてから50曲くらい」を完成させたと述べている[44]

2021年9月17日、フォックスは新型コロナウイルス感染症の世界的流行について言及し、「世界を取り巻く状況は、本当に大変なことになっている」ことから、『DELTARUNE』のChapter 2を無料でリリースした。次のChapter 3、4、5は『Undertale』より高い価格で同時にリリースする予定となっているが、リリース時期の見通しは立っていない[45]

私生活[編集]

フォックスはニューハンプシャー州マンチェスター出身であり、ノースイースタン大学で環境科学を専攻した[1]手首と手の慢性的な痛みで、プログラミングや作曲ができない状態が続いており、フォックスはその痛みの再発をDELTARUNE Chapter 2の開発遅延の要因として挙げている[46]

作品[編集]

ウェブコミック[編集]

  • Homestuck(2006年 - 2016年)※他の作曲家と共同で楽曲提供

ゲーム[編集]

開発作品[編集]

楽曲提供作品[編集]

歌手への提供楽曲[編集]

  • 糸奇はな『74』(2018年) - 作詞・作曲・バッキングコーラスを担当。アルバム『PRAY』に収録[53]

その他[編集]

  • I Miss You – EarthBound 2012(2012年)
  • Pause Ahead(2013年、Askiisoft) - 追加のダイアログを担当。
  • Chip Tanaka / Hammerhead Shark Song(2020年、田中宏和) - アニメーターとして参加。
  • Pollyanna(2020年、ほぼ日Pollyanna編集部) - MOTHERシリーズのトリビュートコミック。総勢35人の参加者の一人として寄稿[54]
  • Pollyanna2(2021年、ほぼ日Pollyanna編集部) - イラストを寄稿[55]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Hayward, Mark (2020年12月6日). “City Matters: Secretive NH game designer created Undertale video game” (英語). unionleader.com. New Hampshire Union Leader. 2021年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  2. ^ WebVoyage Record View 1” (英語). WebVoyage. アメリカ合衆国著作権局. 2022年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  3. ^ tobyfox [@tobyfox] (2017年10月12日). "It's my 26th birthday. Where's the time go...? It feels like just yesterday I was 25... Huh? That WAS yesterday?" (ツイート). Twitterより2022年2月2日閲覧
  4. ^ Alternia | Homestuck” (英語). homestuck.bandcamp.com. Bandcamp. 2017年2月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  5. ^ EarthBound Halloween Hack!” (英語). EarthBound Central. 2021年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  6. ^ Funk, John (2012年10月15日). “Land of memes and trolls: The epic and ridiculous self-aware world of Homestuck” (英語). Polygon. Vox Media. 2021年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  7. ^ a b c Goslin, Austen (2019年11月1日). “Undertale developer is composing a song for Pokémon Sword and Shield” (英語). Polygon. Vox Media. 2022年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  8. ^ Tarason, Dominic (2019年4月2日). “Escaped Chasm is a free short from Undertale's Temie Chang” (英語). Rock, Paper, Shotgun. Gamer Network. 2021年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  9. ^ tobyfox [@tobyfox] (2018年8月7日). "I composed a vocal song for my friend @1t0lc1 (Itoki Hana's) new album, PRAY. It was my first time composing a vocal song like this... Please check it out!!" (ツイート). Twitterより2022年2月2日閲覧
  10. ^ a b Manateemailbox (2022年6月2日). “『UNDERTALE』のトビー・フォックスが『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に楽曲を提供” (日本語). IGN Japan. 産経デジタル. 2022年6月3日閲覧。
  11. ^ tobyfox [@tobyfox] (2016年5月13日). "Somehow. (@itoi_shigesato) t.co/GYoAfcoVEW" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  12. ^ 糸井 重里 [@itoi_shigesato] (2016年5月14日). "こういうメンバーだったんです。アメリカのファンは、なかよしで、すっごいパワフルなんです。 t.co/mn8AwJ3AXB t.co/B311woAIlH" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  13. ^ ガイドブック取材(Fangamerの巻)” (日本語). ほぼ日刊イトイ新聞. 株式会社ほぼ日 (2016年5月13日). 2021年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  14. ^ tobyfox [@tobyfox] (2018年6月7日). "今日は東京で歩いてたら、「ほぼ日」(@1101complus )のイベントをたまたま見つけた。そちらで、糸井さん (@itoi_shigesato )をたまたま見つけた。僕を「すごいゲームデザイナー」と呼んでくれた… とにかく、嬉しいなぁ… この世界は変な偶然でできているね" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  15. ^ 糸井 重里 [@itoi_shigesato] (2019年3月6日). "「UNDER TALL」のトビーさんに、また会ったよ。たのしくゲームの話ができたぜ。 t.co/daAa0T90P4" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  16. ^ 糸井 重里 [@itoi_shigesato] (2017年7月28日). "おそれいったのは、彼が「MOTHER」シリーズのなかで「3」が特に好きだと言っていること。だって、「MOTHER3」はアメリカで発売されてないんだよ。すべて日本語のゲームを味わってきているんだ。 t.co/VaT88Q3wEn" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  17. ^ Grubb, Jeff (2016年4月13日). “Stardew Valley is one of the best-selling PC games of the year as it surpasses 1M copies sold” (英語). GamesBeat. VentureBeat. 2022年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  18. ^ Levine, Laguna (2015年9月29日). “Undertale: A New Cult Hit in the Making” (英語). Cliqist. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  19. ^ McDonald, Mariko (2015年12月22日). “Why Undertale Won The Internet” (英語). Remeshed.com. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  20. ^ Audureau, William (2015年12月16日). “ECO. PIXELS. « Undertale », élu « meilleur jeu vidéo de l’histoire » à la surprise générale” (フランス語). Le Monde.fr. Groupe Le Monde. 2021年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  21. ^ Abbott, Josh (2016年2月21日). “How Will We Define Undertale's Legacy?” (英語). Complete Game Reviews. 2018年6月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  22. ^ Groux, Christopher (2015年12月19日). “'The Legend Of Zelda: Ocarina Of Time' Falls To 'Undertale' As Best Game Ever, Gamers Get Mad!” (英語). Design & Trend. IBT Media. 2016年8月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  23. ^ Contaldi, Lou (2018年3月8日). “Toby Fox's Cult Classic Undertale Coming to Nintendo Switch” (英語). DualShockers. GRV Media. 2021年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  24. ^ Hernandez, Patricia (2018年10月31日). “Cult RPG Undertale gets a surprise spinoff called Deltarune for Halloween” (英語). ザ・ヴァージ. Vox Media. 2021年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  25. ^ Wawro, Alex (2016年9月14日). “Undertale dev reflects on what it's like to have your game become a phenomenon” (英語). Game Developer. インフォーマ. 2022年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  26. ^ Turi, Tim (2015年10月15日). “GI Show – Yoshi's Woolly World, Star Wars: Battlefront, Undertale's Toby Fox” (英語). ゲーム・インフォーマー. GameStop. 2018年5月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  27. ^ Han-Tani, Melos (2013年5月25日). “Toby Fox’s Undertale – DEV 2 DEV INTERVIEW #1” (英語). ambient-melodic. WordPress.com. 2021年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  28. ^ Schilling, Chris (2018年5月5日). “The making of Undertale” (英語). PC Gamer. Future US. 2021年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  29. ^ Kaharl, Jonathan (2017年8月13日). “Earthbound (The Halloween Hack)” (英語). Hardcore Gaming 101. Lenscap Theme. 2022年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  30. ^ Alexandra, Heather (2017年1月9日). “Undertale Creator Shares Notebook Full Of Early Concepts And Art” (英語). Kotaku. G/O Media. 2022年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  31. ^ a b O'Connor, Alice (2016年9月15日). “8/10: Undertale Dev Reflects On Unexpected Popularity” (英語). Rock, Paper, Shotgun. Gamer Network. 2021年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  32. ^ a b Grayson, Nathan (2016年1月4日). “Undertale Creator: It's OK If People Dislike The Game” (英語). Steamed. Gizmodo Media Group. 2017年9月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  33. ^ O'Brien, Lucy (2016年9月16日). “Undertale Creator Releases Unused Music to Celebrate 1-Year Anniversary” (英語). IGN. Ziff Davis. 2021年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  34. ^ Holmes, Jonathan (2016年12月15日). “Ashly Burch, Toby Fox and Mike Z join the Profound Waste of Time team” (英語). デストラクトイド. エンスージアスト・ゲーミング. 2021年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  35. ^ Toby Fox” (英語). フォーブス. Forbes Media LLC. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  36. ^ (日本語) 【スマブラSP】バンジョー&カズーイのつかいかた. YouTube. (2019年9月5日). 該当時間: 21:16. オリジナルの2020年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201205050026/https://www.youtube.com/watch?v=D-1suPyyQ60 2022年2月3日閲覧。 
  37. ^ Walker, Ian (2019年9月4日). “Undertale's Sans Joins Smash Bros. As A Mii Fighter Costume” (英語). Kotaku. G/O Media. 2021年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  38. ^ tobyfox [@tobyfox] (2019年9月5日). "Yes. It's true. You'll be able to buy a Mii Gunner costume of Sans in Smash Brothers Ultimate later today! It'll come with a special arrangement of Megalovania composed by me. It's a huge honor to have something I created in Smash. Thank you so much Mr. Sakurai!!! t.co/eKDhwSKOJj" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  39. ^ Frank, Allegra (2018年10月31日). “Undertale creator's new game is Deltarune, a mysterious surprise” (英語). Polygon. Vox Media. 2021年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  40. ^ Tarason, Dominic (2018年11月1日). “Deltarune Chapter 1 Undertale Sequel” (英語). Rock, Paper, Shotgun. Gamer Network. 2021年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  41. ^ a b George, Daniel (2018年11月1日). “Deltarune creator Toby Fox talks full release plans, upscaling” (英語). App Trigger. Minute Media. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  42. ^ tobyfox [@tobyfox] (2018年11月3日). "The idea of "I want to make an RPG" turned into UNDERTALE and the original idea I had transformed into DELTARUNE as I was making UNDERTALE" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  43. ^ tobyfox [@tobyfox] (2019年6月13日). "Around Ch1, I remember feeling hopeless about how much I had to design. I still think it will take a very long time to make, but I don't feel hopeless anymore. Slowly I'm writing and drawing it all out. Bosses, bullets, cutscenes, characters..." (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  44. ^ tobyfox [@tobyfox] (2019年6月13日). "So far I have about 50 songs past Chapter 1 at various stages of completion... If you add the 40 from Chapter 1, I think the full soundtrack will definitely end up surpassing 100 songs this time" (ツイート). Twitterより2022年2月3日閲覧
  45. ^ 『DELTARUNE』開発進捗報告(2021年9月現在)” (日本語). DELTARUNE 公式ウェブサイト. Fangamer (2021年9月15日). 2021年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  46. ^ 『DELTARUNE』開発進捗報告(2020年9月現在)” (日本語). UNDERTALE 公式ウェブサイト. Fangamer (2020年9月15日). 2021年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月2日閲覧。
  47. ^ Brown, Fraser (2019年4月3日). “Escaped Chasm is a free game about loneliness from Undertale's artist” (英語). PC Gamer. Future US. 2021年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月3日閲覧。
  48. ^ いっちゃん (2019年4月3日). “『UNDERTALE』アーティストの新作『Escaped Chasm』配信開始ー夢の中で魔法の世界と繋がる少女を描く” (日本語). インサイド. イード. 2022年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧。
  49. ^ Escaped Chasm by temmie” (英語). tuyoki.itch.io. itch.io. 2022年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧。
  50. ^ 『リトルタウンヒーロー』の最新PVで『UNDERTALE』のトビー・フォックス氏が提供する楽曲が公開! 魅力的なキャラクターたちも紹介” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2019年9月27日). 2020年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧。
  51. ^ Purslow, Matt (2019年12月2日). “『Undertale』のクリエイターが『ポケットモンスター ソード・シールド』に楽曲を提供” (日本語). IGN Japan. 産経デジタル. 2022年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧。
  52. ^ OMORI by OMOCAT” (英語). Kickstarter. 2022年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧。
  53. ^ 天野史彬; 山元翔一 (2018年8月7日). “糸奇はな×『UNDERTALE』作者 相思相愛の音楽&ゲーム談義” (日本語). CINRA.NET. CINRA. 2022年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧。
  54. ^ 吹越友一 (2020年5月20日). “「MOTHER」公式トリビュートコミックが発売決定! トビー・フォックス氏や松本大洋氏など総勢35名の漫画家・作家が参加” (日本語). GAME Watch. Impress Watch. 2021年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月4日閲覧。
  55. ^ 岩瀬賢斗 (2021年9月14日). “「MOTHER」の公式トリビュートコミック第2弾「Pollyanna2」が発売決定” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2022年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]