G.I.ジェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
G.I.ジェーン
G.I. Jane
監督 リドリー・スコット
脚本 デヴィッド・トゥーヒー
ダニエル・アレクサンドラ
原案 ダニエル・アレクサンドラ
製作 リドリー・スコット
デミ・ムーア
ロジャー・バーンボーム
スザンヌ・トッド
製作総指揮 ダニエル・アレクサンドラ
ジュリー・バーグマン・センダー
クリス・ザーパス
出演者 デミ・ムーア
ヴィゴ・モーテンセン
アン・バンクロフト
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
撮影 ヒュー・ジョンソン
編集 ピエトロ・スカラ
配給 アメリカ合衆国の旗 ハリウッド・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年8月22日
日本の旗 1998年1月31日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $48,169,156[1]
テンプレートを表示

G.I.ジェーン』(G.I. Jane)は、1997年に製作されたアメリカの映画リドリー・スコット監督作品。

ストーリー[編集]

アメリカ海軍情報局に所属するジョーダン・オニール大尉は、男女差別雇用撤廃法案を唱えるデヘイヴン上院議員の要請で、志願者の60%は脱落するといわれる最難関のアメリカ海軍特殊部隊 (実在のSEALsをモデルにした架空の偵察部隊) の訓練プログラムに挑むことになる。そこで彼女を待っていたのは、ウルゲイルたち訓練教官による想像を絶する扱きであった。ウルゲイル曹長は訓練開始にあたって「野生なるものが 自らをあわれむのを/私は見たことがない。/小鳥は 凍え死んで枝から落ちようとも/自分を惨めだとは 決して思わないもの」[2]という。更に女性であるがゆえに、他の訓練生たちからも酷く蔑視された。頭をスキンヘッドに変えて、男たちと寝起きをともにすることで「女」を捨てたオニールを、マスコミは(G・I・ジョウなどから)「GIジェーン」と皮肉る。ウルゲイルによる執拗な拷問に耐え、やがて訓練生たちが彼女を「仲間」として受け入れ始めた矢先、オニールにマスコミから同性愛者との疑惑が掛けられる。

その後、デヘイヴン議員の取引によりデスク勤務を命じられたオニールだが、この処遇に彼女は激怒し、結局、議員の計らいで訓練に復帰することとなった。そして、最後の訓練に向かう潜水艦リビアの部隊を救出せよとの命令が下る。突然の実戦であったが、作戦は無事成功した。訓練が終り、ウルゲイルはオニールにSEALsの隊員の証であるバッジを手渡した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ
ジョーダン・オニール大尉 デミ・ムーア 深見梨加 一城みゆ希
ジョン・ジェームズ・ウルゲイル曹長 ヴィゴ・モーテンセン 大塚明夫 江原正士
リリアン・デヘイヴン上院議員 アン・バンクロフト 藤波京子 京田尚子
セーラム大佐 スコット・ウィルソン 佐々木梅治 中村正
ロイス ジェイソン・ベギー 清水明彦 池田秀一
セオドア・ヘイズ ダニエル・フォン・バーゲン 小山武宏 富田耕生
軍参謀総長 ジョン・マイケル・ヒギンズ 秋元羊介
マックス・パイロ教官 ケヴィン・ゲイジ 中多和宏 谷口節
ジョンズ教官 デヴィッド・ウォーショフスキー 星野充昭 大塚芳忠
コルテス デヴィッド・ヴァディム 古澤徹 平田広明
マクール モリス・チェストナット 相沢まさき 鳥海勝美
フリー ジョシュ・ホプキンス 吉田孝 関口英司
スロヴニック ジェームズ・カヴィーゼル 檀臣幸 山野井仁
ウィックワイヤー ボイド・ケスナー 田中正彦 室園丈裕
ニューベリー エンジェル・デヴィッド 青山穣 遠藤純一
スタム スティーヴン・ラムゼイ 関口英司
ブロンデル ルシンダ・ジェニー 水谷優子
オコナー提督 スティーヴン・メンディロ 田原アルノ
海軍将官 テッド・サットン 岩田安生
ゲイリー・ホイーラー 塚田正昭
ギャロー大将 ジョン・サイツ 宝亀克寿
ホーストレーダー ダグ・ロバーツ
ゴールドスタイン ジャック・グワルトニー 大黒和広
その他の日本語吹き替え:伊藤栄次石井康嗣桜澤凛
演出:清水勝則 、翻訳:日笠千晶 、調整:栗林秀年 、効果:南部満治 、制作:ザック・プロモーション

脚注[編集]

  1. ^ G.I. Jane (1997)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月25日閲覧。
  2. ^ D.H.ローレンスの「自己憐憫」(Self Pity)であるが、とも何も言わない。なお、卒業式の後、オニールのロッカーにはロレンスの詩集が入っていて、ウルゲイルが彼女を認めたことを意味する。

外部リンク[編集]