ジェイソン・ベギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェイソン・ベギー
Jason Beghe
ジェイソン・ベギー Jason Beghe
2008年撮影
生年月日 (1960-03-12) 1960年3月12日(59歳)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な作品
シカゴ P.D.

ジェイソン・ベギー (Jason Beghe, 1960年3月12日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、サイエントロジー批判者。

略歴[編集]

幼少期[編集]

1960年3月12日、ニューヨーク市にて[1]4人兄弟の一人として生まれる[2]。 ニューヨーク市にある私立男子準備学校Collegiate Schoolに通った[3]。そこで彼はジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニアデイヴィッド・ドゥカヴニーと親しくなった[3][4]。ケネディとベギーはしばしばメトロポリタン美術館セントラルパークへ行き、その間はケネディ付きのシークレットサービスに監視されていたという[5]

10代の頃、保守的コラムニスト兼作家となるエリック・ラッシュとともにサマーキャンプにも参加したことがある[6]

ベギーに影響を受けたケネディは学校の演劇プログラムに参加した[3]。後にはデイヴィッド・ドゥカヴニーを説得して俳優の道に進ませた[7]。ドゥカヴニーは大学教授になり、合間を見て執筆活動をするという夢があったが、博士号取得のための勉強の半ばでTVCMのオーディションに応募した[7]

俳優として[編集]

ベギーはまずヨーロッパでモデルとして働き出した[8]。 1985年、『ジュディスの告発』で映画デビューを果たし、1986年HBOシットコム1st & Tenに出演した[1]。 続編『1st & TenTraining Camp The Bulls Are Back』では、O・J・シンプソンサム・J・ジョーンズと共演し、「シンプソンやジョーンズだけでなく、新人のベギーは一流のキャストメンバーだ。」と評された[9]

1988年、ジョージ・A・ロメロの『モンキー・シャイン』で、冒頭でトラックにはねられて四肢まひになってしまった法科大学生アラン・マン[10]を演じた[11]フィラデルフィア・インクワイアラーは、「(ベギーは)顔と声だけで演じたが、募る怒りの表現や、積極的な男性が消極的になっていく怒りを表現できた。」と評価した[12]

ベギーは1989年11月19日にNBC-TVで放送された法廷弁護士『ペリー・メイスン』シリーズのテレビ映画 The Case of the All-Star Assassinで花形アイスホッケー選手を演じた[13]

1991年には『テルマ&ルイーズ』で州警官を演じ[14]、1997年の映画『G.I.ジェーン』ではデミ・ムーアの片思いの相手を演じた[15]

また、1998年のCBSのテレビドラマ w:To Have & to Hold では警察官役でモイラ・ケリーと共演した [16]

ピケット・フェンス』と『メルローズ・プレイス』には共演俳優として出演し、1997年、キャストメンバー入りした。『シカゴ・ホープ』では、クリスティーン・ラーティ演じる医師ケイト・オースティンに恋する電気技師の役としてキャストメンバーに入った[17]

同年、ボストン・ヘラルドからのインタビューで、『シカゴ・ホープ』の共演者に対する尊敬の念を語った。

今までやってきた中で最も息の合ったメンバーだった。みなそれぞれ素晴らしい。ラーティと共演できたこと?彼女はとても良くて賢くてひたむきなんだ。僕は彼女と共演できたことでより良い俳優になったよ。[17]

彼は『メルローズ・プレイス』で演じた、マット(演:ダグ・サヴァント)に対してひそかな恋心を抱く隠れゲイの軍人についても話した。

「キスしなきゃいけないかと思ったけど、そうでもなかった。テレビというのはとても特殊な媒体で、芸術的な決定が基になっていると思うとだまされやすい。でも僕は俳優だ。何でも引き受けるよ。」[17]

また、『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』、『CSI: NY』、『エバーウッド 遥かなるコロラド』、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』、『ヴェロニカ・マーズ』、Caneといった人気番組にも出演した。

2008年のホラー映画ワン・ミス・コール』ではエクソシストのレイ・パーウィスを演じた[18][19]

サイエントロジーとのかかわり[編集]

入信から退会まで[編集]

1994年、サイエントロジー信者ミルトン・カトセラスのもとで演劇を学んでいたベギーは、自分もサイエントロジーに入信しようと決めた[20][21]。同じく演技を学んでいたボディ・エルフマンからサイエントロジーに関する書物を与えられ、ベギーはロン・ハバードがいう「テクノロジー」なら超人的な力を引き出せるのではないかと考えるようになった[20]

ベギーは1999年にイギリスで行われたサイエントロジーの全国CMキャンペーン"What is Scientology?"のアピールに協力し[22]、2005年には宣伝ビデオにも出演した[21]

FOX Newsでのインタビューでベギーは、サイエントロジーの代表デヴィッド・ミスキャヴェッジから『君はサイエントロジーのポスター・ボーイだ』と言われたと話した[23]

彼は教団でいうOT Vに到達し、オーディティングを施す人としての訓練も受け[20][24]、妻も入信しOT Vに到達した[20]。12年の間にベギーが教団に寄付した額の総額は100万ドルにもなるという[25]

2007年ベギーはサイエントロジーを退会することを決心し、2008年4月にはサイエントロジーを公然と批判し始めた[24]。サイエントロジー退会後には親友のデイヴィッド・ドゥカヴニーに会い[26]、ドゥカヴニーとジヌー神話について話し合い、ばかげていることに気付いた[26]。サイエントロジスト時代のベギーは、ドゥカヴニーが"Suppressive Person"[26]、すなわちサイエントロジー教会に対して敵対的であり、かかわりを持つべきではない人物と教会側からみなされていたため、ドゥカヴニーとの関係は悪かった[27]

批判行為[編集]

ベギーとTory Christman,マーク・バンカー、アンドレアス・ヘルダルランド
(2008年3月31日)

サイエントロジー退会後、ベギーは反サイエントロジー団体Operation Clambakeの設立者アンドレアス・ヘルダルランドに説得され、ジャーナリストでサイエントロジー批判者のマーク・バンカーに会うことになった[20]。ベギーは自宅を訪れたヘルダルランドとバンカーのインタビューに応じ、サイエントロジー時代の体験を語った[20]。2008年4月半ば、バンカーは3時間にわたるインタビューの内3分の映像をYouTubeに投稿した[23]。このビデオの中でベギーはサイエントロジーを「魂にとっても、精神的な面で見ても、感情面における健康や成長にとっても、とても危険なもの」だとした[28]。このインタビューの最後にベギーは「具体的な計画があるというわけではありません。私はただ助けたいだけです。(中略)私はサイエントロジーに入って、そして脱退したという貴重な経験があります。そしてそれは、今なお信者であり、まだ脱退してはいない方々にはない考え方です。」と述べた[29]

ヴィレッジ・ヴォイスでのインタビューでこのような批判行為が俳優としてのキャリアに支障がないかと尋ねられたところ、「ユナイテッド・アーティスツの映画に携わるつもりはありません」と笑って答えた[20]ユナイテッド・アーティスツはサイエントロジー信者のトム・クルーズと、彼のビジネスパートナーのポーラ・ワグナーメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの合弁企業になっており、ポーラ・ワグナーが代表を務めていた[30]

ガーディアンのマリーナ・ハイドはベギーをサイエントロジー・セレブの内部告発者と評した[31]

マーク・バンカーによる、ベギーへのインタビューより
(2008年4月14日)

YouTubeに投稿されていた動画は2008年4月17日に削除されたが、すぐに他のYouTubeユーザーによって再投稿された[32]。2008年4月18日までに少なくとも45のYouTubeユーザーが再投稿したとのこと[33]。バンカーのアカウントも4月17日の時点で無効になり、バンカーはコルベア・リポートの動画に著作権侵害が認められたと考えている[32][34]。この問題は解決したが、バンカーは当初アカウントが凍結され、投稿した動画がアクセスできなくなったのは、サイエントロジー教会がYoutubeのスタッフに圧力をかけたためだと思っていた[32]。この件についてYoutubeの広報担当者であるRicardo Reyesは、個別の動画に関するコメントはしないという方針を根拠に、肯定も否定もしなかった[32]

2008年4月21日、バンカーはベギーとのインタビュー3時間まるまる投稿した。ただし、バンカーのYouTubeアカウントは凍結されたままなのでヴィメオBlip.tvに投稿した[35][36][37]

2008年4月28日、ベギーは教団代表のデビッド・ミスキャベッジに宛てた手紙をネット上に公開し、オーディティングの間に教団が集めた極秘告白ファイルを要求した[38]。Operation Clambakeのサイト"xenu.net"に公開された文面には「教会は反サイエントロジーのウェブサイトを厳重に監視しているのですから、ここxenu.netなら教団の目に届くと確信して、この場所で手紙を公開することにします。」とあった[39]。ベギーはそれより前に国際サイエントロジー・セレブリティー・センター教会代表者の事務所へ問い合わせたが、すぐに断られたため、教会の通常の窓口を通してデビッド・ミスキャベッジに問い合わせたが結果は同じだった[39]。ベギーはヴィレッジ・ボイスで、これらの秘密ファイルにはトム・クルーズやほかのサイエントロジー・セレブ達のものもあったとされると話した[38]。「今いる信者数よりも多くの人々がサイエントロジーを去りました。それでも彼らは、私的なセッションの中で言われたことを記したこれらのファイルをいまだに持っているのです。なぜあなたがたはこれをずっと持っていたいと思うのでしょうか?」とベギーはヴィレッジ・ボイスに話した[38]

ベギーはサイエントロジーによる排除行為はいまだに行われていると信じており、ヴィレッジ・ボイスのトニー・オルテガに、自身の4歳の息子がサイエントロジーの学校から追い出されたことがその一つであると話したと[40]


ニューヨーク市にあるサイエントロジーの建物の前での抗議にて
(2008年5月29日)

当初マーク・バンカーによってYouTubeに投稿されたベギーによるサイエントロジー批判の映像は、ニュース番組ナイトラインで、デビッド・ミスキャベッジのめいJenna Miscavige Hillや彼女によるサイエントロジーの批判とともに放送された[38]。しかし、「私自身のことを語っているのではないと言いたかっただけです。私についてのことではありません。カルトやそれに関する考えに振り回されている人たちを救うことについて話しているのです」と、ベギーは経験を語るためのテレビ出演を断った[38]

2008年9月4日、ドイツ・ハンブルクで行われたサイエントロジーに関する会議にて

2008年5月29日、ベギーはニューヨーク市のEast 46th Streetにあるサイエントロジーの建物の外で開かれたサイエントロジー教会に対する批判集会に参加した[41]。彼は通りを横切ってサイエントロジーの建物まで集まった50人の抗議者の前で「あなた方は私やこの場にいる人たちにひどい仕打ちをした…たまらない。泣きたくなる。あなたは今している善行がどのようなものであるか知りたくないだろう。」と話した[41]。それから通りを横切ってサイエントロジーの建物に入ろうとしたが、このときサイエントロジーに雇われていた3人のガードマンに道をふさがれた[41]。彼は批判者たちの輪に戻り、サイエントロジー教会ニューヨーク支部のリーダージョン・カーマイケルに電話をかけようとしたが、うまくいかず、「ジョン・カーマイケルと話したい。私はジェイソン・ベギーだ、と言ったら、電話を切られた。」とぼやいた[41]

2008年9月、ベギーはヨーロッパを訪れ、ドイツのハンブルクで政府関係者を前に講演を行い、サイエントロジーの信者としての体験を語った[42]。ベギーはドイツの内務省に、Ursula Cabertaによる"That is Scientology! Reports from the USA"と題するパネルディスカッションへの参加を依頼されていた[43]。講演でベギーは、政府はタバコのパッケージの広告のように警告を発するべきだ、と述べた。すると翌日には、ドイツ内務省の職員が、ベルリンにあるサイエントロジー教会の建物の外に警告のための看板が置かれた、と言ってきたという[42]

2009年5月、ベギーはBBCワールドサービスのラジオ番組World: Have Your Sayにゲストとして招かれ、サイエントロジーに入信した時の心境を以下のように話した。「奇跡をもたらしてくれる何かがそこにあると思った。そこには人類を救うために全てを捧げる、本当に無私の人たちがいて、私もその一員になりたいと感じた。」[44]

また、現代表デビッド・ミスキャベッジを含むサイエントロジーの代表者たちのリーダーシップについても批判した。「私はサイエントロジーは価値のある団体であり人助けのできる団体だと考えられる点があるとは考えています。問題はサイエントロジー自体ではなく、組織者のほうなのです - 腐敗しており、努力が犯罪の方へ傾いていて、そういったことはデビッド・ミスキャベッジをはじめとするサイエントロジーを率いる立場にある人々が招いたことなのですから。」[44]

私生活[編集]

ベギーの姉妹、フランセスカ・ベギーはシンガーソングライターで、SBK Recordsからアルバム"Francesca Beghe"をリリースした[2]

妻のアンジーとは2000年に結婚した[45]

デイヴィッド・ドゥカヴニーとは親友で、ドゥカヴニーとティア・レオーニとの結婚式で付添人を務めた[46]

ベギーは妻と家族とともにカリフォルニア州ロサンゼルスはニコラスキャニオンに住んでいる[47][48]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 作品名 役名 備考
1985 ジュディスの告発 w:Compromising Positions カップケーキ 長編映画デビュー作[1]
1987 星に願いを Maid to Order ブレット
1988 モンキー・シャイン Monkey Shines: An Experiment in Fear アラン・マン
1991 テルマ&ルイーズ Thelma & Louise 州兵
1994 ジミー・ハリウッド Jimmy Hollywood 探偵
1997 G.I.ジェーン G.I. Jane ロイス
1998 Xファイル ザ・ムービー The X Files FBI捜査官 クレジットなし
2008 ワン・ミス・コール One Missed Call レイ・パーウィス
2010 スリーデイズ The Next Three Days クイン刑事
2013 ファントム/開戦前夜 Phantom セマク軍医

テレビ番組[編集]

公開年・放送年 作品名 役名 備考
1986 灰色の疑惑
Dress Gray
Hank Beaumont テレビ映画
1st & Ten Tom Yinessa 準レギュラーキャラクターとしてのデビュー[1]
1987 en:The Days and Nights of Molly Dodd Glen Ep. # 1.11
1989 Alien Nation Dr. Jim Trenner Ep. # 1.1
Perry Mason: The Case of the All-Star Assassin Bobby Spencer テレビ映画
Christine Cromwell Glen Ep. # 1.2
チャイナタウン殺人事件
Man Against the Mob: The Chinatown Murders
Sammy Turner テレビ映画
ジェシカおばさんの事件簿
Murder, She Wrote
Steve Chambers Ep. # 5.15
1990 The Operation John Kopiak テレビ映画
Mancuso, F.B.I. Ep. # 1.17
タイムマシーンにお願い
Quantum Leap
Roger Skaggs Ep. # 2.22
Johnny Ryan Steve Lombardi テレビ映画
ジェシカおばさんの事件簿
Murder, She Wrote
Wayne Bennett Ep. # 7.6
1991 en:Jake and the Fatman Franklin Patterson Ep. # 4.17 & 4.24
1992 Homefront Paul Ep. # 1.16
イントルーダーズ/第四の遭遇
Intruders
Ray Brooks テレビ映画
ピケット・フェンス
Picket Fences
A.D.A. Petrovic Ep. # 1.8
1993 Ep. # 1.13, 1.14, 1.15, 1.19
In the Heat of the Night Mark Meyers Ep. # 6.11
L.A.ロー 七人の弁護士
L.A. Law
Ep. # 7.16
シュリンジ
Full Eclipse
Doug Crane テレビ映画
Matlock Lt. Pat Rutledge Ep. # 7.5
1994 Treasure Island: The Adventure Begins ロビー テレビ映画
Xファイル
The X-files
ラリー・ムーア 第1シーズン第20話「
メルローズ・プレイス
Melrose Place
Lt. ジェフリー・リンゼイ Ep. # 2.18, 2.19, 2.20, 3.9, 3.10, 3.11, 3.14, 3.15
1995 Matlock Thomas Crighton Ep. # 9.14
w:Courthouse Russell Snow Ep. # 1.4
NYPDブルー
NYPD Blue
Julian Kerbis Ep. # 3.3
1996 Good Company Ron Nash
Public Morals ボーイフレンド Ep. # 1.2
Suddenly Joe Mulvey テレビ映画
1997 Promised Land ジェフ Ep. # 1.13
w:George & Leo ロン Ep. # 1.4
シカゴ・ホープ
Chicago Hope
ダニー・ブレインズ Ep. # 4.5 & 4.7
1998 Ep. # 4.14 & 4.16
ベイビー・モニター
Baby Monitor: Sound of Fear
マット テレビ映画
Cab to Canada Mike Donahue テレビ映画
w:To Have & to Hold Sean McGrail Ep. # 1.1 - 1.13
1999 Family Law ドン Ep. # 1.3
2000 Ep. # 1.4, 1.5, 1.12
アウトブレイク2000
Runaway Virus
Daniel Rothman テレビ映画
ダーマ&グレッグ
Dharma & Greg
Scott Kelley Ep. # 3.17
en:Resurrection Blvd. Eric Carter Ep. # 1.6 & 1.8
en:When Andrew Came Home Eddie テレビ映画
2001 The Beast Bill Hanson Ep. # 1.2
Kristin Peter Medavoy Ep. # 1.6
キラー・コマンドー
Three Blind Mice
Carter Simmons テレビ映画
2002 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ラス・ブラッドリー 第2シーズン第15話「残酷な悪戯」
ホームアローン4
Home Alone 4
ピーター・マカリスター テレビ映画
en:Judging Amy Tim Powell Ep. # 4.11
2003 en:The District Officer Terry, Donnelly Ep. # 3.20, 4.3
弁護士ジャック・ターナー
The Lyon's Den
FBI Agent Vince Ryan Ep. # 1.6
2004 Pilot Season Henry R. Duke ミニシリーズ
犯罪捜査官ネイビーファイル
JAG
Sgt. Maj. Thomas Elgart Ret. Ep. # 10.2
w:American Dreams Gunnery Staff Sgt. Finch Ep. # 2.10, 2.11, 3.5, 3.6, 3.7
エバーウッド 遥かなるコロラド
Everwood
ジョン・ヘイズ Ep. # 3.5, 3.6, 3.8
2005 Ep. # 3.11, 3.14, 3.15
2006 HUFF〜ドクターは中年症候群
Huff
Darren Hadlick Ep. # 2.5 & 2.6
CSI:NY
CSI: NY
Jack Butler Ep. # 2.22
ヴェロニカ・マーズ
Veronica Mars
Cormac Fitzpatrick Ep. # 3.1 & 3.2
クリミナル・マインド FBI行動分析課
Criminal Minds
イェーツ保安官 Ep. # 2.7
2007 NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
Numb3rs
Reid Sarasin Ep. # 3.13
Cane Vince Grasso Ep. # 1.1 - 1.5, 1.12, 1.13
2008 ゴースト 〜天国からのささやき
Ghost Whisperer
ケビン・ケラー Ep. # 4.5
弁護士イーライのふしぎな日常
Eli Stone
Rick O'Malley Ep. # 2.5
2009 Life 真実へのパズル
Life
ジョン・フラワーズ Ep. # 2.18
ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る
Lie to Me
Captain Hoopes Ep. # 1.11
2009-2013 カリフォルニケーション ある小説家のモテすぎる日常
Californication
リチャード・ベーツ Ep. 3.1, 3.11, 5.1 - 5.7, 5.11 - 5.12, 6.4, 6.11
2010 しあわせの処方箋
Hawthorne
Richard Maxwell Ep. 2.7
キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き
Castle
Mike Royce Ep. 3.3
2011 Ep. 3.22
NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班
NCIS: Naval Criminal Investigative Service
Blake Martin Ep. 8.16
LAW & ORDER:LA
Law & Order: Los Angeles
Raymond Garson Ep. 1.10
2012-present シカゴ・ファイア
Chicago Fire
ハンク・ボイト刑事/巡査部長 Ep. # 1.3 - 1.6, 1.15, 1.21, 1.23, 2.8 - 2.9, 2.16, 2.20, 3.7, 3.21 - 3.23, 4.1 - 4.2, 4.7, 5.9, 5.15, 6.13
2014-present シカゴ P.D.
Chicago P.D.
主演
2014-2016 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
Ep. # 16.7, 16.20, 17.14
2016 シカゴ・メッド
Chicago Med
Ep. # 1.12
2017 Chicago Justice Ep. # 1.1 - 1.3

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Staff. “Jason Beghe - Yahoo! TV”. tv.yahoo.com. 2008年4月18日閲覧。
  2. ^ a b Italie, Hillel (AP通信) (1991年9月7日). “'Tough' New Yorker On Cusp Of Success”. Times Union: p. D4 
  3. ^ a b c Heymann, Clemens David (2007). American Legacy: The Story of John and Caroline Kennedy. Simon and Schuster. pp. 164-165. ISBN 0743497384. 
  4. ^ Rush, George, and Joanna Molloy with Baird Jones (1997年5月7日). “For Marla, Home Is Where The Donald Ain't”. New York Daily News. 2008年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月17日閲覧。
  5. ^ Hinojosa, Maria (1999年7月22日). “JFK Jr. remembered as a regular New Yorker”. CNN. Time Warner. 2008年4月17日閲覧。
  6. ^ Erik Rush (2008年4月25日). “Cults of personalities”. Renew America: The grassroots at work. www.renewamerica.us. 2008年4月25日閲覧。
  7. ^ a b Jones, Alison (2000年6月3日). “Interview David Duchovny: From TV hero to romantic lead; In making the leap from television to big screen, David Duchovny took some sound advice off an old pro as Alison Jones discovered”. The Birmingham Post: p. 4 
  8. ^ Sam, "TV Sam The Straight Answer Man" (column) (1998年10月24日). “CBS 'Dramedy' Follows Couple With Conflicts”. Winston-Salem Journal: p. 16 
  9. ^ Voorhees, John (1986年9月12日). “The 9.A.M. Ratings Race May Heat Up With Two New Shows”. The Seattle Times 
  10. ^ Norden, Martin F. (1994). The Cinema of Isolation: A History of Physical Disability in the Movies. Rutgers University Press. pp. 298. ISBN 0813521041. 
  11. ^ Roger Ebert (1988年7月29日). “Monkey Shines: An Experiment In Fear”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19880729/REVIEWS/807290303/1023 2008年4月17日閲覧。 
  12. ^ Staff (1988年7月29日). “A Quadriplegic's Trained Monkey Turns Violent”. The Philadelphia Inquirer 
  13. ^ Pitts, Michael R. (December 15, 2004). Famous Movie Detectives III. Scarecrow Press. pp. 180. ISBN 0810836904. 
  14. ^ Scott, Ridley; Laurence F. Knapp, Andrea F. Kulas (2005). Ridley Scott: Interviews. University Press of Mississippi. pp. xxv. ISBN 157806726X. 
  15. ^ Mukherjee, Roopali (2006). The Racial Order of Things: Cultural Imaginaries of the Post-soul Era. University of Minnesota Press. pp. 123. ISBN 0816647062. 
  16. ^ Kitman, Marvin (1998年10月22日). “'Trinity' shines through Irish stereotypes”. CNN. Time Warner. 2008年4月17日閲覧。
  17. ^ a b c Perigard, Mark A. (1997年10月29日). “Beghe hopeful about prime-time guest shot”. ボストン・ヘラルド: p. 52 
  18. ^ Fuchs, Cynthia (2008年1月4日). “One Missed Call (2008)”. PopMatters Film Review. www.popmatters.com. 2008年4月19日閲覧。
  19. ^ Harvey, Dennis (2008年1月4日). “One Missed Call Review”. Variety. Reed Business Information. 2008年4月19日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g Ortega, Tony (2008年4月15日). “Scientology's First Celebrity Defector Reveals Church Secrets: 'I was Miscavige's favorite boy,' says veteran TV actor Jason Beghe”. Village Voice. www.villagevoice.com. 2008年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月16日閲覧。
  21. ^ a b Ex-Scientologist Beghe Denounces The Religion”. San Francisco Chronicle (2008年4月15日). 2008年4月16日閲覧。
  22. ^ Burrell, Ian (1999年7月11日). “Cult to launch TV ad blitz on UK; The controversial Church of Scientology, which wants to be made a charity, is using celebrities to promote itself in a landmark campaign”. The Independent on Sunday: p. 11 
  23. ^ a b Friedman, Roger (2008年4月16日). “Actor: Scientology Is 'Brainwashing'”. FOX News. www.foxnews.com. 2008年4月16日閲覧。
  24. ^ a b Friedman, Roger (2008年4月14日). “Star Exits Scientology”. FOX News. FOX News Network, LLC.. 2008年4月15日閲覧。
  25. ^ Schmidt, Veronica (2008年4月17日). “TV actor Jason Beghe attacks Scientology in YouTube video”. Times Online. Times Newspapers Ltd. 2011年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月17日閲覧。
  26. ^ a b c Friedman, Roger (2008年4月22日). “FOXNews.com - Jason Beghe: Scientology a 'Con'”. FOX News. FOX News Network, LLC. 2008年4月22日閲覧。
  27. ^ O'Neil, Deborah; Jeff Harrington (2002年6月2日). “The CEO and his church”. St. Petersburg Times. 2008年5月23日閲覧。
  28. ^ 'Sex and the City' star's cancer battle, Mills follows McCartney”. The New Zealand Herald (2008年4月16日). 2008年4月17日閲覧。
  29. ^ Staff (2008年4月23日). “Hollywood Scientologist slams church: A former friend of Tom Cruise and long-term member of the Church of Scientology has slammed the controversial religion in an online video rant”. Marie Claire. www.marieclaire.co.uk. 2008年4月23日閲覧。
  30. ^ Cieply, Michael (2008年4月23日). “The Nazi Plot That Threatens Tom Cruise and United Artists”. The New York Times. The New York Times Company. 2008年4月29日閲覧。
  31. ^ Hyde, Marina (2008年4月18日). “Lifting the lid on Scientology's celebrities”. The Guardian. 2008年4月19日閲覧。
  32. ^ a b c d Friedman, Roger (2008年4月18日). “Cruise, Travolta: Homo-novis”. FOX News. FOX News Network, LLC.. 2008年4月18日閲覧。
  33. ^ Schmidt, Veronica (2008年4月18日). “Jason Beghe Scientology video removed from YouTube”. Times Online. entertainment.timesonline.co.uk. 2008年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月18日閲覧。
  34. ^ Metz, Cade (2008年4月24日). “Anti-Scientology crusader vaporized from YouTube: 'Help me, Stephen Colbert. You're my only hope'”. The Register. www.theregister.co.uk. 2008年4月24日閲覧。
  35. ^ Bunker, Mark (2008年4月21日). “Jason Beghe interview”. The WOG BLOG from XenuTV.. 2008年4月21日閲覧。
  36. ^ Ortega, Tony (2008年4月21日). “Jason Beghe on Scientology: The Full Interview”. Runnin' Scared. The Village Voice. 2008年4月21日閲覧。
  37. ^ Gray, Tyler (2008年4月21日). “Jason Beghe's Scientology Interview in Full”. Fresh Intelligence: Radar Online. Radar Magazine. 2008年4月21日閲覧。
  38. ^ a b c d e Ortega, Tony (2008年4月29日). “Former Scientologist Actor Wants his Confessional Files Back: Jason Beghe accuses church of secretly taping Tom Cruise; writes a letter that Scientology won’t deliver”. The Village Voice. Village Voice Media Holdings, LLC. 2008年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。
  39. ^ a b Friedman, Roger (2008年4月29日). “Beghe Begging for His Scientology Records: Jason Beghe Begs for Records”. FOX News. FOX News Network, LLC. 2008年4月29日閲覧。
  40. ^ Ortega, Tony (2008年5月14日). “Jason Beghe to Scientology Mouthpiece Tommy Davis: 'You're Losing Your Soul'”. Runnin' Scared. The Village Voice. 2008年5月19日閲覧。
  41. ^ a b c d Ortega, Tony (2008年5月30日). “Jason Beghe Turned Away at NY Scientology Building”. The Village Voice. Village Voice Media Holdings, LLC. 2008年5月31日閲覧。
  42. ^ a b Ortega, Tony (2008年9月16日). “Jason Beghe Is Still Denouncing Scientology -- This Time in Germany”. Runnin' Scared (Village Voice). オリジナルの2008年9月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080918112226/http://blogs.villagevoice.com/runninscared/archives/2008/09/jason_beghe_is.php 2008年9月18日閲覧。 
  43. ^ Friedman, Roger (2008年9月4日). “Actor Who Left Scientology Touring Germany”. FOX News (FOX News Network, LLC). http://www.foxnews.com/story/0,2933,416386,00.html 2008年9月23日閲覧。 
  44. ^ a b Atkins, Ross (2009年5月26日). “What is scientology?”. World: Have Your Say (BBC World Service). http://downloads.bbc.co.uk/podcasts/worldservice/whys/whys_20090526-1900a.mp3 2009年5月26日閲覧。 
  45. ^ Lynch, Lorrie (2000年10月29日). “Who's News”. USA Weekend (Gannett Company). http://www.usaweekend.com/00_issues/001029/001029whosnews.html 2009年3月1日閲覧。 [リンク切れ]
  46. ^ TV star Jason Beghe says Scientology: a 'destructive, rip off': A TV star who once spruiked for the Church of Scientology, has escaped the religion and slammed it on YouTube, dubbing it 'destructive' and a 'rip off'.”. デイリー・テレグラフ. www.news.com.au (2008年4月15日). 2008年4月15日閲覧。
  47. ^ Ryon, Ruth (2000年12月28日). “After the Split, Still Neighborly in Brentwood”. ロサンゼルス・タイムズ: p. E.1 
  48. ^ Ryon, Ruth (ロサンゼルス・タイムズ) (2002年3月3日). “Eagles' Frey Lands In $10.5 Million Nest”. The Orlando Sentinel: p. J20 

外部リンク[編集]