白い嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白い嵐
White Squall
監督 リドリー・スコット
脚本 トッド・ロビンソン
原作 チャック・ギーグ
『白い嵐-アルバトロス号最後の航海』
製作 ミミ・ポーク・ギトリン
ロッキー・ラング
製作総指揮 リドリー・スコット
ナレーター スコット・ウルフ
出演者 ジェフ・ブリッジス
スコット・ウルフ
ジェレミー・シスト
ライアン・フィリップ
バルサザール・ゲティ
ジョン・サヴェージ
エリック・マイケル・コール
ジェイソン・マースデン
音楽 ジェフ・ローナ
撮影 ヒュー・ジョンソン
編集 ジェリー・ハンブリング
配給 アメリカ合衆国の旗 ハリウッド・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年2月2日
日本の旗 1996年5月18日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
製作費 $38,000,000
興行収入 $10,292,300[1]
テンプレートを表示

白い嵐』(しろいあらし、White Squall)は、帆船アルバトロス号が白い嵐によって1961年5月2日に沈没した実際の事件をもとに書かれたチャック・ギーグ著の手記『白い嵐-アルバトロス号最後の航海』(The Last Voyage of the Albatross)を原作とした1996年公開の映画。不運なサマースクールの航海を率いたクリストファー・シェルダン船長をジェフ・ブリッジスが演じた。

ストーリー[編集]

海洋学校での航海の中で、若者達の成長と友情を描いた青春作品。

オーシャン・アカデミーに入学したチャックは、シェルダン船長をはじめとした4人のクルーと10人の訓練生とともに、半年間で世界を航海するアルバトロス号に乗船し出航する。

兄が転落死したトラウマから高所恐怖症となっているギル。金持ちであるがワンマンで過保護な父親から一人立ちしたいフランク。いつもつっぱっているが自分の頭の出来の悪さがコンプレックスのディーン。若い訓練生達はみなそれぞれに悩みを持ちながらも、様々なアクシデントを乗り越えながら仲間としての友情を深めていく。

しかし長い航海も終盤に近づいたバミューダ海域で、アルバトロス号は伝説の"白い嵐"に見舞われてしまい沈没、死者を出してしまう。帰還後、船長の責任を問う裁判が開始される中、チャックら生き残った少年達はアルバトロス号での絆の意味を確かめ合う。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

補足[編集]

  • 原作者のチャック・ギーグは、実際にアルバトロス号に乗船し生還した内の一人である。彼は帰還後にこの手記を書きあげた。映画ではチャックをスコット・ウルフが演じた。
  • 映画では死者は5人だったが、実際は6人の死者を出した。
  • 現在ではダウンバーストという現象で知られているこの"白い嵐"は、当時はまだ解明されていなかった。ダウンバーストとは積乱雲の減衰期に発生する下降気流のうち地上に達する際に災害を起こすほど極端に強いもののことを指す。それが海上にて起こった場合を”白い嵐”と呼ぶ。詳しくはこちらを参照。

出典[編集]

  1. ^ White Squall (1996)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]