GI (軍隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パリにて日本の降伏を祝うアメリカ兵ら(1945年)

G.I.は、「アメリカ兵」を意味する俗語である。G.I.ジョー(G.I. Joe)で男性の下士官兵を指し、女性兵士の場合はG.I.ジェーン(G.I. Jane)という表現が使われる。そのほか、戦争花嫁を指すG.I.ブライド(G.I. bride)、従軍牧師を指すG.I.ジーザス(G.I. Jesus)などの用例も見られる[1]

概要[編集]

G.I.は、しばしばGarrison issue(駐屯地支給品)、Government issue(官給品)、General infantry(一般歩兵)[nb 1]などの略語と解釈される。しかし、アメリカ軍における用語としては、Galvanized Iron(亜鉛めっき鉄)を意味する略語として20世紀初頭に導入されたのが始まりで、当時はゴミ箱やバケツへのスタンプとして使用されていた[1]

第一次世界大戦中、アメリカ兵らは砲爆弾をバケツに例え、ドイツ軍による激しい砲爆撃をG.I.缶(G.I. cans)、あるいは単にG.I.と称した[2]。その後、G.I.にGeneral Issue(一般支給品、一般的な厄介事)という解釈が加わり、兵士らは自嘲を込めて、例えばG.I.シューズ(G.I. shoes)、G.I.ソープ(G.I. soap)、G.I.ブラシ(G.I. brushes)といったように、身の回りのあらゆる品をG.I.と称するようになった[1]。Government issue(官給品)という解釈もこの時期から語られ始め、陸軍に関連するあらゆるものがG.I.と称されるようになった[3]

アメリカ兵自体を指してG.I.という略語が使われるようになったのは、第一次世界大戦中から戦間期にかけてのことと言われているが、1935年に下士官兵を意味する略語として使用されたのが、記録にあるうちでは最も古い例である。また、使われ始めた頃には侮蔑的な意味合いも強かったとされ、ダグラス・マッカーサー将軍は、主治医だったロジャー・O・エグバーグ英語版大佐が何気なく部下をG.I.と称したことに激怒し、「二度と私の前でその言葉を使うな。G.I.とはGeneral Issueという意味だろう。彼らを兵士(soldiers)と呼びたまえ」と述べたと伝えられている[1]

G.I.ジョー(G.I. Joe)という表現は、ありふれた男性名である「ジョー[nb 2]」とG.I.を組み合わせることで、「ごく普通のアメリカ兵」を意味している。雑誌『Our Army』の1935年10月号にて初めて使用され、雑誌『Yank, the Army Weekly』でデイブ・ブレガー英語版の漫画『G.I. Joe』の連載が始まった1942年頃から広く使われるようになった[2]

いずれにせよ、第二次世界大戦中には多くの兵士がG.I.を自称し、「アメリカ兵」という意味で広く普及した。この言葉に「自らも大量調達された官給品の1つである」という自嘲を込める者もあった[3]

脚注[編集]

  1. ^ 解釈の1つとして語られたことはあるが、General infantryという意味での実際の用例はない[2]
  2. ^ 例えば、アメリカでは平均的なジョー英語版やありふれたジョー(Ordinary Joe)という言葉が、「平均的な人物」という意味で使われる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Why Do We Say “G.I.”?”. American Heritage. 2019年6月1日閲覧。
  2. ^ a b c G.I.”. Wordorigins.org. 2019年6月1日閲覧。
  3. ^ a b Why are American soldiers called GIs?”. HISTORY. 2019年6月1日閲覧。

関連項目[編集]