サウスランド・テイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サウスランド・テイルズ
Southland Tales
監督 リチャード・ケリー
脚本 リチャード・ケリー
製作 ボー・ハイド
ショーン・マッキトリック
ケンドール・モーガン
マシュー・ローズ
製作総指揮 オリヴァー・ヘングスト
カタリナ・ハイド
ビル・ジョンソン
ジャド・ペイン
エルンスト・アウグスト・シュナイダー
ジム・セイベル
エドワード・H・ハム・Jr
出演者 ドウェイン・ジョンソン
サラ・ミシェル・ゲラー
ショーン・ウィリアム・スコット
音楽 モービー
撮影 スティーヴン・ポスター
編集 サム・バウアー
配給 アメリカ合衆国の旗 デスティネーション・フィルムズ
公開 フランスの旗 2006年5月21日(カンヌ映画祭
アメリカ合衆国の旗 2007年12月14日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 144分
160分(カンヌ映画祭
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
興行収入 $374,743[1] 世界の旗
$275,380 アメリカ合衆国の旗カナダの旗[1]
テンプレートを表示

サウスランド・テイルズ』(Southland Tales)は、2006年アメリカ合衆国で製作されたSFアクション映画(アメリカでの公開は翌年の2007年)。日本では劇場公開されずビデオスルーになった。

ストーリー[編集]

2005年テキサス州核爆弾が投下されたことで、第三次世界大戦が勃発。それから三年後の2008年。アメリカ合衆国には「US認証」という機関が新たに設けられ、国民のプライバシーは完全に政府の管理下に置かれていた。そしてその管理社会に対抗すべくレジスタンスが暗躍する中、大統領候補の娘婿であるアクション俳優、ボクサー・サンタロスが何者かに誘拐される。その後ボクサーは無事保護されるが、彼は記憶を失っており、頭の中には「世界の終わり」への筋書きが埋め込まれていた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ a b Southland Tales”. Box Office Mojo. 2012年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]