コンテンツにスキップ

リトル・マーメイド (テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リトル・マーメイド
ジャンル ミュージカルファンタジー
アニメ
原作 映画『リトル・マーメイド
監督 ジェイミー・ミッチェル
音楽 ダン・フォリアート、マーク・ワターズ
アニメーション制作 日本の旗ウォルト・ディズニー・アニメーション・ジャパン
中華民国の旗ワン・フィルム・プロダクション英語版
製作 ウォルト・ディズニー・テレビジョン・アニメーション
放送局 アメリカ合衆国の旗CBS
日本の旗WOWOW
放送期間 アメリカ合衆国の旗1992年9月11日 - 1994年11月26日
日本の旗1994年10月31日 - 1996年2月1日
話数 全31話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメディズニー

リトル・マーメイド』(原題: The Little Mermaid)は、ウォルト・ディズニー・テレビジョン・アニメーションが制作したアメリカ合衆国テレビアニメ。アメリカでは1992年9月11日から1994年11月26日までに全31話が放送された。

概要

[編集]

1989年にアメリカで公開され大ヒットを記録した同名のディズニー映画スピンオフ作品。映画と同様にアリエルを主役としたファンタジーアニメとして制作された。

映画でのミュージカルを用いた演出は本作にも採用されており、殆どの回で新規に制作された楽曲が使われている。

アニメーションウォルト・ディズニー・アニメーション・ジャパンが前半の回を担当。監督のジェイミー・ミッチェルによれば、映画版の質に匹敵する制作作業が行えるよう日本人アニメーターに注目したことが語られている[1]。なお、後半からは下請け制作を中心とする台湾ワン・フィルム・プロダクション英語版に交代となり、ウォルト・ディズニー・アニメーション・ジャパンは『アラジンの大冒険』、『ガーゴイルズ』などの制作に移っている。

時系列としては映画でアリエルがエリック王子に出会う前の時期として設定されている[2][3]。しかし、映画ではアリエルとアースラが過去に邂逅した事実がないと示されていたのに対して、本作ではアリエルがアースラと対面する回が描かれるなど、時系列上の整合性は取られていない。

また、後に発売された『リトル・マーメイドIII はじまりの物語』では本作より前の時間軸が描かれているが、フランダーとの初対面時など矛盾する描写もありこちらも本作とは繋がりを持たない作品となっている。

日本での展開

[編集]

日本では1994年にWOWOWの「I Love Disney」枠にて初回放送が行われ、シーズン2まで放送。その後のシーズン3はアメリカでの放送期間との兼ね合いから1年以上空いた1996年1月に再開する形で放送されることとなった。

本放送終了後はテレビ東京Disney Time[4])やディズニー・チャンネルディズニージュニア[5]でのリピート放送が実施されている。

ディズニープラスでは2020年より配信が開始された。ただし、初回エピソードである「迷子のスポット」のみ2021年をもって配信が停止された状態となっている。日本では2019年7月15日からディズニーデラックスで配信されていたが[6]、現在はディズニープラスで配信されている。

ストーリー

[編集]

これはアリエルがエリックと出会う前の物語。

海底の世界・アトランティカで生活する14歳[1]の人魚姫であるアリエルは、好奇心旺盛な性格から魚のフランダーや稀に蟹のセバスチャンと共に海底を探索することが日常と化していた。そこで時に誰かの助けとなり、アトランティカの危機を救うなど様々な騒動の解決や他者との出会いをアリエルは経験していく。

登場キャラクター

[編集]

主要なキャラクターは映画版の該当項目を参照。

本作のみ登場キャラクター

[編集]
ロブスター・モブスター
声 - 富田耕生
海のギャング。トリトンの財宝を狙って悪事を繰り広げている。
ダ・シュリンプ
声 - 中尾隆聖
ロブスター・モブスターの手下のエビ。
アーチン
声 - 内田崇吉
孤独な暮らしをしていた人魚の少年で、親もおらず友達もいない。第4話から登場し、同話で1度ロブスターモブスターに騙されるが、ラストシーンでアリエルの友達となり、それ以後のエピソードでは一緒に行動しているシーンが多い。
また、アリエルがソアー王子と結婚すると勘違いした時には結婚を阻止しようとしたり、夢の中で『どこにも行かないで』と言葉にするほど、アリエルを大事に思っている。
トリトンを実の父のように慕っており、アリエルの姉妹たちからは『いたずらっ子でできの悪い弟』のように思われている。
映画版及びOVA作品には未登場。
ソアー王子
声 - 藤原啓治
アトランティカとは仲の悪い、好戦的な国オリンピアの王子。やや傲慢なところがあるが、王子としての品格は備えている模様。
トリトン王の提案によりアリエルとのペアでシー・オリンピックの 水中アクロバット競技に出場が決定するが、これをアリエルとの結婚のペアと誤解したアーチンにより騒動が起きる。
パール
声 - 水谷優子
アリエルの姉アラーナの友人。やや不良っぽいところがある。
親がやや放任主義のため、アリエル達姉妹とトリトンとの親子関係を羨んでいる。
サイモン
声 - 江原正士
陽気な性格。長年孤独に暮らしていた。その異形な体のせいで近所付き合いをしようとしても周囲の住人と上手く付き合うことができず、寂しい思いをしていた。
友達が欲しくてビンの中に手紙を描いて大量に海に流していた。
イービル・マンタ
声 - 大塚明夫
トリトン王の敵で、海底火山に封印されていたが、騙されたアリエルが封印を解いてしまう。
アトランティカを狙っているので他者を利用して混乱に陥れることが多い。
ペットにドッグフィッシュという犬によく似た魚を連れている。
セールスフィッシュ
声 - 堀内賢雄
緑色したウツボのセールスマン。さまざまな商品を売り歩いている。
アーチンを騙してトリトンの矛を奪った時に試し撃ちをしたところ、矛の力を扱いきれずそのパワーを誤って身に受けてしまい、電気ウナギのように発電してしびれてしまうようになった。
リトル・イービル
声 - 渕崎ゆり子
イービル・マンタの息子で、シャーカニアのサメたち。
スポット
群れからはぐれたシャチの子供。身を隠していたところにアリエルと出会い、サメに襲われながらも再び群れに加わることができた。
後に再登場した際はサーカスの一団に捕まってしまうが、こちらもアリエルの活躍によって救出され事なきを得た。
グローフィッシュ
洞窟の魔女
アウグストゥス王
魔法の石の魔人

声の出演

[編集]
役名 原語版 日本語版
アリエル ジョディ・ベンソン すずきまゆみ
セバスチャン サミュエル・E・ライト 安西正弘
フランダー イーダン・グロス英語版ブラッドリー・ピアース 林勇[7]
トリトン ケネス・マース 石田太郎
林勇(少年期(第12話))
アーチン ダニー・クックセイ英語版 内田崇吉
アースラ パット・キャロル くじら[8]
エリック ジェフ・ベネット 岡野浩介[9]
フロットサム コーリー・バートン 森山周一郎
ジェットサム
ルイ ルネ・オーベルジョノワ
スカットル モーリス・ラマーシュ 肝付兼太
アクアータ モナ・マーシャル 鈴鹿千春
アンドリーナ キャシー・キャバディーニ
アリスタ メアリー・ケイ・バーグマン
アティーナ キャス・スーシー 豊島まさみ[10][11]
アデーラ シェリー・リン英語版
アラーナ キミー・ロバートソン英語版
パール クリー・サマー 水谷優子
マックス フランク・ウェルカー (※原語版流用)
その他 富田耕生
中尾隆聖
藤原啓治
増岡弘
大塚明夫
茶風林
小宮和枝
郷里大輔
渕崎ゆり子
江原正士
加藤精三
氷上恭子[12]
今橋かつよ[13]

主題歌・挿入歌

[編集]

OP曲は下記の3曲における器楽曲を組み合わせた物を使用。シーズン3では効果音と共に映像が変更。

Part of Your World
歌 - すずきまゆみ、作詞 - ハワード・アッシュマン、作曲 - アラン・メンケン
Under the Sea
歌 - 上條恒彦、作詞 - ハワード・アッシュマン、作曲 - アラン・メンケン
Kiss the Girl
歌 - 上條恒彦、作詞 - ハワード・アッシュマン、松澤薫、近衛秀健、作曲 - アラン・メンケン


Just a Little Love
歌唱キャラクター - アリエル
You Got to Be You
歌唱キャラクター - セバスチャン
To the Edge of the Edge of the Sea
歌唱キャラクター - アリエル
The Lobster Mobster's Mob
歌唱キャラクター - ロブスター・モブスター、ダ・シュリンプ
Beddie-Bye Blues
歌唱キャラクター - ロブスター・モブスター、ダ・シュリンプ
Sing a New Song
歌唱キャラクター - アリエル、サイモン
In Harmony
歌唱キャラクター - アリエル
Dis is de Life
歌唱キャラクター - セバスチャン
You Know I Know
歌唱キャラクター - セバスチャン
Never Give Up
歌唱キャラクター - アリエル、セバスチャン
Everybody Cha-Cha-Cha
歌唱キャラクター - セバスチャン
You Wouldn't Want to Mess with Me
歌唱キャラクター - アースラ
The Sound of Laughter
歌唱キャラクター - セバスチャン
Daring to Dance
歌唱キャラクター - アリエル
Hail Apollo, Defender of the Sea
歌唱キャラクター - アトランティカの軍隊
I Just Like the Sky
歌唱キャラクター - スカットル
Just Give Me a Chance
歌唱キャラクター - スカットル
I Go to the Beach
歌唱キャラクター - セバスチャン
Just Like Me
歌唱キャラクター - イービル・マンタ
Let's Play Princess
歌唱キャラクター - アリエル

スタッフ

[編集]
英語版

※各話EDより抜粋。

日本語版

各話リスト

[編集]
#
日本の旗
#
アメリカ合衆国の旗
サブタイトル 原題 放送日
アメリカ合衆国の旗
放送日[15]
日本の旗
1 1 迷子のスポット Whale of a Tale 1992年
9月11日
1994年
10月31日
2 2 セバスチャン大活躍?
(初回放送時:セバスチャン大活躍)
The Great Sebastian 9月12日 11月1日
3 3 ストーミーで出かけたい! Stormy 9月19日 11月2日
4 4 友だちがほしいアーチン
(初回放送時:友だちがほしいアーティン)
Urchin 9月26日 11月3日
5 5 消えたふたごちゃん Double Bubble 10月3日 11月4日
6 6 孤独なモンスターサイモン Message in a Bottle 10月10日 11月7日
7 10 ブーツで大騒動 Thingamajigger 11月7日 11月8日
8 7 魅惑のブレスレット Charmed 10月17日 11月9日
9 8 アリエルが結婚?! Marriage of Inconvenience 10月24日 11月10日
10 14 おませなマーメイド
(初回放送時:肝だめしパーティー)
Eel-Ectric City 12月5日 11月11日
11 9 なかよくハーモニー The Evil Manta 10月31日 11月14日
12 11 子供に戻ったトリトン王 Red 11月14日 11月15日
13 12 泥棒をやっつけろ Beached 11月21日 11月16日
14 13 父の日のプレゼント Trident True 11月28日 11月17日
15 15 セバスチャンはクビ?! Resigned to It 1993年
9月18日
11月18日
16 16 アリエルのオルガン Calliope Dreams 9月25日 11月21日
17 19 笑うお年頃
(初回放送時:笑わなくなったアリエル)
Giggles 10月16日 11月22日
18 18 ひとりぼっちのお友だち
(初回放送時:迷信なんて吹き飛ばせ!)
Against the Tide 10月9日 11月23日
19 17 スポットを取り返せ Save the Whale 10月2日 11月24日
20 20 もしもダンスが踊れたら
(初回放送時:ヒトデに願いを)
Wish Upon a Starfish 10月23日 11月25日
21 21 セバスチャンのライバル騒動
(初回放送時:ライバルを打ち負かせ)
Tail of Two Crabs 10月30日 11月28日
22 22 アンデルセンとの出会い
(初回放送時:アンデルセンの人魚姫)
Metal Fish 11月6日 11月29日
23 23 大きくなったセバスチャン T'ank You for Dat, Ariel 12月11日 11月30日
24 24 海賊をやっつけろ! Scuttle 1994年
9月17日
1996年
1月23日
25 26 恐怖のカニ実験 Island of Fear 10月1日 1月24日
26 25 セバスチャン大王になるぞ King Crab 9月24日 1月25日
27 27 失われた島 Land of the Dinosaurs 10月8日 1月26日
28 28 伝説の英雄アポロ
(初回放送時:ヒーローを探して)
Heroes 10月15日 1月29日
29 29 おヒゲのはえたフランダー The Beast Within 10月22日 1月30日
30 31 意地悪なマンタ
(初回放送時:悪い子万歳!)
A Little Evil 11月26日 1月31日
31 30 アリエルの宝物 Ariel's Treasures 10月29日 2月1日

評価

[編集]

新聞社のAVクラブ英語版に在籍していたライターのキャロライン・シーデは、本作を通してアリエルの成長を賞賛し親しみやすく説得力のあるキャラクターと呼び、「リトル・マーメイドのテレビアニメは、アリエルに相応しい冒険物語を与えた」と述べた[16]

スクリーン・ラントのカテリーナ・ダイリーは映画作品から派生したテレビアニメのランク記事で本作をベスト10入りとし、「原作となる映画は、30年経った今でも素晴らしい見ごたえがあり、1992年から1994年にかけて放送された本作にも同じことが言える」と述べた[17]

一方でコモンセンス・メディアのKJ・デル・アントニアは5つ星の内2つの星を提示し、「熱心なファン以外には好評」と本作に対して厳しい評価を下している[18]

2023年公開の実写映画でアリエル役にハリー・ベイリーが選ばれた際、本作に登場する黒人人魚のガブリエラと類似した外観から様々なサイトでファンの受け入れの対比に関するレビューが書かれる事態となった[19][20][21][22]

受賞歴

[編集]
部門 候補 結果 備考
1993年 デイタイム・エミー賞英語版 優秀映画音響編集賞 ティモシー・J・ボルケス、ブライアン・F・マーズ、ジョン・O・ロビンソン三世、マイケル・ガイスラー、マイケル・ゴロム、サム・ホータ、トム・イェーガー、リック・フリーマン ノミネート [23]
優秀映画音響ミキシング賞 ティモシー・J・ボルケス ノミネート
アニー賞英語版 最優秀テレビアニメ番組賞 本作 ノミネート [24][25]
ヒューマニタス賞英語版 子ども向けアニメーション部門 「おませなマーメイド(Eel-Ectric City)」 ノミネート [26][27]
「孤独なモンスターサイモン(Message in a Bottle)」 ノミネート
1994年 デイタイム・エミー賞 映画音響編集部門優秀賞 ティモシー・J・ボルケス、ジョン・O・ロビンソン三世、ブライアン・F・マーズ、ドミニク・チェルト、パトリック・J・フォーリー、ケネス・ヤング、ティモシー・J・ギャリティ、トム・イェーガー、グレッグ・ラプランテ、マイケル・ガイスラー、クリス・ラビドー ノミネート [28]
音楽監督・作曲部門優秀賞 マーク・ワッターズ英語版 ノミネート [29]
優秀映画音響ミキシング賞 スコット・ブラウンリー、ティモシー・J・ギャリティ、ティモシー・J・ボルケス ノミネート [28]
1995年 優秀子供向けアニメーション番組 パッツィー・キャメロン、テッド・アナスティ、ジェイミー・ミッチェル ノミネート [30][31]
優秀映画音響編集賞 ジョン・O・ロビンソン三世、ブライアン・F・マーズ、チャールズ・リシュワルスキー、トム・イェーガー、ジェニファー・マーテンス、マイケル・ガイスラー、グレッグ・ラプランテ ノミネート [32]
優秀映画音響ミキシング賞 ティモシー・J・ギャリティ、ティモシー・J・ボルケス ノミネート

脚注

[編集]

注釈

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ a b エンターテインメント・ウィークリー. 2024年3月29日閲覧。
  2. ^ スクリーン・ラント 2022年に30周年を迎える人気のアニメ映画とテレビアニメ8選. 2024年3月29日閲覧。
  3. ^ あなたの知らないリトル・マーメイドのテレビアニメ. 2024年3月29日閲覧。
  4. ^ Disney Time リトル・マーメイド. 2024年3月29日閲覧。
  5. ^ ディズニージュニア. 2024年3月29日閲覧。
  6. ^ @disneydeluxejp (2019年7月15日). "TVシリーズ「リトル・マーメイド」が ディズニーデラックスに登場!". X(旧Twitter)より2024年6月20日閲覧
  7. ^ プロフィール(賢プロダクション、2024年4月3日閲覧)
  8. ^ プロフィール(2024年4月10日閲覧)
  9. ^ どーも岡野浩介です(岡野浩介公式アメーバブログ 2024年4月10日閲覧)
  10. ^ 声優事典 1996, p. 474.
  11. ^ 日本音声制作者名鑑 2004(小学館、215頁 ISBN 4-09-526301-6)※(マーメイド役(アティーナと思われる):WOWOW)と表記
  12. ^ 声優事典 1996, p. 503 ※TVアニメ版
  13. ^ 声優事典 1996, p. 353.
  14. ^ 遠東動画. 2024年3月29日閲覧。
  15. ^ アニメージュ』1995年2月号(徳間書店、244頁)、1997年2月号(徳間書店、200頁)
  16. ^ AVクラブ. 2024年3月29日閲覧。
  17. ^ スクリーン・ラント 映画作品から派生したディズニーのテレビアニメベスト10. 2024年3月29日閲覧。
  18. ^ コモンセンス・メディア リトル・マーメイド. 2024年3月29日閲覧。
  19. ^ ニュースウィーク ファンはハリー・ベイリーがディズニー初の黒人マーメイドではないと指摘. 2024年3月29日閲覧。
  20. ^ CBR ハリー・ベイリーより前にリトル・マーメイドで黒人マーメイドが登場した経緯. 2024年3月29日閲覧。
  21. ^ ヒューストン・クロニクル. 2024年3月29日閲覧。
  22. ^ ムービー・ウェブ. 2024年3月29日閲覧。
  23. ^ Variety CBSがデイタイムエミー賞ノミネートでトップに. 2024年3月29日閲覧。
  24. ^ 第21回アニー賞の候補者と受賞者(1993年). 2024年3月29日閲覧。
  25. ^ 第21回アニー賞. 2024年3月29日閲覧。
  26. ^ ヒューマニタス賞候補者. 2024年3月29日閲覧。
  27. ^ ABCの脚本家がヒューマニタスの6つのノミネートを摘発. 2024年3月29日閲覧。
  28. ^ a b UPI 第21回デイタイム・エミー賞のノミネート作品. 2024年3月29日閲覧。
  29. ^ ボルチモア・サン デイタイム・エミー賞ノミネート作品. 2024年3月29日閲覧。
  30. ^ ロサンゼルス・タイムズ デイタイム・エミー賞の内訳. 2024年3月29日閲覧。
  31. ^ UPI 1995年のデイタイム・エミー賞のノミネート作品. 2024年3月29日閲覧。
  32. ^ IMDB デイタイム・エミー賞. 2024年3月29日閲覧。

参考文献

[編集]

外部リンク

[編集]