エイドリアン・シェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイドリアン・シェリー
Adrienne Shelly
本名 Adrienne Levine
生年月日 (1966-06-24) 1966年6月24日
没年月日 (2006-11-01) 2006年11月1日(40歳没)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 アンディ・オストロイ

エイドリアン・シェリー(Adrienne Shelly, 1966年6月24日 - 2006年11月1日)は、アメリカ合衆国女優映画監督脚本家

生涯[編集]

ロシアユダヤ人の両親の間に、ニューヨーククイーンズ区にて生まれた。2人の兄弟がおり、出生時の名前はエイドリアン・レヴァイン (Adrienne Levine) であった。ロング・アイランドで育ち、幼い頃から舞台などに出演。ボストン大学では、コミュニケーション学科で映画制作を専攻した。

1989年に映画デビューし、ハル・ハートリー監督作品などインディペンデント映画中心に出演した。

マンハッタンのワン・オン・ワン・スタジオでの演技指導や、ネイキッド・エンジェルス、ウェストベス・シアター・アリスズ・フォース・フロアーなどの劇団に戯曲を提供したほか、ニューヨーク大学で演技・脚本などの講義の教授を務めた。

マーケティング会社会長兼CEOのアンディ・オストロイと結婚し、2004年に長女を出産した。

1994年からは短編映画の制作もはじめ、2006年には初の長編作品『ウェイトレス おいしい人生のつくりかた』を監督したが、同年11月1日、自宅で死亡しているのが発見された。当初は自殺かと思われたが、捜査の結果、オフィスとして使用していたアパートで、階下の工事に伴う騒音トラブルにより19歳の作業員に殺害されたことが判明した[1]。エイドリアンの死後、夫のアンディは女性映画製作者のための映画学校奨学金と補助金を与える非営利団体「エイドリアン・シェリー財団」 (Adrienne Shelly Foundation) を設立した[2][3]

主な出演作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]