アライバル/侵略者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アライバル/侵略者
The Arrival
監督 デヴィッド・トゥーヒー
脚本 デヴィッド・トゥーヒー
製作 トーマス・G・スミス
ジム・スティール
製作総指揮 テッド・フィールド
ロバート・W・コート
出演者 チャーリー・シーン
音楽 アーサー・ケンペル
撮影 ヒロ・ナリタ
編集 マーティン・ハンター
製作会社 LIVE Entertainment
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年5月31日
日本の旗 1996年10月26日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $14,063,331[1]
テンプレートを表示

アライバル/侵略者』(原題: The Arrival)は、1996年アメリカ映画

キャッチ・コピーは「未知からの侵略者 - 彼らはすぐそこに居る」。アメリカとメキシコなどを舞台にし温暖化を絡めたサスペンス要素の強いSF映画である。

ストーリー[編集]

カリフォルニアの電波観測所で働く電波天文学者のゼイン・ジミンスキーは地球外からと思しき電波信号をキャッチする。信号を収めたテープをNASAの上司であるゴーディアンに聴かせたが、ゴーディアンによって調査結果は握りつぶされてしまう。さらに現政権が地球外生命探索に悲観的であるという理由からゼインは解雇を言い渡される。

諦めきれないゼインは家庭用アンテナをつなぎ合わせ独自に信号の調査を続ける。そしてメキシコ、ユカタン半島の地上から同様の電波が発信されていることを突き止めメキシコへ向かう。発信源と思しき火力発電所に潜入するゼインが見たものは地下に広がる巨大プラントであった…。

スタッフ[編集]

  • 監督:デヴィッド・トゥーヒー
  • 製作:トーマス・G・スミス、ジム・スティール
  • 共同製作:サイラス・I・ヤヴネ
  • 製作総指揮:テッド・フィールド、ロバート・W・コート
  • プロダクションデザイン:マイケル・ノヴォトニー
  • 脚本:デヴィッド・トゥーヒー
  • 撮影:ヒロ・ナリタ
  • 音楽:アーサー・ケンペル
  • 編集:マーティン・ハンター
  • 視覚効果・プロデューサー:チャールズ・L・ファイナンス
  • 衣装デザイン:マイェス・C・ルベオ

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS テレビ朝日
ゼイン チャーリー・シーン 堀内賢雄
シャー テリー・ポロ 叶木翔子 水谷優子
ゴーディアン ロン・シルヴァー 土師孝也 鈴置洋孝
イレーナ リンゼイ・クローズ 横尾まり 沢田敏子
カルビン リチャード・シフ 長島雄一 荒川太郎
キキ トニー・T・ジョンソン 折笠愛 亀井芳子

日本語吹替え版スタッフ[編集]

VHS版
  • プロデューサー:高木希世江
  • 演出:大西桂太
  • 翻訳:秋元良介
  • 調整:栗林秀年
  • 録音:スタジオザウルス
  • 制作:ジャパン・オリジナル・テクニック
テレビ朝日版
  • 演出:清水勝則
  • 翻訳:日笠千晶
  • 調整:佃安夫
  • 効果:南部満治
  • 制作:ザック・プロモーション
  • 初回放送:1998年3月1日日曜洋画劇場』(21:02~22:54)

参考文献[編集]

  1. ^ The Arrival”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]