13日の金曜日 (2009年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
13日の金曜日
Friday the 13th
監督 マーカス・ニスペル
脚本 ダミアン・シャノン
マーク・スウィフト
製作 マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッド・フラー
ショーン・S・カニンガム
製作総指揮 ブライアン・ウィッテン
ウォルター・ハマダ
ガイ・ストーデル
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
撮影 ダニエル・C・パール
編集 ケン・ブラックウェル
製作会社 プラチナム・デューンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
世界の旗 パラマウント・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2009年2月13日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 $91,379,051[1]
テンプレートを表示

13日の金曜日』(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、2009年アメリカ合衆国の映画。『13日の金曜日』シリーズの設定を一から作り直した作品リブート[2] / リメイク[3])。

概要[ソースを編集]

今作は『13日の金曜日』のリブート・リメイク作品で、ストーリーや設定はオリジナルの1-4作目を詰め込んだ内容である。主人公役にはジャレッド・パダレッキを起用して話題になった。ジェイソン役にはデレク・ミアーズ、パメラ役にはナナ・ヴィジターが起用された。監督は『悪魔のいけにえ』のリメイク、『テキサス・チェーンソー』を手がけたマーカス・ニスペル。制作はオリジナル1作目の監督ショーン・S・カニンガムと『トランスフォーマー』の監督を務めたマイケル・ベイ

アメリカでは初登場一位[4]になるなど興行収入は好調だった。

続編は製作されていない。

ストーリー[ソースを編集]

1980年13日の金曜日。クリスタル・レイクにて発生した殺人事件の犯人パメラ・ボーヒーズが生存者の手で返り討ちにされる。時は経ち、行方不明の妹を探すためクリスタル・レイクにやって来たクレイと休日を過ごしにきた大学生ジェナの一行に、パメラの意思を継いだ息子である殺人鬼ジェイソンの魔の手が迫る。

登場人物[ソースを編集]

ジェイソン・ボーヒーズ
演 - デレク・ミアーズ
本作の殺人鬼で主人公。母の復讐でクリスタル・レイクに訪れた者を次々と殺害していく。
クレイ・ミラー
演 - ジャレッド・パダレッキ、日本語吹替 - 内田夕夜
本作のもう一人の主人公。行方不明の妹を探すためにクリスタル・レイクにやってきて、ジェイソンと遭遇し対決する。
ジェンナ
演 - ダニエル・パナベイカー、日本語吹替 - 佐古真弓
トレントの彼女。クレイと共に行動し、妹探しに協力する。
トレント
演 - トラヴィス・ヴァン・ウィンクル、日本語吹替 - 佐藤銀平
ジェンナの彼氏。裕福な家の息子で、クレイのことを快く思っていない。今回の惨劇は、彼の別荘に友人たちを招き入れた事から始まった。
チューウィ
演 - アーロン・ヨー、日本語吹替 - 宮下栄治
アジア系男性。靴に酒を入れて飲まそうとするなどお調子者で、トレント達を困らせている。
ロレンス
演 - アーレン・エスカーペタ、日本語吹替 - 柳沢栄治
黒人。お調子者でチューウィーと仲が良い。ジェイソンに背後から斧を投げつけられて殺される。
ブリー
演 - ジュリアナ・ギル、日本語吹替 - 小林美佐
ジェンナの友人。ビデオカメラを所持していて、トレントに気がある。巨乳。
チェルシー
演 - ウィラ・フォード、日本語吹替 - 浅野まゆみ
ノーランの彼女。トップレスでジェットスキーを楽しむ。ジェイソンによって頭に銛を突き刺されて死亡する。
ノーラン
演 - ライアン・ハンセン、日本語吹替 - 渡辺浩司
チェルシーの彼氏。トレントのボートを無断で使用し、彼女と水遊びを楽しむ。
ホイットニー・ミラー
演 - アマンダ・リゲッティ、日本語吹替 - 樋口あかり
クレイの妹。友人と一緒に遊びに来ていて、友人たちが惨殺された後、ジェイソンに監禁される。ある理由からジェイソンは殺害しなかった。
パメラ・ボーヒーズ
演 - ナナ・ヴィジター、日本語吹替 - 沢田敏子
ジェイソンの母。クリスタル・レイクで連続殺人を行っていたが、被害者の一人に殺される。彼女の死から物語が始まる。

ジェイソン[ソースを編集]

本作はリメイク・リブート作品であるため、主人公であるジェイソン・ボーヒーズの設定が一新されている。

作中で明かされるプロフィール[ソースを編集]

誕生日は6月13日。年齢は[5]30代後半から40代前半。身長は2メートルを越える。血縁者は母親のパメラ以外は不明。

人物像[ソースを編集]

作中では一切言葉を発しないため不明瞭だが、亡き母親の頭部や母親のペンダントを大事に保存していたり、母親と酷似した外見のホイットニーを殺さずに監禁したりすることから、母親を強く愛していることがわかる。また、母親を殺した「若者」に対する憎悪は根強く、キャンプ場へやって来た若者達を執拗に始末しようとする。一方でキャンプ場付近に住む住人には基本的に無関心な様で、住人達からも殺人を黙認されている様子である[6]

経歴[ソースを編集]

誕生~少年時代
6月13日にパメラの息子として誕生した。先天的な知的障害と顔面の奇形を患っていたが、母親から溺愛されクリスタル・レイク・キャンプ場付近の家で生活していた。ある日、キャンプ場の監視員達の怠慢が原因で湖で溺れた末に行方不明となってしまうが、奇跡的に助かる。しかし、息子が死んだと思っていたパメラはこの事件を機に精神に異常を来たし始め、1980年6月13日金曜日に息子が行方不明となった元凶である監視員達を一人を残して皆殺しにするが、最後の一人にマチェーテで首を切断されてしまう。その光景を見ていたジェイソンは母親の復讐を決意し、母親を殺した女性が所持していたマチェーテ、母親の頭部とペンダントを回収する。
本編以前
母親亡き後、自宅と地下の洞窟を隠れ家として森の中で生活する。メイキング映像によると狩りをして生活していたらしく、屈強な身体を得た理由とされている。また、クリスタル・レイクにやって来た若者達を度々殺害していた様だが、地元の住人から黙認されている。農夫からはしばしばガソリンを盗んでいたことが示唆されており、カットされた未公開映像には農夫の家からガソリンを盗んでいる様子を描写したものがある。

特徴[ソースを編集]

マスク、素顔
前述の通り先天的な病の影響で素顔は醜く歪んでおり、右目は白濁している。頭髪は肩まで延びきっている反面、頭頂部付近は薄くなっている。
その素顔はコンプレックスなのか、マスクで隠している。当初は覗き穴のある麻袋を被っていたが、農夫の家でホッケーマスクを発見して以来、そちらを身に付けている。ホッケーマスクは第3作に登場したものとデザインが酷似している。
身体、服装
190センチメートルを越える長身で、筋骨隆々の体格の持ち主。身体のあちこちに傷痕がある。薄手のインナーシャツの上に黒いコートを羽織り、黒いズボン・黒い靴を履いている。
凶器・殺人
主に、腰に提げた鞘に収納している大きめなマチェーテを凶器としており、このマチェーテは母親を殺した女性がその場に残したものである。それ以外にはアーチェリーやアックスを使用した他、トラバサミを仕掛けたりもした。基本的には旧作と同様に、暗闇に紛れてひとりずつ殺害していく。
旧作におけるジェイソンと比べて知性的な面が強調されており、標的の動きを封じるトラバサミや侵入者を探知するための鳴子を森に張り巡らせる、犠牲者に深手を負わせて叫ばせ、他の標的をおびき寄せる、地下の洞窟を利用して先回りして待ち伏せる、車やバイクのキーを奪い退路を封じる、ブレーカーを落として標的を混乱させる等、旧作では見られなかった行動を度々行っている。また、アーチェリーの腕前は非常に優れており、クルーザーを運転する標的の頭部に命中させている。
身体能力
第6作以降の様に如何なる攻撃を受けても死なない不死身の怪物ではなく、第2作~第4作と同様に人間である。しかし、上記の初期3作と比べ、ナイフや火掻き棒で刺されても一瞬怯むのみで呻き声を挙げたり痛がる様子を見せず、気絶する描写に至っては一切無い他、終盤には胸をマチェーテで貫かれる致命傷を負ったにも関わらず、湖に沈められた直後に蘇生して逆襲する等、超人的なタフネスさを誇る。また、火掻き棒で人間の頭を貫き、そのままドアに磔にしたり、人間の遺体を勢いよく放り投げたり、自らと対峙した相手を例外無く力で押さえ込む等、超人的な怪力も持っている。反射神経も旧作と比べて優れており、動作が機敏で隙が少ない。尚、標的の追跡は第5作以降と違い全力疾走で行うが、特に脚が速いという描写は無い。

オリジナルとの比較[ソースを編集]

  • 本編は、パメラが殺人を行った1980年から20年以上後の出来事になっており、そのため、GPSや携帯などの近代の機器が最初から登場する。
  • オリジナルでは縄に吊るされる程度の罠だったが、今作ではトラバサミや足元の縄に触れるとベルが鳴る仕掛けなどの罠を張っている。
  • ジェイソンが山小屋に住んでおり、殺人の拠点としていて若い女性を監禁している。
  • オリジナルのように、逃げ回る相手の前方にあたかも瞬間移動して突然現れたかのような描写はない。
  • オリジナルシリーズでは途中からは走らなくなったが、本作のジェイソンは走っている描写がある。
  • 今作では、シンボルであるホッケーマスクは農夫を殺害した後、傍らに落ちていたため装着することとなる。
  • 一部の地元住民が、ジェイソンの存在を知っている。

Blu-ray/DVD[ソースを編集]

2009年8月28日にリリースされた。

収録内容
本編(97分)
映像特典(31分)
新生ジェイソン(11分24秒)
「13日の金曜日」の変遷(11分42秒)
削除シーン(8分19秒)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b Friday the 13th (2009)”. Box Office Mojo. 2009年12月8日閲覧。
  2. ^ ジェイソン復活?
  3. ^ 「13日の金曜日」最新作
  4. ^ ジェイソン復活で新『13日の金曜日』全米1位!-2月18日版【全米ボックスオフィス考】”. シネマトゥデイ (2009年2月20日). 2013年8月3日閲覧。
  5. ^ 1980年の時点で10歳前後の少年だったため
  6. ^ ただし、近所に住む農夫にガソリン泥棒と思われ殴られそうになった際、反撃して殺害している

関連項目[ソースを編集]

  • エルム街の悪夢
  • 山中湖 - 本作のタイアップ企画により、2009年2月1日から13日までの13日間限定で、舞台である「クリスタル・レイク」に改名された。

外部リンク[ソースを編集]