BeRLiN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BeRLiN
監督 利重剛
脚本 利重剛
製作 須崎一夫
プロデューサー
石田幸一
仙頭武則
小林広司
出演者 中谷美紀
永瀬正敏
あめくみちこ
ダンカン
音楽 めいなCo.
撮影 篠田昇
編集 掛須秀一
製作会社 ケイエスエス
配給 ケイエスエス
公開 日本の旗 1995年12月23日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

BeRLiN』(ベルリン)は、1995年に公開された利重剛監督による日本映画。公開当時19歳だった中谷美紀の映画初主演作品。ドキュメンタリータッチの群像ドラマを、幅広いセンスと色彩感覚で演出した利重剛は、1995年度日本映画監督協会新人賞を受賞している。

あらすじ[編集]

彼女の名前はキョーコ。「壁」のかけら?を御守りにした彼女の職業はデート業だ。あらゆるお客にありったけの誠意を尽くして接し、同僚たちの女性にも好かれていたキョーコ。

そんな彼女が、ある日突然、姿を消した…。

映画はキョーコをめぐる人々の、様々な証言と回想の中で、さながらパズルのように進行していく。同僚やオーナー、客となった男たち、そして彼女を取材しようとするテレビドキュメンタリーのクルーたち。そして彼女の真の姿が次々と浮き彫りにされていく。キョーコとはいったい、誰だったのか?

出演[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

  • ベルリンの壁 - 映画の中でキョーコの持っていた壁はベルリンの壁の欠片ではないかと語られる。

外部リンク[編集]