心理試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

心理試験』(しんりしけん)は、江戸川乱歩が『新青年』で1925年に発表した短編探偵小説である。

博文館の探偵小説雑誌『新青年』の1925年(大正14年)2月号に掲載された。『D坂の殺人事件』と対になる作品[1]

犯人の視点で事件が語られる倒叙の形式をとる[2]

英訳版の題名は『The Psychological Test』。

成立[編集]

作者の江戸川乱歩は心理学に興味を持ち、単語への反応を検査するミュンスターベルヒの心理試験についての著作を読み、探偵小説に仕立てることを考えた[1]

『新青年』では森下雨村の企画で、前月1月号の『D坂の殺人事件』に続き、この『心理試験』、『黒手組』、『赤い部屋』、『白昼夢』、『幽霊』と、半年間にわたり乱歩の短編を連続掲載しており、第二弾が本作である。また乱歩の発表作としては7作目に当たる[1]

あらすじ[編集]

貧しい大学生・蕗屋清一郎は、親友である斎藤勇から、彼の下宿先の家主である老婆が大金を貯めていることを耳にした。老い先短い老婆より、まだ若くて未来のある自分がその大金を使った方がずっと効果的だ、と考えた蕗屋は、老婆を殺して金を奪う計画を立てる。

蕗屋は自分が絶対に疑われないように綿密に計画を立て、それを実行に移す。その後、老婆殺害の廉で斎藤が勾引された。心理テストを使うことで有名な笠森判事がその事件の担当者になったと知ると、蕗屋はそのための練習を重ねるなど対策を練った。そして、その練習は功を奏し、蕗屋は完璧に心理テストをこなした。だが、名探偵・明智小五郎はその余りにも完璧すぎる結果に疑いの目を向ける。

明智は探偵の身分を隠して蕗屋と会話する中で、蕗屋を罠にかけ自白へと追い詰める。

登場人物[編集]

蕗屋 清一郎(ふきや せいいちろう)
本作の主人公的存在の大学生。名前は『罪と罰』のロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフから[要出典]。苦学生で、学費を稼ぐためつまらない内職等に時間を取られ、勉強や読書の時間が十分に確保できない自分の境遇に不満を持っている。
斎藤 勇(さいとう いさむ)
蕗屋の同級生。蕗屋に老婆が金を持っていると漏らしてしまった。天性の小心者。余計な発言や行動が自分自身を追い詰めていく。
老婆(ろうば)
本名不明。金をしこたま貯めていると評判。蕗屋に殺される。
笠森判事(かさもり)
予審判事。まだ若いが、心理学をかじっており、評判はいい。
明智 小五郎(あけち こごろう)
素人探偵。世間に名を知られはじめていた。

トリック[編集]

鍵となるトリックはフョードル・ドストエフスキーの『罪と罰』を下敷きにしている[1]。『罪と罰』ではラスコーリニコフが犯行後に空き部屋に隠れ、そこでペンキを見たことを覚えていた。予審判事は空き部屋とペンキ塗りについて尋ねることでラスコーリニコフにかまをかける[1]

本作ではペンキを塗られた壁が屏風に、ペンキが屏風の傷に置き換えられている[1]。作中で明智は老婆の部屋にあった屏風の傷について蕗屋に尋ね、蕗屋は最後に老婆を訪問した事件2日前の時点で屏風は見たが傷はなかったと証言する。明智は屏風が昔からそこにおかれていたかように思わせる言い方をしたが、実際は事件前日に届いたものだった。このことを明智が明かすと、蕗屋は説明に窮し犯行を認めざるをえなくなる。

評価・影響[編集]

二銭銅貨」「D坂の殺人事件」と共に『新青年』で発表された江戸川乱歩の初期の作品で、松本清張は「夢中になった」[3]。この作品をきっかけに江戸川乱歩は作家専業になる決心をした[1]

乱歩はこの作品を本格物と見なしている[1]山前譲は明智の追い詰め方が心理的であり厳密ではないことを指摘し、この作品を本格物と見なしていない[2]

通常の推理小説で犯人が発覚する要因を犯人自らが自覚し、それを排除する様が印象的で、読者を擬似共犯者の心境にして物語へと引き込んでいく。日本の倒叙(とうじょ)ミステリー物の祖だと言われる[要出典]

名探偵・明智小五郎が登場する、いわゆる明智作品の一つ[要出典]その巧みな展開のため、初期の傑作とする人も多い[要出典]

映像化作品[編集]

映画[編集]

パレットナイフの殺人』(1946年(昭和21年)10月15日封切り)
大映が本作をもとに制作した探偵映画(ただし、原作としてクレジットされてはいるが、設定やあらすじはほとんどオリジナルである)。プロデューサーは加賀四郎、脚本は高岩肇、監督は久松静児。乱歩は「私の原作映画としては、昭和三十一年の日活映画『死の十字路』についでよくできていたように思う」とコメントしている[1]
D坂の殺人事件』(1998年(平成10年)5月16日封切り)
『D坂の殺人事件』に『心理試験』を合わせて映画化。脚本は薩川昭夫、監督は実相寺昭雄

アニメーション[編集]

青春アニメ全集』(1986年、日本テレビ)
テレビアニメ。声優は小川真司(明智小五郎)、千葉繁(蕗屋清一郎)。

テレビドラマ[編集]

『シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎 心理試験』

(2016年1月23日(土)22:30~23:00放送、NHK BSプレミアム)

概要:

『D坂の殺人事件』『心理試験』『屋根裏の散歩者』の初期作を連続してドラマ化した第2作。

シリーズは基本的に原作小説をそのまま朗読、俳優が台詞部分を演じる形式で、そのため「最も原作に忠実」を謳い文句にしていて、冒頭のテロップとしてもその旨が語られている。

明智小五郎は三作ともに女性である満島ひかりが演じている。『D坂』では和服姿だった明智だが、本作では既に職業探偵となっているため、マント姿の洋装である。また、蕗屋と対峙するときには変装のため眼鏡と髭を付けている。

スタッフ:
キャスト:

収録[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『江戸川乱歩全集第1巻 屋根裏の散歩者』光文社 p263-269
  2. ^ a b 山前譲「解説 まさしく珠玉の初期短編群」『江戸川乱歩全集第1巻 屋根裏の散歩者』p723-734
  3. ^ 日本推理小説の系譜 国立国会図書館 常設展示第37回平成5年