ユメノ銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユメノ銀河
監督 石井聰亙
脚本 石井聰亙
原作 夢野久作
少女地獄・殺人リレー』
製作 須崎一夫
音楽 小野川浩幸
撮影 笠松則通
編集 鈴木歓
配給 ケイエスエス
公開 日本の旗 1997年2月15日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ユメノ銀河』は、1997年冬に公開された日本映画

夢野久作の小説『少女地獄・殺人リレー』を石井聰亙監督が映画化。全編白黒映画。

あらすじ[編集]

ある地方都市でバスの車掌をしているトミ子は、別の町に暮らす友人のツヤ子が事故死した事を知る。彼女は婚約者の新高が運転するバスに同乗していて、事故にあったのだ。トミ子は、ツヤ子の家で見た新高の写真が、最近車掌たちの間で噂の殺人鬼にそっくりだと聞かされる。ツヤ子は新高に殺されたかもしれないという疑惑を抱くトミ子。そんな中、新高がトミ子の勤めるバス会社に就職し、彼女とコンビを組むことになるが…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:須崎一夫
  • 企画:伊藤靖浩、神野智
  • プロデューサー:下田淳行、鎌田健一
  • 原作:夢野久作少女地獄・殺人リレー』
  • 監督・脚本:石井聰亙
  • 助監督:藤江義正
  • 撮影:笠松則通
  • 照明:豊見山明長
  • 美術:磯見俊裕
  • 編集:鈴木歓
  • 音楽:小野川浩幸

外部リンク[編集]