少女地獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

少女地獄』(しょうじょじごく)は、探偵小説作家夢野久作の短編小説集。1936年(昭和11年)に黒白書房から刊行された。そのうち「殺人リレー」のみ『新青年』の昭和9年(1934年)10月号に掲載された。書翰体小説である。

あらすじ[編集]

何んでも無い
医師・臼杵の前に可憐な19歳の少女・姫草ユリ子が現れた。ユリ子は優秀な看護婦だが、虚言癖があった。それが臼杵や周囲の者にばれると姿を消す。1ヶ月後、ユリ子が自殺したという知らせが届くが……。
殺人リレー
田舎から上京してバスガイドになったトミ子のもとに、小学校の同級生でバスガイドのツヤ子からバスの運転士・新高は結婚詐欺師で殺人者だから、もし配属されてきたら気をつけろという手紙を受け取る。その1週間後、ツヤ子は不審な事故死を遂げる。その後、トミ子のもとに新高が配属され、トミ子はツヤ子の仇を討とうとするが、新高に魅せられ……。
火星の女
生徒が焼身自殺した県立女学校で、その後立て続けに校長の失踪や発狂、女教師の自殺や書記の大金拐帯などが起こる。そして自殺した女生徒の遺書が発見され、校長等の悪事が暴かれる……。

参考文献[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]