いとしのヒナゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒナゴンから転送)
移動先: 案内検索

いとしのヒナゴン』は、重松清長編小説。『オール讀物』2002年11月号から2004年5月号まで連載され、文藝春秋より2004年10月25日に刊行された。 1970年代に子供たちの話題をさらった未確認生物・ヒバゴンを題材とした作品である。2005年にこれを原作として『ヒナゴン』として映画化された。

本稿では、この映画化作品についても併せて扱う。

あらすじ[編集]

物語の舞台は、累積赤字が増大し、隣町との合併問題に揺れる広島県の田舎町・比奈町。大人になっても謎の未確認生物“ヒナゴン”の存在を信じ続ける元ヤンキーの町長・イッちゃんが、幼馴染の悪友たち、そして、みんなの憧れのヒロイン・信子を巻き込んで、ささやかな奇跡を起こす。

映画[編集]

2005年伊原剛志井川遥主演により『ヒナゴン』として映画化された。小説は映像化を想定して執筆されており、重松作品のなかでは初の映画化作品となった。また、物語の舞台となった広島県(主に現在庄原市西城町となっている比婆郡西城町)で全面ロケがおこなわれたり、主題歌に広島出身のユニコーンの楽曲を用いたりしており、ご当地映画のひとつとして位置づけられる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]